*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。

Nimitra Computer Audio Server


 ファンダメンタルなWindowsの音質改善ソフトとしてごく一部で有名なFidelizerによる、PCベースのミュージックサーバー。ストレージは非搭載なのでUSBドライブかNASが別途必要。

 そもそもなんでソフト屋であるFidelizerがハードをリリースしたかについては、企画意図が次のように語られている。

I also learned there are a lot of customers who have no background about computer at all but they want to enjoy the music with modern technology at good qualities without digital glare from computer audio.

“I need to build ones they can enjoy without learning about computer”
– That’s what I thought before planning music server project in 2015.


 この辺の事情は万国共通なのだなあ……
 いやはやほんとに難しい問題である。


 で、このNimitra……ニミトラ? がどんなものなのかは物凄くわかりやすい。
 JPLAYAsset UPnPRoonとHQPlayerである。以上。

 要は厳選されたソフトがセットアップ済み、なおかつはじめからFidelizerでオーディオ用に最適化されたWindows PCであり、Nimitraの中にはcanarino filsと同じ血が流れていると言っていい。
 似たような製品としてはSOtM sMS-1000SQ WEがあるが、さすがにそこまでの気合いは入っていない。
 ソフトウェアパワーで何でもやったるぜ! という意味ではexaSound PlayPointにも近い。ストレージ非搭載だし。


 Nimitraの使い方は「Music Server」・「Library Server」・「Network Player」の三つが用意されているが、これらはつまり、

Music Server:JPLAYStreamer & Asset UPnP もしくは Roon Server
Library Server:Asset UPnP
Network Player:JPLAYStreamer もしくは RoonBridge もしくは HQPlayer NAA

 である。
 コントロールにはKinsky/Kazoo/BubbleUPnPが推奨されている。
 まぁ、いつものメンツである。
 それぞれの正体がわかっていれば別にどうということはない。


 CPUはCeleron J1900でメモリは4GB。Roon Serverとして使うことを考えればちょっと不安だがどうだろう。
 ケースのデザインはオーディオ機器らしさがあって素敵。もちろんファンレス。
 ちなみにお値段は1395ドル。


 この手の「要するにPCだけどPCに詳しくない人のために色々気を使ってミュージックサーバーを作りました! ぜひオーディオ機器として使ってください!」的な製品、いったい日本ではどれくらい受け入れられるのだろうか。
 もはや好き嫌いは別にして、そろそろこういう新しい血を積極的に受け入れていかないとまずい時期だと思うのだが……



Audio Streamによるレビュー


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

no image

【BDレビュー】第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑