*

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブランドと単体Roon Serverを作っているブランドで項目が分かれていた。それだけ単体Roon Serverを作るブランドが増えてきたということなのだろう。
 これで従来からあるRoon Tested DACsも加えて、パートナーブランドは三つの項目に分類された。

 2016/10/14現在、各パートナーブランドはこんな感じになっている。

 まずはRoon Readyプレーヤーの一覧。以下の画像はHPから拝借。

20161014roon01

 開発中の製品も含めて、いやはやずいぶん増えたもんだ。
 個人的にはむしろCreekのようにシンプルかつ良心的な製品作りをするメーカーが名を連ねたことに、海外におけるRoonの浸透を実感している。

 なにせ一年前はこうだったのだ。
20151003roonPC54

 最初からここに名を連ねていた4ブランドの先見の明はたいしたもんだ。
 あとはRoon Readyの認証を得ずとも(つまりこの一覧には登場しない)、Roon Bridgeを実装して実質的なRoon Readyプレーヤーになっている製品も相当あると思われる。

 それにしても、SFORZATO以外の国内メーカーがまったく名を連ねていないというこの状況……
 ならばOpenHomeを採用しているかと言えば、全然そんなわけでもなく……(SFORZATO以外ではTEACESOTERICがOpenHomeを採用している)

 いや、私は“Roonatic”じゃないし、Roon Readyにならないならそれで別に構わない。ネットワークオーディオプレーヤーを名乗るならOpenHomeに対応してほしいもんだが。
 とにかく、快適な音楽再生が実現するシステムを作ってくれればそれでいいのだ。


 ……

 …


 続いて、Roon Tested DACsの一覧。
 RoonはRoon Ready相手ばかりじゃなく、一応USB DAC相手にも確認作業をやっている。一覧にあるブランドは、Roonの価値をしっかり認識しているからこそここに名を連ねているのだろう。
20161014roon02

 面白いのはaudioquestとB&Wが入っているところか。Marantzは入ってないけど。
 あとは国内勢として唯一TEACがいるところに注目。いいぞTEAC。この調子ならいずれESOTERICも名を連ねるのではなかろうか。

※ここにあるブランド/DACはあくまでRoonとの組み合わせで動作確認が取れているということで、一覧にない=Roonでは使えないということではない。



 最後に、Roon Serverの一覧。
 今回新たに、Roon Readyプレーヤーとは別枠で追加された。
 「Core」が動く機器ということで、わかりやすく「Roon Core Servers」と表記されている。
20161014roon03

 リンクを辿れば、どっかで見たようなケースをそのまんま使っているようなメーカーが多いあたり、オーディオ機器のレベルでRoon Serverを作るのは容易ではないことが見て取れる。いや、ある意味では逆に作りやすいということなのか?

 それにしても、国内メーカーはRoon Serverでも……

 ……

 …

 ん?

20161014roon04



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドシティ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  7月4日と

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たーくん より:

    お疲れ様です。いつも楽しみに拝見しております。
    こちらは、Playpointを購入し、e28との組み合わせとRoonで快適なネットワーク再生環境が整いまいした。
    Roonは生真面目にタグ情報を整理している人にとっては余計なお世話なところがありますが、まあ、いツールですね。

    • sakakihajime より:

      PlayPointいいですよね。純粋なネットワークオーディオプレーヤー(トラポ)として見ても、諸々の動きの良さは最高クラスだと思います。

      Roonは従来からのユーザーベースの音源管理にプラスするツールであって、乗り換えるという発想ではないと思っています。
      まあ実際使ってて楽しいですし、楽しんでナンボですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑