*

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、安価なRoonReadyプレーヤー(になる製品)として、IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+を紹介する。


IQaudIO

IQaudIO introduce Roon Ready Raspberry Pi DAC, amplifier – DAR


 今流行(?)のRaspberry Piと組み合わせる製品。
 Raspberry Pi 2/3にRoonReady用のイメージを使い、Pi-DAC+またはPi-DigiAMP+を接続すると、あらふしぎ簡単にRoonReadyプレーヤーの出来上がり、というもの。
 Raspberry Pi 3が31.5ユーロ、Pi-DAC+が31.5ユーロ、Pi-DigiAMP+が55ユーロと、価格だけを見ればオーディオ機器とは思えないレベルで圧倒的に安い。

 ……いくら「簡単」なんて言っても、ユーザーに剥き出しの基板を扱わせてシステムのセットアップを求める時点で限りなくDIY色が強く、とても一般化しそうにないが、「こんなのもある」ということで。これも立派なオーディオだ。価格的にもこれ以上安くはなるまい。
 正直言って音質云々を語る製品ではないと思われるが、少なくとも「機能」だけならまごうことなきRoonReadyである。RoonReadyを冠しているのだから、そこに疑義はない。

 Coreを走らせずOutput(Roon Bridge)だけならRaspberry Pi 2/3の性能で十分なようで、IQaudIOがこういった製品を出してきたということは、今後Linuxを採用したオーディオ製品がアップデートか何かで大挙してRoonReadyプレーヤーになる未来も……もしかしたらあるのかもしれない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第175回『レッド・ドラゴン』

画質:8 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-

・アーティスト / アルバムタイトル V.A. / アナと雪の女王 オリジナル・サウンドト

記事を読む

【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio ― はじまりという価値

 これからネットワークオーディオの門戸を叩こうとしている人が、  「ネットワークオーディオプレ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】  ネットワークオーディオやそ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑