*

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。
 「Roon ReadyはUPnPベースのシステムに比べて音質的にどうなんだ」という議論に対する、私なりの考えである。


Roon Readyとは何か


 なお、この記事でのOpenHomeはDLNAと読み替えてしまってもとりあえず問題ない。

 ユーザー・エクスペリエンスについては既に書き尽した感があるので、この記事では触れない。


ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready
続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready



 さて、いささか刺激的な記事タイトルにしておいてアレだが、音質比較におけるOpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAATというプラットフォームの対決の構図は、実のところほとんど意味を成さない

 というのも、この二つのシステムは、同じ機器を使った場合でも、「プレーヤー(データ処理としての再生機能)」を担う機器が異なるからだ。
 ここでいう「データ処理としての再生機能」は、さらに音源ファイルのデコードなどの機能に細分化可能で、そのなかでも特に音質に関わる部分は「再生エンジン」といった名称で呼ばれる。


ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』


 以下、私のシステムで例示する。
 PCにcanarino Fils、ネットワークオーディオプレーヤーにLUMIN A1を使用するシステムである。canarino FilsにUPnPサーバーソフトとRoon Serverをインストールし、同一の機器で二通りのシステムを構築している。
 





Roonの「Core」・「Control」・「Output」
Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの


 ちなみに、


 LANケーブルで繋ぐかUSBケーブルで繋ぐか。それだけ。



 見てのとおり、OpenHome/UPnPのシステムとRoon Ready/RAATのシステムでは、必然的にそれぞれ「プレーヤー」を担っているものが違う
 OpenHome/UPnPのシステムではネットワークオーディオプレーヤーが再生機能を担うのに対し、Roon Ready/RAATのシステムではRoonのCoreが再生機能を担う。

 システムにおける「プレーヤー」が違うのだから、そりゃ音が違って当然である。
 つまるところ、「Windows Media PlayerとiTunesはどちらが高音質なのか」とか、そういう次元の話である。

 というわけで、「純粋にOpenHome/UPnPとRoon Ready/RAATの音質を比較する」ことが不可能な以上、「OpenHome/UPnPとRoon Ready/RAATの音質比較」という表現は正確ではなく、実際は「個々のネットワークオーディオプレーヤーの再生機能とRoon(Core)の再生機能の音質比較」をしているに過ぎない。
 あくまでも個々の機器の話でしかなく、「UPnPとRAATではどちらのプロトコルが高音質」などと一概に言うことはできない。



 こうなると、それはそれで大変である。

 ハードにせよソフトにせよ、総合的なユーザー・エクスペリエンスでRoonに比肩し得るなんてことは相当に困難だ。そういう意味で世の中の単体ネットワークオーディオプレーヤーがRoonとは異なる価値を打ち出せるとすれば、それは「プレーヤー部分の音質」である。
 そしてもし、音質すらもRoonに負けるなんてことがあれば、つまりそれ自体で「プレーヤー」として使うよりも、Roon Readyプレーヤーとして使う方が高音質なのだとしたら、それはもはやプレーヤーである意味がないということにも繋がる。オーディオメーカーとして格好がつかない。

 もっとも、現時点でRoon Readyに対応する製品はそれ自体で「プレーヤー」として使えるものがほとんどなので、その辺りにはオーディオメーカーとしての矜持があるのだろう。ユーザビリティの点でまともなプレーヤーであるかどうかはさておいて、だが。


 この「システムでプレーヤーの役割を担うものは何か」という問題は、なにもRoonに限った話ではない。
 「プレーヤー」の所在をきちんと把握しておかないと、機器の音質比較を正しく行えないおそれがある。「USBとLAN入力の両方を備えた機器」で、「USBとLAN入力のどちらが高音質か」なんて比較をする時は、特に。
 気を付けよう。



 気になるのは私のLUMIN A1だ。

 LUMIN A1はそれ自体で優れた単体ネットワークオーディオプレーヤーであり、同時にRoon Readyにも対応する。
 もしRoon Readyプレーヤーとして使った方が音が良かったとすれば、ちょっと……


 ……なので、比較した。


・OpenHome/UPnP――LUMIN A1を「プレーヤー」として使う場合
・Roon Ready/RAAT――LUMIN A1をRoonのOutputとして使う場合


 ……幸いにして、「プレーヤー」として使う方が良かった。
 つまり、「LUMINの再生エンジン」の方が「Roonの再生エンジン」よりも音が良かった。
 よかったよかった。

 とはいえ、両者の差は必ずしも大きなものではなく、空間の見通しの良さなど、Roon Readyプレーヤーとして使った時の方が良いと感じる要素もあった。
 LUMINのプレーヤーは傑出してユーザビリティの完成度が高いので、いくら音が良くても「Roon Readyプレーヤーとしてしか使いません!」なんて選択肢はとても考えられない。一方で、それ自体では使い物にならないプレーヤーがRoon Readyに対応するのだとしたら、それはきっと素晴らしいことだ。Roonが全部面倒を見てくれるのだから。


 「プレーヤー」の領域には、ただでさえJRiverやJPLAYといった強力な競合がひしめいている。さらに今後もRoonの再生機能――音質が進化し続けるとすれば、単体ネットワークオーディオプレーヤーはますます厳しい戦いを強いられることになるだろう。
 割り切ってRoon Readyプレーヤーであることに――USB DACならぬ「LAN DAC」であることに専念するというのもひとつの手だが、そうなると今度は「プレーヤー」ではなくなる。

 ただ、「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬を禁じ得ない身としては、オーディオメーカーとしての矜持を全開にしてRoonとは隔絶した音質を実現した、そんなネットワークオーディオプレーヤーが存在してほしいと思っている。

 Roonはそのライブラリ機能において比類のない価値がある。別に音質面だけで最上の地位を目指して火花を散らす必要もない。
 得られる体験の質が違うのだから、同時に使えばいいのである。



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Wi-Fiの速度がコントロールアプリの挙動に与える影響

 前々から疑問だった。  アプリの挙動に影響するものはライブラリの中身やデバイスの性能だけではない

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第155回『サマーウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA&ドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑