*

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、安価なRoonReadyプレーヤーとして、Sonore Sonicorbiter SEを紹介する。


Sonore Sonicorbiter SE

A Quick Spin With The RoonReady Sonore Sonicorbiter SE – Computer Audiophile


 見た目はまんま小さな黒い箱。
 ネットワークでデータを受けて、USBまたは光で出力するレンダラー。
 PCMは768kHz、DSDはDSD512まで対応というおばけスペック。
 それ以上に面白いのが、内部的にシステムを切り替え、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能なこと。その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法だ。これは「一つの機器でサーバーソフトを複数同時運用」の理念と重なる部分がある。あるいは、PCで何気なくやっている複数の再生ソフトの使い分けと同じことを、単体オーディオ機器の中で行っているということになる。
 「SqueezeLite Output」、「ShairPort Output」(AirPlayのエミュ)、「DLNA Output」(中でBubbleUPnP Serverが走っているので実質的にOpenHome&TIDAL対応)、「MPD Output」、「HQ Player NAA Output」、そして「RoonReady Output」。これらが一台で使用可能。
 お値段は298ドル。iFI Audioのパワーサプライを付けても355ドル。
 ちょっと欲しい。

 中身を覗けば実態はつまるところLinux的なアレなのだろうが、設定のためのGUIもきちんとしていて、剥き出し感はない。オーディオ機器として広く使ってもらうためには、言うまでもなくこういったパッケージングが大切である。
 なお、Roonの公式HPには載っていないが(まだ認証が取れていないからだろう)、同社のmicroRenduもRoonReadyプレーヤーとなるようだ。一応Sonore Sonicorbiter SEの上位モデル……になるのかな?

 AURALiCしかり、IQaudIOしかり、SONOREしかり、ここにきてますます新しいプラットフォームへの対応でメーカーごとの速度差・温度差が出ている気がする。
 優れたユーザビリティが担保されるとすれば、あとは音質的にどうかだが……



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

0.1の壁  23キロの黒い箱。  設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑