*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編


 ないのなら つくってしまえ るーんさーばー


 字余り。

 RoonReadyだのRoonBridgeだのと浮かれるのは結構だが、それを本気でオーディオに活かしたいと思えば、オーディオ機器としての単体Roon Serverは必須である。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 その点、理想のオーディオ用PCとはまさしく理想のRoon Serverの器でもある。
 一応この記事におけるRoon Server云々について確認すると、

・Roon Server
Roonの「Core」と「Output」を持ったソフトウェア・パッケージであり、「機能」そのもの。
大事なのはCore。Outputは別に……

・単体Roon Server
上記のRoon Serverが中で動き、Roon Serverとして機能するオーディオ機器。

 こういう意味で使っている。


 Roon Serverは製品ジャンルとして考えれば「ミュージックサーバー」に相当する。中でCoreが動き、ライブラリ機能と再生機能を持っているから。
 そのため、別に数少ないRoonReadyプレーヤーを待つ必要もなく、USB DACと組み合わせればそれだけで完璧に機能する。RoonReadyプレーヤーだろうがUSB DACだろうが、Roonにしてみれば一様にOutputである。

 さっそく音楽の海に漕ぎ出して浸って沈んで溺れよう。

20160417evo05
20160417evo06
20160417evo07

 で、音。
 これがなかなか侮れない。
 左右と奥行き方向の音場が異質なレベルで広々としており、空間の広さは今回試したソフトの中でも傑出している。
 ただし、そのかわり全体的に音は引っ込む。前にぐいぐいと出てくる音ではない。JRiverとは好対照。
 中高音にはさして特色を感じない一方で、低音は実に深く沈み、それでいて弾む。作為や演出だとしても、悪くない。

 音楽の海をもたらす強力無比なライブラリ機能こそがRoonの本懐であると常々紹介してきたが、純粋に再生ソフトとして音質を考慮しても、Roonは高い実力を持っている。


 ところで、現時点における数少ない単体Roon ServerであるAntipodes DX Music ServerとSoTM sMS-1000SQは「元からある製品にRoon Server(Core)をインストールした」ものである。
 それに対し、EVOは言うなれば未だ製品としては世界に存在していない「最初からRoon Serverの器たるべくして誕生した単体Roon Server」である。すごい!



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第10位『キングダム・オブ・ヘブン』 ― 最初期に示されたBDの理想像

【BDレビュー】第2回『キングダム・オブ・ヘブン』  敬愛するリドリー・スコット監

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑