*

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Server on NAS


 元々は一人のユーザーが始めた試みに、本体が合流したプロジェクトのようだ。この辺の展開はいかにも海外らしい。
 NASのRoon Server化ということで、この場合はそれ自体でオーディオ機器となる単体Roon Serverとしてではなく、あくまでRoon Readyプレーヤーと組み合わせる使い方が基本になる。

 これでRoon/Roon Readyの裾野は一気に拡大だ!

 と、思いたいところだが……

Any NAS with a 64-bit Intel CPU is compatible, but to get the best experience, we strongly recommend a top-of-the-line (Core i3 or i5) NAS with expanded RAM (4GB or more)


 とのことなので、あいにく「すべてのQNAPとSynology製品がRoon Serverになる」というわけではない
 Coreの動作スペックの関係で分かり切っていたことではあるが、おおよそ今までオーディオ向けに売られてきたNASのほとんどはそもそも対応できないか、対応したとしてもあまりよろしくない状態に甘んじるしかなさそうだ。
 これからRoon Server用にNASを買うにしても、製品選びのハードルは相当に高い。それどころか、「まともにRoonが動くNASなんて下手なPC以上にごついじゃねーか!」というオチになる気も……
 もちろん私のQNAP TS-119などではぴくりとも動かない。「Roon Serverにならないかな……」ではなく、残念ながら「なれない」


 さらに、CPUに関してはこんな具合で明記されている。

What will happen if Roon Server runs on a slower CPU (such as Atom or Celeron)?
Roon Server uses a lot more CPU than any other audio software. You can read about why we have a Core and why it requires so much more CPU than other software here.

While Roon Server will work fine on these slower CPUs, consequences of running on them potentially include:

Stuttering or dropouts in audio playback
Slow response for searching
Slow loading of artist, album, composer, and work pages
Longer startup and connection times for remotes
Slower audio analysis for normalization/crossfading/other
Slower import of new music


Overall, the experience will not be as good as it can be. You can fix this by running on a better suited CPU, such as an Intel Core i3 or i5.


 ちなみにCore i3のノートでRoonを動かすとこんな感じ。
 →4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

 そしてSOtM sMS-1000SQ WEexaSound PlayPointはどうなる……?
 Oh…


 Roon Coreの動作環境を満たす高性能なNASを買うよりも、オーディオ用PCを組んでRoon Serverに仕立てるほうが良い気がしないでもないが、その辺は人それぞれだろう。
 実際Roon側も「Roonを使うにはとにかくPCが必要」と思われてしまうことを問題視していて、今回のリリースでも「PCなしでRoonが使えるようになった!」ということを強調している。

 いずれにせよ、QNAPとSynologyでRoon Serverが使えるようになった=NASでRoon Coreが動くようになった=PCなしでRoonのユーザー・エクスペリエンスがフルに得られるようになったことは、Roonの今後にとって大きな意味を持つことは間違いない。



実際に使ってみた


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio ― はじまりという価値

 これからネットワークオーディオの門戸を叩こうとしている人が、  「ネットワークオーディオプレ

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook’11 UPnP iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月26日のものです ●イントロダクション

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

続・WAVとFLACで音は変わるか?

 前回の記事に寄せられたコメントから、以下の三つの問いを得た。 ①WAVから取り込んでFL

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑