*

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3!



Roon 1.3 Is Live! – Roon Labs

Roon 1.3のプレビュー

Roon、最新版「1.3」をリリース。アップサンプリングやEQなど大幅な機能追加 – Phile-web


Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編


 というわけで続き。


 とりあえず、設定画面・ゾーン選択画面ともにデザインが少々変わっている。






・マルチチャンネル音源の再生に対応

 この辺。
 チャンネルレイアウトやら何やら。





・各種DSP機能の搭載

 ライブラリ機能は極めて充実している一方、純粋な再生ソフトとしては機能不足が言われていたRoonにとって、コレが1.3の最大の目玉かもしれない。

 DSP機能はアウトプットごとに「DSP Engine」から設定する。


 個々の機能は以下の通り。


・Headroom Management



・Crossfeed



・Parametric EQ



・Speaker Setup



 Procedural EQとConvolutionは初期状態では隠れている。



・Procedural EQ



・Convolution



 そしてお待ちかねの、


・Sample Rate Conversion


 初期設定は「For Compatibility Only」。つまり「使っているデバイスで再生できるように変換する」のみで、今までと同じ。

 そのほか、一律PCMの最大値まで/DSD変換、もしくは「Custom」(個別設定)が選べる。


 「Custom」では、PCMは44.1kHz~384kHz、DSDはDSD256まで選択できる。
 デバイスが対応すれば、PCM 44.1kHzの音源をDSD256に変換して聴くことも、その逆も可能。



 なお、DSPで何らかのプラスの変換(PCMのアップサンプリングやDSD変換など)をかけると、Roonのシグナルパスのステータスが「Enhanced」になり、どこかで見たような専用のマークが点灯する。

 DSD256変換のシグナルパス。


 352.8kHz変換のシグナルパス。



 ここで気になるのはサンプルレート変換時のCPUの使用率。

 無変換で再生した場合の使用率は極小。ただ、Roon 1.2に比べてだいぶメモリの使用量が増えているような……


 352.8kHz変換では微々たる変化だが、


 DSD256変換では一気にCPUの使用率が上昇する。

 
 Core i7-6700Tを積んだcanarino Filsでコレなので、機器のスペックによっては相当厳しいことになるのではないだろうか。


 純粋な再生ソフトとしても、Roonの機能拡張は続いている。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

【全日程終了】全国でネットワークオーディオの実践セミナーを行います

 全日程が終了しました。  「ネットワークオーディオで快適な音楽再生を」という言葉を絵に描いた

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4Kディスプレイもない

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑