*

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3!



Roon 1.3 Is Live! – Roon Labs

Roon 1.3のプレビュー

Roon、最新版「1.3」をリリース。アップサンプリングやEQなど大幅な機能追加 – Phile-web


Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編


 というわけで続き。


 とりあえず、設定画面・ゾーン選択画面ともにデザインが少々変わっている。






・マルチチャンネル音源の再生に対応

 この辺。
 チャンネルレイアウトやら何やら。





・各種DSP機能の搭載

 ライブラリ機能は極めて充実している一方、純粋な再生ソフトとしては機能不足が言われていたRoonにとって、コレが1.3の最大の目玉かもしれない。

 DSP機能はアウトプットごとに「DSP Engine」から設定する。


 個々の機能は以下の通り。


・Headroom Management



・Crossfeed



・Parametric EQ



・Speaker Setup



 Procedural EQとConvolutionは初期状態では隠れている。



・Procedural EQ



・Convolution



 そしてお待ちかねの、


・Sample Rate Conversion


 初期設定は「For Compatibility Only」。つまり「使っているデバイスで再生できるように変換する」のみで、今までと同じ。

 そのほか、一律PCMの最大値まで/DSD変換、もしくは「Custom」(個別設定)が選べる。


 「Custom」では、PCMは44.1kHz~384kHz、DSDはDSD256まで選択できる。
 デバイスが対応すれば、PCM 44.1kHzの音源をDSD256に変換して聴くことも、その逆も可能。



 なお、DSPで何らかのプラスの変換(PCMのアップサンプリングやDSD変換など)をかけると、Roonのシグナルパスのステータスが「Enhanced」になり、どこかで見たような専用のマークが点灯する。

 DSD256変換のシグナルパス。


 352.8kHz変換のシグナルパス。



 ここで気になるのはサンプルレート変換時のCPUの使用率。

 無変換で再生した場合の使用率は極小。ただ、Roon 1.2に比べてだいぶメモリの使用量が増えているような……


 352.8kHz変換では微々たる変化だが、


 DSD256変換では一気にCPUの使用率が上昇する。

 
 Core i7-6700Tを積んだcanarino Filsでコレなので、機器のスペックによっては相当厳しいことになるのではないだろうか。


 純粋な再生ソフトとしても、Roonの機能拡張は続いている。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Server on NAS  元々は一人のユーザーが始めた試みに、本体が合流した

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑