*

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3!



Roon 1.3 Is Live! – Roon Labs

Roon 1.3のプレビュー

Roon、最新版「1.3」をリリース。アップサンプリングやEQなど大幅な機能追加 – Phile-web


Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編


 というわけで続き。


 とりあえず、設定画面・ゾーン選択画面ともにデザインが少々変わっている。






・マルチチャンネル音源の再生に対応

 この辺。
 チャンネルレイアウトやら何やら。





・各種DSP機能の搭載

 ライブラリ機能は極めて充実している一方、純粋な再生ソフトとしては機能不足が言われていたRoonにとって、コレが1.3の最大の目玉かもしれない。

 DSP機能はアウトプットごとに「DSP Engine」から設定する。


 個々の機能は以下の通り。


・Headroom Management



・Crossfeed



・Parametric EQ



・Speaker Setup



 Procedural EQとConvolutionは初期状態では隠れている。



・Procedural EQ



・Convolution



 そしてお待ちかねの、


・Sample Rate Conversion


 初期設定は「For Compatibility Only」。つまり「使っているデバイスで再生できるように変換する」のみで、今までと同じ。

 そのほか、一律PCMの最大値まで/DSD変換、もしくは「Custom」(個別設定)が選べる。


 「Custom」では、PCMは44.1kHz~384kHz、DSDはDSD256まで選択できる。
 デバイスが対応すれば、PCM 44.1kHzの音源をDSD256に変換して聴くことも、その逆も可能。



 なお、DSPで何らかのプラスの変換(PCMのアップサンプリングやDSD変換など)をかけると、Roonのシグナルパスのステータスが「Enhanced」になり、どこかで見たような専用のマークが点灯する。

 DSD256変換のシグナルパス。


 352.8kHz変換のシグナルパス。



 ここで気になるのはサンプルレート変換時のCPUの使用率。

 無変換で再生した場合の使用率は極小。ただ、Roon 1.2に比べてだいぶメモリの使用量が増えているような……


 352.8kHz変換では微々たる変化だが、


 DSD256変換では一気にCPUの使用率が上昇する。

 
 Core i7-6700Tを積んだcanarino Filsでコレなので、機器のスペックによっては相当厳しいことになるのではないだろうか。


 純粋な再生ソフトとしても、Roonの機能拡張は続いている。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第94回『マトリックス・リローデッド』

昔々、高校生の頃、PS2でDVDを再生していましたとさ。 リローデッドを見ていて、101匹スミ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑