*

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、安価なRoonReadyプレーヤー(になる製品)として、IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+を紹介する。


IQaudIO

IQaudIO introduce Roon Ready Raspberry Pi DAC, amplifier – DAR


 今流行(?)のRaspberry Piと組み合わせる製品。
 Raspberry Pi 2/3にRoonReady用のイメージを使い、Pi-DAC+またはPi-DigiAMP+を接続すると、あらふしぎ簡単にRoonReadyプレーヤーの出来上がり、というもの。
 Raspberry Pi 3が31.5ユーロ、Pi-DAC+が31.5ユーロ、Pi-DigiAMP+が55ユーロと、価格だけを見ればオーディオ機器とは思えないレベルで圧倒的に安い。

 ……いくら「簡単」なんて言っても、ユーザーに剥き出しの基板を扱わせてシステムのセットアップを求める時点で限りなくDIY色が強く、とても一般化しそうにないが、「こんなのもある」ということで。これも立派なオーディオだ。価格的にもこれ以上安くはなるまい。
 正直言って音質云々を語る製品ではないと思われるが、少なくとも「機能」だけならまごうことなきRoonReadyである。RoonReadyを冠しているのだから、そこに疑義はない。

 Coreを走らせずOutput(Roon Bridge)だけならRaspberry Pi 2/3の性能で十分なようで、IQaudIOがこういった製品を出してきたということは、今後Linuxを採用したオーディオ製品がアップデートか何かで大挙してRoonReadyプレーヤーになる未来も……もしかしたらあるのかもしれない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC

記事を読む

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ」表記を推奨。今後の普及拡大に

記事を読む

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製のケースが届けられた。

記事を読む

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑