*

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。
 システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon Readyもよい。
 しかし、Roon Readyの前提として忘れてはならないものがある。
 それがRoon Serverだ。

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

 Roon ServerはRoonのシステムの中で「Core」と「Output」の機能を持つソフトであり、「実際にRoon Serverが動いている製品/ハードウェア」としての意味も持つ。「Control」がないということは、自前でコントロールのためのディスプレイやインターフェースを持たず、別途「Control」の端末、iPhoneやらiPadやらが必要になることを意味する。これはネットワークオーディオにおけるコントロール独立モデルと等しい。
 一応「Output」も機能として持つとはいえ、立ち位置的にUSB DACやRoon Readyプレーヤーなどの独立した「Output」と併用して音質を追求することが基本と思われることから、Roon Serverの本質はあくまで「Core」だと言える。
 Roonにおいては「Core」が「ライブラリ機能=サーバー」と「再生機能=プレーヤー」を担うため、オーディオ機器としての単体Roon Serverは製品ジャンル的に「ミュージックサーバー」と呼ぶことができる。

 ちなみに、Roon ServerはOutputを持っているため、ネットワーク内の他の機器でCoreが動いていれば、その時はRoon Readyプレーヤー/Roon Bridgeとして機能する。
 つまり、(意味があるかどうかは別として)Roon Serverを2台用意すれば、1台をCore、もう1台をOutputとして使うことができる。


 さて、問題なのはここからだ。 

 Roon ReadyはUPnP/DLNAとも、OpenHomeとも異なる、RAATに基づくRoon独自のネットワークオーディオのプラットフォームである。それは同時に、同一の製品でUPnP/DLNA/OpenHomeのシステムとRoon Readyのシステムが両立しないという可能性も孕んでいる。

 Roon Readyプレーヤー(Output)は実質的に「LANケーブルで接続するDAC/DDC」として機能するため、さしたるマシンスペックを必要としない。それに対し、Roonの強力なライブラリ機能と再生機能を一手に担うRoon Server(Core)は、スムーズな動作のために相応のスペックが要求される。Roonの推奨動作環境を見る限り、そのスペックは決して低くはない。

 馴染み深いUPnP/DLNA/OpenHomeのプラットフォームでは、「サーバー」にPC以外の単体サーバー(要はNAS)、「プレーヤー」に単体ネットワークオーディオプレーヤーを用いることで、音楽再生の現場にPCを介在させないシステムを容易に構築することができる。さらに、DELAやfidataなど、真にオーディオ機器と呼び得る単体サーバーも製品化されており、音質追求の可能性も大いにある。

 一方で、「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」を兼ねるRoon Serverは、Coreのスムーズな動作のために、必然的にPCか、限りなくPCに近いハードウェアを使わざるを得ない。UPnP/DLNA/OpenHomeと比べて、製品の選択肢は著しく制限されてしまう。例えばネットワークオーディオ用のNASとして確固たる地位を築いているQNAPでも、スペックの問題からよほどの上位モデルでない限りそもそもCoreが動くまい。あるいはどうにか動いたとしても、ガタガタの挙動では、高度なユーザー・エクスペリエンスが本懐であるRoonの真価を味わえるとはとても言い難い。

 今まで狭義のネットワークオーディオは狭義のPCオーディオに対し、「NASが使える=再生の現場にPCを介在させずに済む」ことを売りにしてきた感がある。しかし、「Roon Server + Roon Readyプレーヤー」のシステムでは、現状サーバーとして使われているほとんどのNASがRoon Serverとしては使えそうにない。これは辛い。
 Roon Readyのシステムで、PCの介在を厭い、音質を追求すべくRoon ServerとRoon Readyプレーヤーの両方を単体オーディオ機器で揃えようと思っても、現状では極めて困難であると言わざるを得ない。UPnP/DLNA/OpenHomeのシステムのように、「NAS + ネットワークオーディオプレーヤー」というPCの介在しないシステムを簡単には構築できないのである。将来的に(ソフトとしての)Roon ServerがLinux等に対応してインストールベースが広がるにしても、動作環境が引き下げられるわけではないので、この状況はそうそう変わるまい。
 要するに、Roon Readyのシステムは多くの場合Roon Serverの存在が足枷となって、Roon Readyプレーヤー=ネットワークオーディオプレーヤーを使うことから狭義のネットワークオーディオに見えるが、実際にはPCを再生機器に用いる狭義のPCオーディオの様相を呈することになる。音楽再生専用のオーディオPCを既に持っているなら話は変わるが、この状況でどれだけRoon Readyが受け入れられるか、正直なところ未知数だ。


 将来的にオーディオ機器としての単体Roon ServerあるいはRoon Serverとして機能し得るオーディオ用PCが多数登場したとしても、Roon Readyは別の問題も抱えている。
 それは、Roon Readyプレーヤー/Roon BridgeはRoon Server(Core)を必要とするが、Roon ServerはRoon Readyプレーヤー/Roon Bridgeを必ずしも必要としない、ということだ。
 
 ハードがPCかオーディオ機器かに関わらず、「Core」を持つRoon Serverは、それ自体で音源の再生機能を有する。そのため、USB出力があれば(実際にほとんどの機器が搭載している)、直接USB DACを繋げるだけで済む。「Output」にわざわざRoon Readyプレーヤー/Roon Bridgeを使う必要はない。
 オーディオ機器として磨かれた単体Roon Serverをシステムの中核に据えることを考えた時、家中に音楽を配信しようという意図がなければ、Roon Readyプレーヤー/Roon Bridgeの重要性は相対的に低下する。実際問題、Coreが動いている限り、目に見える再生機器に何を使おうと、それこそPC/Roon ServerにUSB DACを繋げようがRoon Readyプレーヤー/Roon Bridgeを使おうが、Roonの真価は何一つ損なわれることはない。
 ユーザーはただ、音の好みや設置の自由度で機器を選択すればいいのである。

 結局のところ、ネットワークを用いるRoon Readyの優位性は設置の自由度・システムの発展性という点に集約される。
 幅広いシステムでRoonの高度なユーザー・エクスペリエンスを実現し、なおかつ前提条件としてオーディオ的な配慮が為されているという意味で、Roon Readyとその基礎にあるRAATは「オーディオファイルのためのAirPlay」と公式に呼ばれているのだろう。



 メーカーに目を向ければ、ネットワークオーディオプレーヤーにRoon Readyを採用するのは理に適っている。今からRoonに絶対値で匹敵するユーザビリティを実現することはOpenHomeであっても困難に思え、現にRoon Labsは「ユーザー・エクスペリエンスに関してはうちがやるんで、お互い強みを生かしましょうよ」とオーディオメーカーにRoon Readyの存在をアピールしている。高音質と快適な音楽再生の融合はネットワークオーディオの理想である。メーカーとユーザー、双方にとって悪い話ではないはずだ。
 しかし、もしRoon Readyを狭義のネットワークオーディオとして、従来のイメージの延長線上で訴求していくとすれば、「Roon Serverの器に何を使うか」ということをきちんと考えなければなるまい。そのうえでなければ、「え、今持ってるNASはRoon Serverとして使えないの?」と肝心なところでがっかりするだけの未来が目に見えている。
 Roonはよい。Roon Readyもよい。だからこそ、伝えるべきことは伝える必要がある。

 ただし、別にPCを使うことそれ自体は問題ではない。実際、現時点における数少ない「Roon Serverとして機能する単体オーディオ機器」であるAntipodes DX Music ServerもSotM sMS-1000SQも、蓋を開ければLinuxベースのOS、あるいはまんまWindows Serverが走るPCだと言える。
 別にそれでいいのである。ただただ、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品が欲しいだけなのだ。


 マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品

 これこそ、純然たるオーディオの領域においてRoon Readyを本当に活かすためにも必要なRoon Serverの器であり、同時にPCオーディオとネットワークオーディオの不毛な対立に終止符を打つ最後の一撃でもある。

 そして、ほんの少し偏見を取り去って冷静に見回してみれば、そういった製品は既に、間違いなく存在している。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10  なんと手元にやってきまし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑