*

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。

AURALiC’s New Bundle Of Goodies – AudioStream

 AURALiCは機能全部入りのARIESでネットワークオーディオプレーヤーのプラットフォームを完成させ、続くARIES MINIで鮮烈な価格を提示し、そしてこのALTAIRが登場した。とりあえずアリエスやらベガやらアルタイルやら、AURALiCは機器の名前のセンスが素晴らしい。

 ALTAIRは端的に言って、AURALiCのネットワークトランスポートであるARIESとUSB DACであるVEGAを融合させた感じの製品である。
 DACを積んでいるので、製品ジャンルとしては「USB入力搭載ネットワークオーディオプレーヤー」ということになる。
 AURALiCはALTAIRを「ARIESやVEGAを置き換えるのではない、まったく新しい製品ライン」としている。ま、実際に市場に出て来れば被る部分も大きいとは思うが。

 今時のデジタルファイル再生機器として、機能はこれでもかと言うほどてんこ盛り。
 せっかくなので公式HPのSpecificationをそのまま引用する。

Streaming Inputs
Network shared folder
USB Drive
Internal Music Storage
**
uPnP/DLNA Media Server
TIDAL and Qobuz streaming
Internet Radio
AirPlay
Bluetooth
Songcast
RoonReady

Digital Inputs
1*AES/EBU
1*Coaxial
1*Toslink
1*USB device to computer
2*USB host to storage and DAC
1*RJ45 Gigabit Ethernet
1*802.11b/g/n/ac Tri-Band WiFi

Analog Outputs
1*Balanced XLR(output impedance 10ohm)
1*Single-ended RCA(output impedance 50ohm)
1*6.35mm headphone Jack (output impedance 5ohm)

Supported File Formats
AAC, AIFF, ALAC, APE, DIFF, DSF, FLAC,
MP3, OGG, WAV, WV and WMA

Supported Digital Formats
All PCM from 44.1KS/s to 384KS/s in 32Bit***
DSD64, DSD128, DSD256**


 ARIESと同じプラットフォームなのだから、当たり前のようにOpenHomeに対応し、RoonReadyにも対応する。
 DAC一体型よりもトランスポートでの実装が先行したRoonReadyだが、ここに来てようやく「最初からRoonReadyのプレーヤー」が登場することになる。やっぱり一体型であることのメリットも大きいと思うのである。

 あと、海外のメディアでもあまり注目されている様子がないのだが、ARIESには接続したUSBストレージやネットワークドライブ、あるいは内蔵ストレージの音源に対して機能する「Lightning Server」というサーバーソフトがビルトインされている。これは「フロントパネルにUSBメモリーを挿せば中身の音源を再生できます」なんてのとは次元の違う機能であり、例えばUSB HDDを接続するだけでARIESが完璧なミュージックサーバーとして使えることを意味する。
 もっと注目されるべき。

 さらに新機能として、音源のデータをメモリーに完全にキャッシュしてから再生できるようになった。これにより音質の向上に寄与するとのこと。
 ちなみにこの機能はARIES(無印)にもアップデートで搭載されるそうだ。

 ところで、私はこの手の「USB入力搭載ネットワークオーディオプレーヤー」という製品ジャンルに対し、基本的に「いさぎよく一つに絞ればいいのに」との思いを持っている。
 ただし、RoonReadyに対応しているとすれば話は別だ。

 RoonReadyプレーヤーとして使おうが、普通にUSB DACとして使おうが、Roonから見れば同じく「Output」。どちらの場合でも、ユーザビリティはあくまでもRoonとして統合されている。Roonと組み合わせて使う限り機能も操作感も限りなく同一であり、ユーザーはそれこそ「光デジタルか同軸デジタルか」と同じレベルでLANとUSBを選択できるようになる。
 もちろん、AURALiC自身が磨き上げてきたLightning DSを使ってコントロールしようと思えば、必然的にネットワーク接続ということになるが。個人的にはLightning DSとRoonを「どっちも使う」ために、ネットワーク接続を推したいところだ。

 で、肝心のお値段。
 リニアパワーサプライもついて、1899ドル

 ひゃあ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第229回『マクロスプラス』

再生環境はこちら 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 画質:

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

【Roon Server】Antipodes DX Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Antip

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Tanaka feat. fox

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑