*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。

Nimitra Computer Audio Server


 ファンダメンタルなWindowsの音質改善ソフトとしてごく一部で有名なFidelizerによる、PCベースのミュージックサーバー。ストレージは非搭載なのでUSBドライブかNASが別途必要。

 そもそもなんでソフト屋であるFidelizerがハードをリリースしたかについては、企画意図が次のように語られている。

I also learned there are a lot of customers who have no background about computer at all but they want to enjoy the music with modern technology at good qualities without digital glare from computer audio.

“I need to build ones they can enjoy without learning about computer”
– That’s what I thought before planning music server project in 2015.


 この辺の事情は万国共通なのだなあ……
 いやはやほんとに難しい問題である。


 で、このNimitra……ニミトラ? がどんなものなのかは物凄くわかりやすい。
 JPLAYAsset UPnPRoonとHQPlayerである。以上。

 要は厳選されたソフトがセットアップ済み、なおかつはじめからFidelizerでオーディオ用に最適化されたWindows PCであり、Nimitraの中にはcanarino filsと同じ血が流れていると言っていい。
 似たような製品としてはSOtM sMS-1000SQ WEがあるが、さすがにそこまでの気合いは入っていない。
 ソフトウェアパワーで何でもやったるぜ! という意味ではexaSound PlayPointにも近い。ストレージ非搭載だし。


 Nimitraの使い方は「Music Server」・「Library Server」・「Network Player」の三つが用意されているが、これらはつまり、

Music Server:JPLAYStreamer & Asset UPnP もしくは Roon Server
Library Server:Asset UPnP
Network Player:JPLAYStreamer もしくは RoonBridge もしくは HQPlayer NAA

 である。
 コントロールにはKinsky/Kazoo/BubbleUPnPが推奨されている。
 まぁ、いつものメンツである。
 それぞれの正体がわかっていれば別にどうということはない。


 CPUはCeleron J1900でメモリは4GB。Roon Serverとして使うことを考えればちょっと不安だがどうだろう。
 ケースのデザインはオーディオ機器らしさがあって素敵。もちろんファンレス。
 ちなみにお値段は1395ドル。


 この手の「要するにPCだけどPCに詳しくない人のために色々気を使ってミュージックサーバーを作りました! ぜひオーディオ機器として使ってください!」的な製品、いったい日本ではどれくらい受け入れられるのだろうか。
 もはや好き嫌いは別にして、そろそろこういう新しい血を積極的に受け入れていかないとまずい時期だと思うのだが……



Audio Streamによるレビュー


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

Primareの新フラグシップ・PRE60 & A60は今春発売! の予定

 公式HP  本気でそのパンダみたいなデザインのまま発売するのか……  純シルバー(プラ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Audirvana Plusのコントロールアプリ 『A+ Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑