*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。

Nimitra Computer Audio Server


 ファンダメンタルなWindowsの音質改善ソフトとしてごく一部で有名なFidelizerによる、PCベースのミュージックサーバー。ストレージは非搭載なのでUSBドライブかNASが別途必要。

 そもそもなんでソフト屋であるFidelizerがハードをリリースしたかについては、企画意図が次のように語られている。

I also learned there are a lot of customers who have no background about computer at all but they want to enjoy the music with modern technology at good qualities without digital glare from computer audio.

“I need to build ones they can enjoy without learning about computer”
– That’s what I thought before planning music server project in 2015.


 この辺の事情は万国共通なのだなあ……
 いやはやほんとに難しい問題である。


 で、このNimitra……ニミトラ? がどんなものなのかは物凄くわかりやすい。
 JPLAYAsset UPnPRoonとHQPlayerである。以上。

 要は厳選されたソフトがセットアップ済み、なおかつはじめからFidelizerでオーディオ用に最適化されたWindows PCであり、Nimitraの中にはcanarino filsと同じ血が流れていると言っていい。
 似たような製品としてはSOtM sMS-1000SQ WEがあるが、さすがにそこまでの気合いは入っていない。
 ソフトウェアパワーで何でもやったるぜ! という意味ではexaSound PlayPointにも近い。ストレージ非搭載だし。


 Nimitraの使い方は「Music Server」・「Library Server」・「Network Player」の三つが用意されているが、これらはつまり、

Music Server:JPLAYStreamer & Asset UPnP もしくは Roon Server
Library Server:Asset UPnP
Network Player:JPLAYStreamer もしくは RoonBridge もしくは HQPlayer NAA

 である。
 コントロールにはKinsky/Kazoo/BubbleUPnPが推奨されている。
 まぁ、いつものメンツである。
 それぞれの正体がわかっていれば別にどうということはない。


 CPUはCeleron J1900でメモリは4GB。Roon Serverとして使うことを考えればちょっと不安だがどうだろう。
 ケースのデザインはオーディオ機器らしさがあって素敵。もちろんファンレス。
 ちなみにお値段は1395ドル。


 この手の「要するにPCだけどPCに詳しくない人のために色々気を使ってミュージックサーバーを作りました! ぜひオーディオ機器として使ってください!」的な製品、いったい日本ではどれくらい受け入れられるのだろうか。
 もはや好き嫌いは別にして、そろそろこういう新しい血を積極的に受け入れていかないとまずい時期だと思うのだが……



Audio Streamによるレビュー


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:15 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:13 (評価の詳細につ

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

【Roon】Sound Galleries SGM 2015 Music Server 【Munich HIGH END 2016】

Sound Galleries SGM 2015 Music Server  「SGM 201

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑