*

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。
20160415roonipad01

 これでRoon Remoteアプリも晴れて1.2になり、「1.2のRoonのデバイスが見えない!」なんて状況は早々に終了した。

20160415roonipad02

 おお見える見える。
20160415roonipad03
20160415roonipad04
20160415roonipad05


 そして、ついに待望の(?)iPhone・androidスマホ版Roon Remoteもリリースされた。

 RoonがPCとタブレットでまったく同一のデザイン/インターフェースを実現できていたのは、あくまでじゅうぶんなサイズのディスプレイを前提としていたから。それをスマホのサイズにまで落とし込むのはLUMIN Appどころじゃなく恐ろしく難しいんじゃないか……と思っていた。そのLUMIN Appは見事な落とし込みを見せたけれども。


 というわけで、iPhone 6sで見ていく。
 はてさて、実態はいかに。


 これがPC/タブレットの「Overview」に相当する最初の画面。
 なんだかこの時点で窮屈感が……
20160415rooniphone04

 左上の「三」でメニュー表示。片手だと指を持っていくのが辛い。
 えらくそっけないメニュー。
20160415rooniphone05

 「More…」で項目が増える。
 「Less…」でしまう。
20160415rooniphone06

 ここからはブラウズ画面を一通り。

 「Albums」。
20160415rooniphone02

 「Artists」。
20160415rooniphone03

 「Genres」。
20160415rooniphone07

 個別のジャンル。
20160415rooniphone08

 個別のアーティスト。
20160415rooniphone09

 個別のアルバム。
 一例として、アルバムでは曲目とアルバム情報とスタッフクレジットで画面が分かれ、PC/タブレット版に比べて情報が分散している。
20160415rooniphone10
20160415rooniphone11
20160415rooniphone12

 再生する。
 画面下部にステータスが表示される。
20160415rooniphone13
20160415rooniphone14

 画面下部のステータスをタップすると再生情報の画面に切り替わる。仕方がないとはいえ、PC/タブレット版に比べて猛烈に情報が分散している。
 とりあえず再生情報とキュー。
20160415rooniphone15
20160415rooniphone16

 「Transfer Zone」はここから。
20160415rooniphone17

 PC/タブレット版だとこんな感じ。
20160415roonipad06

 シグナルパスの表示もここから。
20160415rooniphone01

 「Settings」はPC/タブレット版そのまんまなので省略。



 「出来ること」で考えれば、PC/タブレット版で出来ることはiPhone(スマホ)版でも全部出来る。
 動作もスムーズで、ガクつきは感じられない。

 ただ、これは……「Roonのユーザー・エクスペリエンス」としては、どうなんだろう。
 少なくとも現時点では、Roonの「音楽の海」を受け止めたうえで快適な音源のブラウズと再生を行うには絶対的な画面サイズが足りていない、としか言えない。
 なんとなく急ごしらえ感もあるので、今後様々なフィードバックを得て改善されていくことは大いに考えられる。

 でも、やっぱり、ことRoonに関して言えば、でかいディスプレイと組み合わせるべきだと思う。小さな画面では海が沼くらいに感じてしまう。
 聴きたい曲に最短経路で突撃するのではなく、めくるめく音楽の海に漕ぎ出して浸って沈んで溺れていくこと、それ自体がRoonの大きな楽しみなのだから。


 しかし、iPad Proか。どうしたものか。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【BDレビュー】第26回『インデペンデンス・デイ』 画質:9 (画質はHD環境・B

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑