*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編


 ないのなら つくってしまえ るーんさーばー


 字余り。

 RoonReadyだのRoonBridgeだのと浮かれるのは結構だが、それを本気でオーディオに活かしたいと思えば、オーディオ機器としての単体Roon Serverは必須である。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 その点、理想のオーディオ用PCとはまさしく理想のRoon Serverの器でもある。
 一応この記事におけるRoon Server云々について確認すると、

・Roon Server
Roonの「Core」と「Output」を持ったソフトウェア・パッケージであり、「機能」そのもの。
大事なのはCore。Outputは別に……

・単体Roon Server
上記のRoon Serverが中で動き、Roon Serverとして機能するオーディオ機器。

 こういう意味で使っている。


 Roon Serverは製品ジャンルとして考えれば「ミュージックサーバー」に相当する。中でCoreが動き、ライブラリ機能と再生機能を持っているから。
 そのため、別に数少ないRoonReadyプレーヤーを待つ必要もなく、USB DACと組み合わせればそれだけで完璧に機能する。RoonReadyプレーヤーだろうがUSB DACだろうが、Roonにしてみれば一様にOutputである。

 さっそく音楽の海に漕ぎ出して浸って沈んで溺れよう。

20160417evo05
20160417evo06
20160417evo07

 で、音。
 これがなかなか侮れない。
 左右と奥行き方向の音場が異質なレベルで広々としており、空間の広さは今回試したソフトの中でも傑出している。
 ただし、そのかわり全体的に音は引っ込む。前にぐいぐいと出てくる音ではない。JRiverとは好対照。
 中高音にはさして特色を感じない一方で、低音は実に深く沈み、それでいて弾む。作為や演出だとしても、悪くない。

 音楽の海をもたらす強力無比なライブラリ機能こそがRoonの本懐であると常々紹介してきたが、純粋に再生ソフトとして音質を考慮しても、Roonは高い実力を持っている。


 ところで、現時点における数少ない単体Roon ServerであるAntipodes DX Music ServerとSoTM sMS-1000SQは「元からある製品にRoon Server(Core)をインストールした」ものである。
 それに対し、EVOは言うなれば未だ製品としては世界に存在していない「最初からRoon Serverの器たるべくして誕生した単体Roon Server」である。すごい!



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第170回『エイリアンVS.プレデター2』

画質:9 音質:11 映像はAVC、音声はDTS-HDMA 画質について。 凄まじ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑