*

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

公開日: : 最終更新日:2016/02/06 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 CES2016における最大のニュースはRoonReady
 私個人が選ぶハイライトはAudioQuestの死ぬほどかっこいいポリシー表明

 そして最も衝撃的な製品となれば、ELACのコレを選ぶ。

<CES>ELAC、A.ジョーンズが手がけた同軸スピーカー「Uni-Fi」シリーズ。Roon内蔵プレーヤーも – Phile-web

Roonは基本的にパソコンにインストールして用いるソフトだが、本機はこのRoonを内蔵している。パソコンを立ち上げることなく、Roonから音楽を再生できる。


 ということで、記事タイトルにある「Roon内臓プレーヤー」という記述がこの製品の何たるかを端的に表している。

 CES2016ではRoonReady・Roon Server・Roon Coreが発表された。これらはつまり、Roonの各機能を切り分けてオーディオ機器に担わせる方法である。
 よって、RoonReadyプレーヤーにはRoon Serverが必要だし、Roon ServerとなるためにはRoon Coreが必要になる。


ELAC Discovery Music Server NEW – Mono and Stereo

 一方で、このDS-S101はずばり「Roon内臓プレーヤー」である。一応製品ジャンル的にはミュージックサーバーとなる。中にフル機能のRoonが入っているのかどうかはわからないが、つまるところ、「Roon Server + DAC」ということか。とにかくこの一台でRoonが動き、音楽が聴ける。もちろんコントロールは外部端末から行う。
 とはいえストレージを内蔵していないので、NASをマウントするか、USBストレージを接続する必要はある。そこの音源にRoonの魔法がかかるという寸法だ。

 この手の「安くて便利なプレーヤー」は昔から色々と出ていた。しかし、何しろ今回は中身がRoonである。今までとは「便利」のレベルが違う。それがLANケーブルを繋ぐだけで使えるようになる。
 しかもお値段は999ドル。
 “includes a limited lifetime device subscription to Roon”とあるので、要は、「この製品に関してはずっとRoonが使える」ということだろう。ユーザーではなく、製品に対する利用契約のようだ。Roonの永年契約が499ドルということを考えれば、無闇に高いというわけではない。
 あとは音質が気になるが、あまり純粋な高音質が求められる製品でもないだろう。

 総じて、DS-S101は「安くて便利なプレーヤー」というジャンルを全く新たなレベルへと引き上げる画期的な製品と言える。

 それにしても、ELACからこんな製品が出てくるとは。
 しかも「エラック90周年記念製品」というからには、相当気合が入っている。
 ELACは以前からRoonのハードウェアパートナーに名を連ねてはいたが、「スピーカーメーカーがRoonと組んで何をするんだ?」と思っていた。そしたらコレである。
 最近のELACはエントリークラスのスピーカーを精力的にリリースしている。さらにプレーヤー・アンプも含めて提供し、カジュアル層へのアピールを強めたいということか。

 是非日本市場への導入も期待したいところだ。



【CES2016】記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

画質:13 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:リニア

記事を読む

【BDレビュー】 第241回『アベンジャーズ』 北米盤

続編の敵になるのは誰かな? 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった

 何気なく2014/07/07の検索単語を見ていたら背筋が凍った。 2014-07-07

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑