*

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの


 前回の続き。

 音楽の海の中でもひときわ巨大な広さと深さを有する「クラシック洋」に漕ぎ出す。


 はじまりは「Genres」から「Classical」。
20160212roonクラシック01

 アーティストハイライト・アルバムハイライト・サブジャンル。
 どや顔の主はEric Serraだった。
20160212roonクラシック01-2
20160212roonクラシック02

 間口が広すぎて逆に困ってしまうので、とりあえずアーティストを全員表示してみる。
20160212roonクラシック03

 ベートーベンもモーツァルトもいない。
 Roonにおける「Artist」とは作曲者以外の指揮者や演奏者を広く指すようだ。

 作曲者は「Composer」として専用のメニューが用意されている。
20160212roonクラシック04
20160212roonクラシック05

 バッハの絵に惹かれたので彼を選択する。

 バッハのバイオグラフィ。生没年込み。
 なおバッハに限らず、「作曲者」と「演奏者」の二つの側面を持つアーティストはそれぞれで画面を切り替えられる。
20160212roonクラシック06

 「Works」。つまりバッハの作品。
 「My Library」……私のライブラリに統合されているのは24曲、TIDALには891曲。
20160212roonクラシック07

 ちょっと、これ……歯が立たない。
20160212roonクラシック08

 というわけで、私でも知っている「G線上のアリア」……で有名な「管弦楽組曲第3番」を、バッハ作品目録の番号から抽出した。
 TIDALには407個の演奏が存在するようだ。
20160212roonクラシック09

 「管弦楽組曲第3番」の個別画面。曲の解説も読める。
 ここから、一つ一つの演奏を選んで聴いていける。
20160212roonクラシック10

 なお、TIDALの音源はRoonのライブラリに追加・統合することで「My Library」の中に表示されるようになる。
20160212roonクラシック11


 次に検索を試す。

 フルトヴェングラーの綴りって何だっけ……あ、ご丁寧にどうも。
20160212roonクラシック12

 あらゆる文脈で提示されるフルトヴェングラーの図。
20160212roonクラシック13
20160212roonクラシック14

 フルトヴェングラーのアーティスト画面。
 彼に関する膨大な情報と関係性の渦。
20160212roonクラシック15
20160212roonクラシック16
20160212roonクラシック17

 なんとなくクレンペラーに飛んでみた。
20160212roonクラシック18


 Roonの音楽の海はクラシックの領域においても恐るべき規模と密度で姿を現す。
 ただ、ここまでくるとあまりにも情報が多すぎて、「聴きたい曲にさっさと辿り着く」という点で煩雑になっている感が否めない。

 という場合は、検索するのが手っ取り早い。

 他のソフト・システムと異なり、かなりいい加減な検索でもいい。
 綴りさえ合っていれば大抵なんとかなる。
20160212roonクラシック19

 Roonは実に気が利く。
 よくわかっているじゃないか、と。
20160212roonクラシック20
20160212roonクラシック21
20160212roonクラシック22

 ところで、ストラヴィンスキーの「火の鳥」は他にどんな演奏があるのかな?
20160212roonクラシック23

 ミネソタ・オーケストラは他にどんな作品があるのかな?
20160212roonクラシック24
20160212roonクラシック25


 ……
 …
 クラシックの大洋の航海は続く


 「すべての音楽情報からすべての音楽情報へ」。
 どんな聴き方をするかはユーザー次第。そして、ユーザーがどんな聴き方を望んでも、それに応えられるだけのアクセス性と検索性をRoonは有している。

 きっと私なんぞには思いも付かない数多の聴き方があるはずだ。
 クラシックを深く愛好すればするほど、クラシックを聴くうえでもRoonの音楽の海を有効に活用できるだろう。
 是非とも試してみてもらいたい。

Music isn’t files and streams. It’s the work of passionate people who compose, collaborate, and perform live. Stop looking at lists and start experiencing a multi-dimensional world of music.


 聴くだけではない音楽の楽しみ


 Roonはいいぞ。

 音楽が好きなら、好きな音楽をいい音で聴くためにオーディオをやっているのなら。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト / アルバムタイトル YURiK

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』

画質:10 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

ジャングルジムのような何かを作った

 …………  …………!  …………!!

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑