*

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの


 前回の続き。

 音楽の海の中でもひときわ巨大な広さと深さを有する「クラシック洋」に漕ぎ出す。


 はじまりは「Genres」から「Classical」。
20160212roonクラシック01

 アーティストハイライト・アルバムハイライト・サブジャンル。
 どや顔の主はEric Serraだった。
20160212roonクラシック01-2
20160212roonクラシック02

 間口が広すぎて逆に困ってしまうので、とりあえずアーティストを全員表示してみる。
20160212roonクラシック03

 ベートーベンもモーツァルトもいない。
 Roonにおける「Artist」とは作曲者以外の指揮者や演奏者を広く指すようだ。

 作曲者は「Composer」として専用のメニューが用意されている。
20160212roonクラシック04
20160212roonクラシック05

 バッハの絵に惹かれたので彼を選択する。

 バッハのバイオグラフィ。生没年込み。
 なおバッハに限らず、「作曲者」と「演奏者」の二つの側面を持つアーティストはそれぞれで画面を切り替えられる。
20160212roonクラシック06

 「Works」。つまりバッハの作品。
 「My Library」……私のライブラリに統合されているのは24曲、TIDALには891曲。
20160212roonクラシック07

 ちょっと、これ……歯が立たない。
20160212roonクラシック08

 というわけで、私でも知っている「G線上のアリア」……で有名な「管弦楽組曲第3番」を、バッハ作品目録の番号から抽出した。
 TIDALには407個の演奏が存在するようだ。
20160212roonクラシック09

 「管弦楽組曲第3番」の個別画面。曲の解説も読める。
 ここから、一つ一つの演奏を選んで聴いていける。
20160212roonクラシック10

 なお、TIDALの音源はRoonのライブラリに追加・統合することで「My Library」の中に表示されるようになる。
20160212roonクラシック11


 次に検索を試す。

 フルトヴェングラーの綴りって何だっけ……あ、ご丁寧にどうも。
20160212roonクラシック12

 あらゆる文脈で提示されるフルトヴェングラーの図。
20160212roonクラシック13
20160212roonクラシック14

 フルトヴェングラーのアーティスト画面。
 彼に関する膨大な情報と関係性の渦。
20160212roonクラシック15
20160212roonクラシック16
20160212roonクラシック17

 なんとなくクレンペラーに飛んでみた。
20160212roonクラシック18


 Roonの音楽の海はクラシックの領域においても恐るべき規模と密度で姿を現す。
 ただ、ここまでくるとあまりにも情報が多すぎて、「聴きたい曲にさっさと辿り着く」という点で煩雑になっている感が否めない。

 という場合は、検索するのが手っ取り早い。

 他のソフト・システムと異なり、かなりいい加減な検索でもいい。
 綴りさえ合っていれば大抵なんとかなる。
20160212roonクラシック19

 Roonは実に気が利く。
 よくわかっているじゃないか、と。
20160212roonクラシック20
20160212roonクラシック21
20160212roonクラシック22

 ところで、ストラヴィンスキーの「火の鳥」は他にどんな演奏があるのかな?
20160212roonクラシック23

 ミネソタ・オーケストラは他にどんな作品があるのかな?
20160212roonクラシック24
20160212roonクラシック25


 ……
 …
 クラシックの大洋の航海は続く


 「すべての音楽情報からすべての音楽情報へ」。
 どんな聴き方をするかはユーザー次第。そして、ユーザーがどんな聴き方を望んでも、それに応えられるだけのアクセス性と検索性をRoonは有している。

 きっと私なんぞには思いも付かない数多の聴き方があるはずだ。
 クラシックを深く愛好すればするほど、クラシックを聴くうえでもRoonの音楽の海を有効に活用できるだろう。
 是非とも試してみてもらいたい。

Music isn’t files and streams. It’s the work of passionate people who compose, collaborate, and perform live. Stop looking at lists and start experiencing a multi-dimensional world of music.


 聴くだけではない音楽の楽しみ


 Roonはいいぞ。

 音楽が好きなら、好きな音楽をいい音で聴くためにオーディオをやっているのなら。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑