今回は音質面の話。
 「Roon ReadyはUPnPベースのシステムに比べて音質的にどうなんだ」という議論に対する、私なりの考えである。


Roon Readyとは何か


 なお、この記事でのOpenHomeはDLNAと読み替えてしまってもとりあえず問題ない。

 ユーザー・エクスペリエンスについては既に書き尽した感があるので、この記事では触れない。


ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready
続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready



 さて、いささか刺激的な記事タイトルにしておいてアレだが、音質比較におけるOpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAATというプラットフォームの対決の構図は、実のところほとんど意味を成さない

 というのも、この二つのシステムは、同じ機器を使った場合でも、「プレーヤー(データ処理としての再生機能)」を担う機器が異なるからだ。
 ここでいう「データ処理としての再生機能」は、さらに音源ファイルのデコードなどの機能に細分化可能で、そのなかでも特に音質に関わる部分は「再生エンジン」といった名称で呼ばれる。


ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』


 以下、私のシステムで例示する。
 PCにcanarino Fils、ネットワークオーディオプレーヤーにLUMIN A1を使用するシステムである。canarino FilsにUPnPサーバーソフトとRoon Serverをインストールし、同一の機器で二通りのシステムを構築している。
 





Roonの「Core」・「Control」・「Output」
Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの


 ちなみに、


 LANケーブルで繋ぐかUSBケーブルで繋ぐか。それだけ。



 見てのとおり、OpenHome/UPnPのシステムとRoon Ready/RAATのシステムでは、必然的にそれぞれ「プレーヤー」を担っているものが違う
 OpenHome/UPnPのシステムではネットワークオーディオプレーヤーが再生機能を担うのに対し、Roon Ready/RAATのシステムではRoonのCoreが再生機能を担う。

 システムにおける「プレーヤー」が違うのだから、そりゃ音が違って当然である。
 つまるところ、「Windows Media PlayerとiTunesはどちらが高音質なのか」とか、そういう次元の話である。

 というわけで、「純粋にOpenHome/UPnPとRoon Ready/RAATの音質を比較する」ことが不可能な以上、「OpenHome/UPnPとRoon Ready/RAATの音質比較」という表現は正確ではなく、実際は「個々のネットワークオーディオプレーヤーの再生機能とRoon(Core)の再生機能の音質比較」をしているに過ぎない。
 あくまでも個々の機器の話でしかなく、「UPnPとRAATではどちらのプロトコルが高音質」などと一概に言うことはできない。



 こうなると、それはそれで大変である。

 ハードにせよソフトにせよ、総合的なユーザー・エクスペリエンスでRoonに比肩し得るなんてことは相当に困難だ。そういう意味で世の中の単体ネットワークオーディオプレーヤーがRoonとは異なる価値を打ち出せるとすれば、それは「プレーヤー部分の音質」である。
 そしてもし、音質すらもRoonに負けるなんてことがあれば、つまりそれ自体で「プレーヤー」として使うよりも、Roon Readyプレーヤーとして使う方が高音質なのだとしたら、それはもはやプレーヤーである意味がないということにも繋がる。オーディオメーカーとして格好がつかない。

 もっとも、現時点でRoon Readyに対応する製品はそれ自体で「プレーヤー」として使えるものがほとんどなので、その辺りにはオーディオメーカーとしての矜持があるのだろう。ユーザビリティの点でまともなプレーヤーであるかどうかはさておいて、だが。


 この「システムでプレーヤーの役割を担うものは何か」という問題は、なにもRoonに限った話ではない。
 「プレーヤー」の所在をきちんと把握しておかないと、機器の音質比較を正しく行えないおそれがある。「USBとLAN入力の両方を備えた機器」で、「USBとLAN入力のどちらが高音質か」なんて比較をする時は、特に。
 気を付けよう。



 気になるのは私のLUMIN A1だ。

 LUMIN A1はそれ自体で優れた単体ネットワークオーディオプレーヤーであり、同時にRoon Readyにも対応する。
 もしRoon Readyプレーヤーとして使った方が音が良かったとすれば、ちょっと……


 ……なので、比較した。


・OpenHome/UPnP――LUMIN A1を「プレーヤー」として使う場合
・Roon Ready/RAAT――LUMIN A1をRoonのOutputとして使う場合


 ……幸いにして、「プレーヤー」として使う方が良かった。
 つまり、「LUMINの再生エンジン」の方が「Roonの再生エンジン」よりも音が良かった。
 よかったよかった。

 とはいえ、両者の差は必ずしも大きなものではなく、空間の見通しの良さなど、Roon Readyプレーヤーとして使った時の方が良いと感じる要素もあった。
 LUMINのプレーヤーは傑出してユーザビリティの完成度が高いので、いくら音が良くても「Roon Readyプレーヤーとしてしか使いません!」なんて選択肢はとても考えられない。一方で、それ自体では使い物にならないプレーヤーがRoon Readyに対応するのだとしたら、それはきっと素晴らしいことだ。Roonが全部面倒を見てくれるのだから。


 「プレーヤー」の領域には、ただでさえJRiverやJPLAYといった強力な競合がひしめいている。さらに今後もRoonの再生機能――音質が進化し続けるとすれば、単体ネットワークオーディオプレーヤーはますます厳しい戦いを強いられることになるだろう。
 割り切ってRoon Readyプレーヤーであることに――USB DACならぬ「LAN DAC」であることに専念するというのもひとつの手だが、そうなると今度は「プレーヤー」ではなくなる。

 ただ、「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬を禁じ得ない身としては、オーディオメーカーとしての矜持を全開にしてRoonとは隔絶した音質を実現した、そんなネットワークオーディオプレーヤーが存在してほしいと思っている。

 Roonはそのライブラリ機能において比類のない価値がある。別に音質面だけで最上の地位を目指して火花を散らす必要もない。
 得られる体験の質が違うのだから、同時に使えばいいのである。



【Roon】関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答