*

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

公開日: : 最終更新日:2017/03/28 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか
Roon 導入編
Roonの「魔法」の正体
Roon 設定・再生編

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界


 Roonはライブラリに魔法をかけて、Roon色に染め上げる。このRoon色というのは実質的に「AllMusic」のデータベースに拠るものが大きいようだが。→現在、Roonのデータベースは「MusicBrainz」を利用している。

 そしてRoonはライブラリに「音楽情報の海」という新たな魅力を付け加える。
 さらにTIDALと連携させることで、「音楽の海」は途方もない広がりを得る。

 年間119ドル、永年契約499ドルという金額は決して安くはないので、単純な再生ソフトの枠を越えた「サービス」という側面、「総合音楽鑑賞ソフト」としての価値を認めるか否かが鍵となる。
 再生ソフトとしても必要十分な機能を備えているが、単に音がいいというだけなら他にいくらでも選択肢がある。

 自分のライブラリに思い入れがあり、理想のライブラリの構築に邁進してきた人ほど、Roonの導入には葛藤を伴うだろう。
 一応、ライブラリを染めるRoon色を薄くすることも可能と言えば可能だが、それは同時にRoonの良さを薄めることでもある。
 「自分にとって理想的なライブラリ」を構築し、優れたコントロールアプリとの組み合わせで至極満足できるユーザビリティを現に味わっている身からすれば、確かにRoonの素晴らしさは分かるが、「これさえあれば他はいらない」的な感覚はない。
 ただ、特にライブラリの活用という点において、Roonはかつてない巨大な魅力を備えたソフトであり、サービスであることは間違いない。

 自分が蓄積してきた音源を自分以外の誰かに手渡し、その誰かのルールでライブラリを構築しても別に構わないとすれば、Roonはまさに魔法のようなソフトになり得る。
 Roonのライブラリ構築の手腕は見事の一言。出来上がったライブラリは美しく洗練され、膨大な情報から構築された「音楽の海」はこちらに退屈する暇を与えない。音源管理に要する手間をRoonに丸投げできて、それでいて素晴らしいライブラリがあっという間に出来上がるのだから、多くのユーザーにとっては万々歳だろう。
 さらに操作性はPC・タブレットともに洗練され、ネットワークオーディオとして考えても非常にレベルが高い。
 「聴くだけではない」音楽の楽しみを存分に味わいたいのなら、Roonは極めて魅力的な選択肢である。


 昨今、音源のクラウド化が凄まじい勢いで進んでいる。オーディオの領域にあっても、クラウドの音源をライブラリとしていかに美しく、楽しく提示するかは非常に大きな課題である。
 ローカルの音源とクラウドの音源。Roonはそのどちらもライブラリとしてシームレスに統合し、「音楽の海」として提示してくれる。さらに、クラウドの音源に対しても自分の意思を反映させられるようになる。これは音楽好きにとって、このうえなく素晴らしいことだ。
 
 Roonは音楽鑑賞の新たな可能性を見せてくれる。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答



【2015/11/20追記】

 初出時に「Roonの魔法をかけるにしても、最低でもその音源が何なのかRoonがわかる程度のタグが付加されている必要はあるようだが」と書いたが、厳密に検証してみたら、WAVでもFLACでも、タグが空っぽでも、フォルダ名(アルバムタイトル)もファイル名も意味を成さない状態でも、Roonは情報を拾ってきた。これには素直に脱帽だ。
 以前の検証時にタグが空っぽのWAVでデータを拾ってこなかったのは、そもそも検証に使用した音源の情報がRoonのデータベースに存在しなかったからのようだ……
 ここまで出来るRoonのデータベースとて、やはり完璧ではない。そしてデータが見つからなかった場合、音源のタグがそのまま使われる。
 最後の最後に活きるのは、やはり自分自身の音源への愛情である。

【追記おわり】

スポンサーリンク


関連記事

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【BDレビュー】第290回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

 ケビン・ベーコン繋がりで『トレマーズ』も見よう! 画質:10 音質:11 映

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑