*

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブランドと単体Roon Serverを作っているブランドで項目が分かれていた。それだけ単体Roon Serverを作るブランドが増えてきたということなのだろう。
 これで従来からあるRoon Tested DACsも加えて、パートナーブランドは三つの項目に分類された。

 2016/10/14現在、各パートナーブランドはこんな感じになっている。

 まずはRoon Readyプレーヤーの一覧。以下の画像はHPから拝借。

20161014roon01

 開発中の製品も含めて、いやはやずいぶん増えたもんだ。
 個人的にはむしろCreekのようにシンプルかつ良心的な製品作りをするメーカーが名を連ねたことに、海外におけるRoonの浸透を実感している。

 なにせ一年前はこうだったのだ。
20151003roonPC54

 最初からここに名を連ねていた4ブランドの先見の明はたいしたもんだ。
 あとはRoon Readyの認証を得ずとも(つまりこの一覧には登場しない)、Roon Bridgeを実装して実質的なRoon Readyプレーヤーになっている製品も相当あると思われる。

 それにしても、SFORZATO以外の国内メーカーがまったく名を連ねていないというこの状況……
 ならばOpenHomeを採用しているかと言えば、全然そんなわけでもなく……(SFORZATO以外ではTEACESOTERICがOpenHomeを採用している)

 いや、私は“Roonatic”じゃないし、Roon Readyにならないならそれで別に構わない。ネットワークオーディオプレーヤーを名乗るならOpenHomeに対応してほしいもんだが。
 とにかく、快適な音楽再生が実現するシステムを作ってくれればそれでいいのだ。


 ……

 …


 続いて、Roon Tested DACsの一覧。
 RoonはRoon Ready相手ばかりじゃなく、一応USB DAC相手にも確認作業をやっている。一覧にあるブランドは、Roonの価値をしっかり認識しているからこそここに名を連ねているのだろう。
20161014roon02

 面白いのはaudioquestとB&Wが入っているところか。Marantzは入ってないけど。
 あとは国内勢として唯一TEACがいるところに注目。いいぞTEAC。この調子ならいずれESOTERICも名を連ねるのではなかろうか。

※ここにあるブランド/DACはあくまでRoonとの組み合わせで動作確認が取れているということで、一覧にない=Roonでは使えないということではない。



 最後に、Roon Serverの一覧。
 今回新たに、Roon Readyプレーヤーとは別枠で追加された。
 「Core」が動く機器ということで、わかりやすく「Roon Core Servers」と表記されている。
20161014roon03

 リンクを辿れば、どっかで見たようなケースをそのまんま使っているようなメーカーが多いあたり、オーディオ機器のレベルでRoon Serverを作るのは容易ではないことが見て取れる。いや、ある意味では逆に作りやすいということなのか?

 それにしても、国内メーカーはRoon Serverでも……

 ……

 …

 ん?

20161014roon04



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

BUFFALOからネットワークオーディオ向けに新NAS登場?

 ネットワークオーディオの未来とは大きく出たな。    ちなみに私が考える理想のサーバーとは

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【音源管理の精髄】 再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 【ネットワークオーディオTips】

 NASとサーバーに関するありがちな誤解に関する記事の中で、「NASがなくてもネットワークオーディオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たーくん より:

    お疲れ様です。いつも楽しみに拝見しております。
    こちらは、Playpointを購入し、e28との組み合わせとRoonで快適なネットワーク再生環境が整いまいした。
    Roonは生真面目にタグ情報を整理している人にとっては余計なお世話なところがありますが、まあ、いツールですね。

    • sakakihajime より:

      PlayPointいいですよね。純粋なネットワークオーディオプレーヤー(トラポ)として見ても、諸々の動きの良さは最高クラスだと思います。

      Roonは従来からのユーザーベースの音源管理にプラスするツールであって、乗り換えるという発想ではないと思っています。
      まあ実際使ってて楽しいですし、楽しんでナンボですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑