*

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 – DAR


 RoonBridgeの実装Roon Remoteのスマホ版の登場など、どちらかと言えば再生環境の拡張がメインに思えたRoon 1.2に対し、1.3ではRoonの純粋な再生ソフトとしての機能の拡張が目玉になりそうだ。

 上のDARの記事では10の新機能が紹介されている。
 詳細は元記事を読んでもらうとして、ざっと紹介する。



1. Sonos製品へのストリームが可能に

 Sonosが流行っている海外では重要視されるのかもしれないが個人的には別に……



2. 「artwork gallery browser」でフォルダ内のjpgやPDFが閲覧可能に

 個人的に今回の目玉。ちなみに先駆者もいる。
 「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」こそネットワークオーディオの真のメリットであり、その究極形にまた一歩近付いたことになる。



3. ソーシャル機能

 個人的には別に……
 


4. プレイリスト機能の強化

 ここでいう「プレイリスト」とは、普段コントロールアプリで「好きな曲を好きな順番で好きなだけ聴く」ために動的かつ一時的に使っている再生曲のリスト(つまりRoonにおける「Queue」)ではない方の「プレイリスト」のこと。



5. ヘッドホンリスニング用クロスフィードフィルターの実装

 「Hugo、Hugo TTまたはFideliaのような」、とある。



6. ダイナミックレンジ解析とボリュームレベリングの高度化

 Roonで再生時のタイムバーも兼ねているアレ。



7. サンプリングレートコンバーターの実装

 Roonは私が「音楽の海」と表現するところの音楽体験の実現に力を入れる一方、再生機能はあくまで基本を揃えているのみという印象があったので、一般的にはコレが今回の目玉と思われる。
 変換はPCM 384kHz・DSD256まで対応し、USB DACとネットワーク(つまりRoonBridge/RoonReadyプレーヤー)の両方で使用可能。
 私はあまりこの手の機能に興味はないのだが、他のソフトと比べて再生時のオプションが少ないことがRoonのイマイチな点に挙げられたりしているので、間違いなく需要はあるのだろう。
 ところで、「さらばHQPlayer」なんて言っているけど、いいのか。知らんぞ。



8. マルチチャンネル音源に対応

 exaSoundやMergingユーザーもにっこり。



9. パラメトリックイコライザーの実装

 元記事の動画を参照。
 この辺のデザインはさすが。



10. Roon OS/Roon Core Kit

 Roon Core Kitの詳細はフォーラムの投稿を参照。
 要はNUCにインストールする、Roon Serverとして機能するLinuxベースのOSのこと。
 極めて軽量かつRoonの動作とオーディオ用途に特化しており、通常のOSの上にRoon Serverをインストールするよりもパフォーマンスの面で有利である、とのこと。
 「Roonしか使わない」とすれば確かに優位性があるだろうし、メーカーが単体Roon Serverを作るうえでも有用に思えるが、「Roonしか使えない」というのは個人的にはちょっと……
 ともあれ、様々な選択肢が用意されるのは良いことだ。


 そんなこんなで、Roon 1.3は今月中にも来そうである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに長いこと待った。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑