*

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 – DAR


 RoonBridgeの実装Roon Remoteのスマホ版の登場など、どちらかと言えば再生環境の拡張がメインに思えたRoon 1.2に対し、1.3ではRoonの純粋な再生ソフトとしての機能の拡張が目玉になりそうだ。

 上のDARの記事では10の新機能が紹介されている。
 詳細は元記事を読んでもらうとして、ざっと紹介する。



1. Sonos製品へのストリームが可能に

 Sonosが流行っている海外では重要視されるのかもしれないが個人的には別に……



2. 「artwork gallery browser」でフォルダ内のjpgやPDFが閲覧可能に

 個人的に今回の目玉。ちなみに先駆者もいる。
 「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」こそネットワークオーディオの真のメリットであり、その究極形にまた一歩近付いたことになる。



3. ソーシャル機能

 個人的には別に……
 


4. プレイリスト機能の強化

 ここでいう「プレイリスト」とは、普段コントロールアプリで「好きな曲を好きな順番で好きなだけ聴く」ために動的かつ一時的に使っている再生曲のリスト(つまりRoonにおける「Queue」)ではない方の「プレイリスト」のこと。



5. ヘッドホンリスニング用クロスフィードフィルターの実装

 「Hugo、Hugo TTまたはFideliaのような」、とある。



6. ダイナミックレンジ解析とボリュームレベリングの高度化

 Roonで再生時のタイムバーも兼ねているアレ。



7. サンプリングレートコンバーターの実装

 Roonは私が「音楽の海」と表現するところの音楽体験の実現に力を入れる一方、再生機能はあくまで基本を揃えているのみという印象があったので、一般的にはコレが今回の目玉と思われる。
 変換はPCM 384kHz・DSD256まで対応し、USB DACとネットワーク(つまりRoonBridge/RoonReadyプレーヤー)の両方で使用可能。
 私はあまりこの手の機能に興味はないのだが、他のソフトと比べて再生時のオプションが少ないことがRoonのイマイチな点に挙げられたりしているので、間違いなく需要はあるのだろう。
 ところで、「さらばHQPlayer」なんて言っているけど、いいのか。知らんぞ。



8. マルチチャンネル音源に対応

 exaSoundやMergingユーザーもにっこり。



9. パラメトリックイコライザーの実装

 元記事の動画を参照。
 この辺のデザインはさすが。



10. Roon OS/Roon Core Kit

 Roon Core Kitの詳細はフォーラムの投稿を参照。
 要はNUCにインストールする、Roon Serverとして機能するLinuxベースのOSのこと。
 極めて軽量かつRoonの動作とオーディオ用途に特化しており、通常のOSの上にRoon Serverをインストールするよりもパフォーマンスの面で有利である、とのこと。
 「Roonしか使わない」とすれば確かに優位性があるだろうし、メーカーが単体Roon Serverを作るうえでも有用に思えるが、「Roonしか使えない」というのは個人的にはちょっと……
 ともあれ、様々な選択肢が用意されるのは良いことだ。


 そんなこんなで、Roon 1.3は今月中にも来そうである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

「真のハイレゾ対応」爆誕!

音茶楽、40kHz以上再生できるイヤフォンをハイレゾ対応と定義。“真のハイレゾ”ラベルも

記事を読む

【祝】ChorusDS復活!!!

 王者の帰還。  相変わらずLINN DSでしか使

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

【UHD BDレビュー】総まとめ

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。  画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑