*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編


 ないのなら つくってしまえ るーんさーばー


 字余り。

 RoonReadyだのRoonBridgeだのと浮かれるのは結構だが、それを本気でオーディオに活かしたいと思えば、オーディオ機器としての単体Roon Serverは必須である。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 その点、理想のオーディオ用PCとはまさしく理想のRoon Serverの器でもある。
 一応この記事におけるRoon Server云々について確認すると、

・Roon Server
Roonの「Core」と「Output」を持ったソフトウェア・パッケージであり、「機能」そのもの。
大事なのはCore。Outputは別に……

・単体Roon Server
上記のRoon Serverが中で動き、Roon Serverとして機能するオーディオ機器。

 こういう意味で使っている。


 Roon Serverは製品ジャンルとして考えれば「ミュージックサーバー」に相当する。中でCoreが動き、ライブラリ機能と再生機能を持っているから。
 そのため、別に数少ないRoonReadyプレーヤーを待つ必要もなく、USB DACと組み合わせればそれだけで完璧に機能する。RoonReadyプレーヤーだろうがUSB DACだろうが、Roonにしてみれば一様にOutputである。

 さっそく音楽の海に漕ぎ出して浸って沈んで溺れよう。

20160417evo05
20160417evo06
20160417evo07

 で、音。
 これがなかなか侮れない。
 左右と奥行き方向の音場が異質なレベルで広々としており、空間の広さは今回試したソフトの中でも傑出している。
 ただし、そのかわり全体的に音は引っ込む。前にぐいぐいと出てくる音ではない。JRiverとは好対照。
 中高音にはさして特色を感じない一方で、低音は実に深く沈み、それでいて弾む。作為や演出だとしても、悪くない。

 音楽の海をもたらす強力無比なライブラリ機能こそがRoonの本懐であると常々紹介してきたが、純粋に再生ソフトとして音質を考慮しても、Roonは高い実力を持っている。


 ところで、現時点における数少ない単体Roon ServerであるAntipodes DX Music ServerとSoTM sMS-1000SQは「元からある製品にRoon Server(Core)をインストールした」ものである。
 それに対し、EVOは言うなれば未だ製品としては世界に存在していない「最初からRoon Serverの器たるべくして誕生した単体Roon Server」である。すごい!



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Cocktail

記事を読む

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトを使う

 ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤 画質:12 

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑