*

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。

AURALiC’s New Bundle Of Goodies – AudioStream

 AURALiCは機能全部入りのARIESでネットワークオーディオプレーヤーのプラットフォームを完成させ、続くARIES MINIで鮮烈な価格を提示し、そしてこのALTAIRが登場した。とりあえずアリエスやらベガやらアルタイルやら、AURALiCは機器の名前のセンスが素晴らしい。

 ALTAIRは端的に言って、AURALiCのネットワークトランスポートであるARIESとUSB DACであるVEGAを融合させた感じの製品である。
 DACを積んでいるので、製品ジャンルとしては「USB入力搭載ネットワークオーディオプレーヤー」ということになる。
 AURALiCはALTAIRを「ARIESやVEGAを置き換えるのではない、まったく新しい製品ライン」としている。ま、実際に市場に出て来れば被る部分も大きいとは思うが。

 今時のデジタルファイル再生機器として、機能はこれでもかと言うほどてんこ盛り。
 せっかくなので公式HPのSpecificationをそのまま引用する。

Streaming Inputs
Network shared folder
USB Drive
Internal Music Storage
**
uPnP/DLNA Media Server
TIDAL and Qobuz streaming
Internet Radio
AirPlay
Bluetooth
Songcast
RoonReady

Digital Inputs
1*AES/EBU
1*Coaxial
1*Toslink
1*USB device to computer
2*USB host to storage and DAC
1*RJ45 Gigabit Ethernet
1*802.11b/g/n/ac Tri-Band WiFi

Analog Outputs
1*Balanced XLR(output impedance 10ohm)
1*Single-ended RCA(output impedance 50ohm)
1*6.35mm headphone Jack (output impedance 5ohm)

Supported File Formats
AAC, AIFF, ALAC, APE, DIFF, DSF, FLAC,
MP3, OGG, WAV, WV and WMA

Supported Digital Formats
All PCM from 44.1KS/s to 384KS/s in 32Bit***
DSD64, DSD128, DSD256**


 ARIESと同じプラットフォームなのだから、当たり前のようにOpenHomeに対応し、RoonReadyにも対応する。
 DAC一体型よりもトランスポートでの実装が先行したRoonReadyだが、ここに来てようやく「最初からRoonReadyのプレーヤー」が登場することになる。やっぱり一体型であることのメリットも大きいと思うのである。

 あと、海外のメディアでもあまり注目されている様子がないのだが、ARIESには接続したUSBストレージやネットワークドライブ、あるいは内蔵ストレージの音源に対して機能する「Lightning Server」というサーバーソフトがビルトインされている。これは「フロントパネルにUSBメモリーを挿せば中身の音源を再生できます」なんてのとは次元の違う機能であり、例えばUSB HDDを接続するだけでARIESが完璧なミュージックサーバーとして使えることを意味する。
 もっと注目されるべき。

 さらに新機能として、音源のデータをメモリーに完全にキャッシュしてから再生できるようになった。これにより音質の向上に寄与するとのこと。
 ちなみにこの機能はARIES(無印)にもアップデートで搭載されるそうだ。

 ところで、私はこの手の「USB入力搭載ネットワークオーディオプレーヤー」という製品ジャンルに対し、基本的に「いさぎよく一つに絞ればいいのに」との思いを持っている。
 ただし、RoonReadyに対応しているとすれば話は別だ。

 RoonReadyプレーヤーとして使おうが、普通にUSB DACとして使おうが、Roonから見れば同じく「Output」。どちらの場合でも、ユーザビリティはあくまでもRoonとして統合されている。Roonと組み合わせて使う限り機能も操作感も限りなく同一であり、ユーザーはそれこそ「光デジタルか同軸デジタルか」と同じレベルでLANとUSBを選択できるようになる。
 もちろん、AURALiC自身が磨き上げてきたLightning DSを使ってコントロールしようと思えば、必然的にネットワーク接続ということになるが。個人的にはLightning DSとRoonを「どっちも使う」ために、ネットワーク接続を推したいところだ。

 で、肝心のお値段。
 リニアパワーサプライもついて、1899ドル

 ひゃあ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと強くなったfidata、HFA

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

Denon Hi-Fi Remote

デノン、ハイファイオーディオ機器向けの新操作アプリ「Denon Hi-Fi Remote」 - Ph

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑