*

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、安価なRoonReadyプレーヤーとして、Sonore Sonicorbiter SEを紹介する。


Sonore Sonicorbiter SE

A Quick Spin With The RoonReady Sonore Sonicorbiter SE – Computer Audiophile


 見た目はまんま小さな黒い箱。
 ネットワークでデータを受けて、USBまたは光で出力するレンダラー。
 PCMは768kHz、DSDはDSD512まで対応というおばけスペック。
 それ以上に面白いのが、内部的にシステムを切り替え、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能なこと。その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法だ。これは「一つの機器でサーバーソフトを複数同時運用」の理念と重なる部分がある。あるいは、PCで何気なくやっている複数の再生ソフトの使い分けと同じことを、単体オーディオ機器の中で行っているということになる。
 「SqueezeLite Output」、「ShairPort Output」(AirPlayのエミュ)、「DLNA Output」(中でBubbleUPnP Serverが走っているので実質的にOpenHome&TIDAL対応)、「MPD Output」、「HQ Player NAA Output」、そして「RoonReady Output」。これらが一台で使用可能。
 お値段は298ドル。iFI Audioのパワーサプライを付けても355ドル。
 ちょっと欲しい。

 中身を覗けば実態はつまるところLinux的なアレなのだろうが、設定のためのGUIもきちんとしていて、剥き出し感はない。オーディオ機器として広く使ってもらうためには、言うまでもなくこういったパッケージングが大切である。
 なお、Roonの公式HPには載っていないが(まだ認証が取れていないからだろう)、同社のmicroRenduもRoonReadyプレーヤーとなるようだ。一応Sonore Sonicorbiter SEの上位モデル……になるのかな?

 AURALiCしかり、IQaudIOしかり、SONOREしかり、ここにきてますます新しいプラットフォームへの対応でメーカーごとの速度差・温度差が出ている気がする。
 優れたユーザビリティが担保されるとすれば、あとは音質的にどうかだが……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】Asset UPnP for QNAP正式リリース

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2017」/HDR非対応でも楽し

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Cocktail

記事を読む

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

画質:10 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第23回『劇場版 機動警察パトレイバー』

アニメです。 これがイノセンスに到る押井作品群の始まりと言えます。 AKIRAに集った史上最強の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑