*

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

公開日: : 最終更新日:2016/02/06 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 CES2016における最大のニュースはRoonReady
 私個人が選ぶハイライトはAudioQuestの死ぬほどかっこいいポリシー表明

 そして最も衝撃的な製品となれば、ELACのコレを選ぶ。

<CES>ELAC、A.ジョーンズが手がけた同軸スピーカー「Uni-Fi」シリーズ。Roon内蔵プレーヤーも – Phile-web

Roonは基本的にパソコンにインストールして用いるソフトだが、本機はこのRoonを内蔵している。パソコンを立ち上げることなく、Roonから音楽を再生できる。


 ということで、記事タイトルにある「Roon内臓プレーヤー」という記述がこの製品の何たるかを端的に表している。

 CES2016ではRoonReady・Roon Server・Roon Coreが発表された。これらはつまり、Roonの各機能を切り分けてオーディオ機器に担わせる方法である。
 よって、RoonReadyプレーヤーにはRoon Serverが必要だし、Roon ServerとなるためにはRoon Coreが必要になる。


ELAC Discovery Music Server NEW – Mono and Stereo

 一方で、このDS-S101はずばり「Roon内臓プレーヤー」である。一応製品ジャンル的にはミュージックサーバーとなる。中にフル機能のRoonが入っているのかどうかはわからないが、つまるところ、「Roon Server + DAC」ということか。とにかくこの一台でRoonが動き、音楽が聴ける。もちろんコントロールは外部端末から行う。
 とはいえストレージを内蔵していないので、NASをマウントするか、USBストレージを接続する必要はある。そこの音源にRoonの魔法がかかるという寸法だ。

 この手の「安くて便利なプレーヤー」は昔から色々と出ていた。しかし、何しろ今回は中身がRoonである。今までとは「便利」のレベルが違う。それがLANケーブルを繋ぐだけで使えるようになる。
 しかもお値段は999ドル。
 “includes a limited lifetime device subscription to Roon”とあるので、要は、「この製品に関してはずっとRoonが使える」ということだろう。ユーザーではなく、製品に対する利用契約のようだ。Roonの永年契約が499ドルということを考えれば、無闇に高いというわけではない。
 あとは音質が気になるが、あまり純粋な高音質が求められる製品でもないだろう。

 総じて、DS-S101は「安くて便利なプレーヤー」というジャンルを全く新たなレベルへと引き上げる画期的な製品と言える。

 それにしても、ELACからこんな製品が出てくるとは。
 しかも「エラック90周年記念製品」というからには、相当気合が入っている。
 ELACは以前からRoonのハードウェアパートナーに名を連ねてはいたが、「スピーカーメーカーがRoonと組んで何をするんだ?」と思っていた。そしたらコレである。
 最近のELACはエントリークラスのスピーカーを精力的にリリースしている。さらにプレーヤー・アンプも含めて提供し、カジュアル層へのアピールを強めたいということか。

 是非日本市場への導入も期待したいところだ。



【CES2016】記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使ってみる

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑