*

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

公開日: : 最終更新日:2016/02/06 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 CES2016における最大のニュースはRoonReady
 私個人が選ぶハイライトはAudioQuestの死ぬほどかっこいいポリシー表明

 そして最も衝撃的な製品となれば、ELACのコレを選ぶ。

<CES>ELAC、A.ジョーンズが手がけた同軸スピーカー「Uni-Fi」シリーズ。Roon内蔵プレーヤーも – Phile-web

Roonは基本的にパソコンにインストールして用いるソフトだが、本機はこのRoonを内蔵している。パソコンを立ち上げることなく、Roonから音楽を再生できる。


 ということで、記事タイトルにある「Roon内臓プレーヤー」という記述がこの製品の何たるかを端的に表している。

 CES2016ではRoonReady・Roon Server・Roon Coreが発表された。これらはつまり、Roonの各機能を切り分けてオーディオ機器に担わせる方法である。
 よって、RoonReadyプレーヤーにはRoon Serverが必要だし、Roon ServerとなるためにはRoon Coreが必要になる。


ELAC Discovery Music Server NEW – Mono and Stereo

 一方で、このDS-S101はずばり「Roon内臓プレーヤー」である。一応製品ジャンル的にはミュージックサーバーとなる。中にフル機能のRoonが入っているのかどうかはわからないが、つまるところ、「Roon Server + DAC」ということか。とにかくこの一台でRoonが動き、音楽が聴ける。もちろんコントロールは外部端末から行う。
 とはいえストレージを内蔵していないので、NASをマウントするか、USBストレージを接続する必要はある。そこの音源にRoonの魔法がかかるという寸法だ。

 この手の「安くて便利なプレーヤー」は昔から色々と出ていた。しかし、何しろ今回は中身がRoonである。今までとは「便利」のレベルが違う。それがLANケーブルを繋ぐだけで使えるようになる。
 しかもお値段は999ドル。
 “includes a limited lifetime device subscription to Roon”とあるので、要は、「この製品に関してはずっとRoonが使える」ということだろう。ユーザーではなく、製品に対する利用契約のようだ。Roonの永年契約が499ドルということを考えれば、無闇に高いというわけではない。
 あとは音質が気になるが、あまり純粋な高音質が求められる製品でもないだろう。

 総じて、DS-S101は「安くて便利なプレーヤー」というジャンルを全く新たなレベルへと引き上げる画期的な製品と言える。

 それにしても、ELACからこんな製品が出てくるとは。
 しかも「エラック90周年記念製品」というからには、相当気合が入っている。
 ELACは以前からRoonのハードウェアパートナーに名を連ねてはいたが、「スピーカーメーカーがRoonと組んで何をするんだ?」と思っていた。そしたらコレである。
 最近のELACはエントリークラスのスピーカーを精力的にリリースしている。さらにプレーヤー・アンプも含めて提供し、カジュアル層へのアピールを強めたいということか。

 是非日本市場への導入も期待したいところだ。



【CES2016】記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選

 毒にも薬にもならないようなランキングを見たところで面白くない。  というわけで私もやる。

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 Asset UPnP Re

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑