*

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 – DAR


 RoonBridgeの実装Roon Remoteのスマホ版の登場など、どちらかと言えば再生環境の拡張がメインに思えたRoon 1.2に対し、1.3ではRoonの純粋な再生ソフトとしての機能の拡張が目玉になりそうだ。

 上のDARの記事では10の新機能が紹介されている。
 詳細は元記事を読んでもらうとして、ざっと紹介する。



1. Sonos製品へのストリームが可能に

 Sonosが流行っている海外では重要視されるのかもしれないが個人的には別に……



2. 「artwork gallery browser」でフォルダ内のjpgやPDFが閲覧可能に

 個人的に今回の目玉。ちなみに先駆者もいる。
 「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」こそネットワークオーディオの真のメリットであり、その究極形にまた一歩近付いたことになる。



3. ソーシャル機能

 個人的には別に……
 


4. プレイリスト機能の強化

 ここでいう「プレイリスト」とは、普段コントロールアプリで「好きな曲を好きな順番で好きなだけ聴く」ために動的かつ一時的に使っている再生曲のリスト(つまりRoonにおける「Queue」)ではない方の「プレイリスト」のこと。



5. ヘッドホンリスニング用クロスフィードフィルターの実装

 「Hugo、Hugo TTまたはFideliaのような」、とある。



6. ダイナミックレンジ解析とボリュームレベリングの高度化

 Roonで再生時のタイムバーも兼ねているアレ。



7. サンプリングレートコンバーターの実装

 Roonは私が「音楽の海」と表現するところの音楽体験の実現に力を入れる一方、再生機能はあくまで基本を揃えているのみという印象があったので、一般的にはコレが今回の目玉と思われる。
 変換はPCM 384kHz・DSD256まで対応し、USB DACとネットワーク(つまりRoonBridge/RoonReadyプレーヤー)の両方で使用可能。
 私はあまりこの手の機能に興味はないのだが、他のソフトと比べて再生時のオプションが少ないことがRoonのイマイチな点に挙げられたりしているので、間違いなく需要はあるのだろう。
 ところで、「さらばHQPlayer」なんて言っているけど、いいのか。知らんぞ。



8. マルチチャンネル音源に対応

 exaSoundやMergingユーザーもにっこり。



9. パラメトリックイコライザーの実装

 元記事の動画を参照。
 この辺のデザインはさすが。



10. Roon OS/Roon Core Kit

 Roon Core Kitの詳細はフォーラムの投稿を参照。
 要はNUCにインストールする、Roon Serverとして機能するLinuxベースのOSのこと。
 極めて軽量かつRoonの動作とオーディオ用途に特化しており、通常のOSの上にRoon Serverをインストールするよりもパフォーマンスの面で有利である、とのこと。
 「Roonしか使わない」とすれば確かに優位性があるだろうし、メーカーが単体Roon Serverを作るうえでも有用に思えるが、「Roonしか使えない」というのは個人的にはちょっと……
 ともあれ、様々な選択肢が用意されるのは良いことだ。


 そんなこんなで、Roon 1.3は今月中にも来そうである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

LUMIN S1来たる

 真面目に誠実に真剣に苛烈に真摯に取り組んでいると、たまにはいいこともある。  まずはこのめぐりあ

記事を読む

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUHD BDは本当に4Kマスターな

記事を読む

【UHD BDレビュー】第26回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 米国盤 【Dolby Atmos】

 ディズニーは日本でUHD BDを売るつもりはないのか……? 画質:8(HDR10

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑