*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編


 ないのなら つくってしまえ るーんさーばー


 字余り。

 RoonReadyだのRoonBridgeだのと浮かれるのは結構だが、それを本気でオーディオに活かしたいと思えば、オーディオ機器としての単体Roon Serverは必須である。

Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 その点、理想のオーディオ用PCとはまさしく理想のRoon Serverの器でもある。
 一応この記事におけるRoon Server云々について確認すると、

・Roon Server
Roonの「Core」と「Output」を持ったソフトウェア・パッケージであり、「機能」そのもの。
大事なのはCore。Outputは別に……

・単体Roon Server
上記のRoon Serverが中で動き、Roon Serverとして機能するオーディオ機器。

 こういう意味で使っている。


 Roon Serverは製品ジャンルとして考えれば「ミュージックサーバー」に相当する。中でCoreが動き、ライブラリ機能と再生機能を持っているから。
 そのため、別に数少ないRoonReadyプレーヤーを待つ必要もなく、USB DACと組み合わせればそれだけで完璧に機能する。RoonReadyプレーヤーだろうがUSB DACだろうが、Roonにしてみれば一様にOutputである。

 さっそく音楽の海に漕ぎ出して浸って沈んで溺れよう。

20160417evo05
20160417evo06
20160417evo07

 で、音。
 これがなかなか侮れない。
 左右と奥行き方向の音場が異質なレベルで広々としており、空間の広さは今回試したソフトの中でも傑出している。
 ただし、そのかわり全体的に音は引っ込む。前にぐいぐいと出てくる音ではない。JRiverとは好対照。
 中高音にはさして特色を感じない一方で、低音は実に深く沈み、それでいて弾む。作為や演出だとしても、悪くない。

 音楽の海をもたらす強力無比なライブラリ機能こそがRoonの本懐であると常々紹介してきたが、純粋に再生ソフトとして音質を考慮しても、Roonは高い実力を持っている。


 ところで、現時点における数少ない単体Roon ServerであるAntipodes DX Music ServerとSoTM sMS-1000SQは「元からある製品にRoon Server(Core)をインストールした」ものである。
 それに対し、EVOは言うなれば未だ製品としては世界に存在していない「最初からRoon Serverの器たるべくして誕生した単体Roon Server」である。すごい!



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』 画質:8 音質:10 (評

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。 ネットワークオーディオの魔境を

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑