*

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3!



Roon 1.3 Is Live! – Roon Labs

Roon 1.3のプレビュー

Roon、最新版「1.3」をリリース。アップサンプリングやEQなど大幅な機能追加 – Phile-web


Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編


 というわけで続き。


 とりあえず、設定画面・ゾーン選択画面ともにデザインが少々変わっている。






・マルチチャンネル音源の再生に対応

 この辺。
 チャンネルレイアウトやら何やら。





・各種DSP機能の搭載

 ライブラリ機能は極めて充実している一方、純粋な再生ソフトとしては機能不足が言われていたRoonにとって、コレが1.3の最大の目玉かもしれない。

 DSP機能はアウトプットごとに「DSP Engine」から設定する。


 個々の機能は以下の通り。


・Headroom Management



・Crossfeed



・Parametric EQ



・Speaker Setup



 Procedural EQとConvolutionは初期状態では隠れている。



・Procedural EQ



・Convolution



 そしてお待ちかねの、


・Sample Rate Conversion


 初期設定は「For Compatibility Only」。つまり「使っているデバイスで再生できるように変換する」のみで、今までと同じ。

 そのほか、一律PCMの最大値まで/DSD変換、もしくは「Custom」(個別設定)が選べる。


 「Custom」では、PCMは44.1kHz~384kHz、DSDはDSD256まで選択できる。
 デバイスが対応すれば、PCM 44.1kHzの音源をDSD256に変換して聴くことも、その逆も可能。



 なお、DSPで何らかのプラスの変換(PCMのアップサンプリングやDSD変換など)をかけると、Roonのシグナルパスのステータスが「Enhanced」になり、どこかで見たような専用のマークが点灯する。

 DSD256変換のシグナルパス。


 352.8kHz変換のシグナルパス。



 ここで気になるのはサンプルレート変換時のCPUの使用率。

 無変換で再生した場合の使用率は極小。ただ、Roon 1.2に比べてだいぶメモリの使用量が増えているような……


 352.8kHz変換では微々たる変化だが、


 DSD256変換では一気にCPUの使用率が上昇する。

 
 Core i7-6700Tを積んだcanarino Filsでコレなので、機器のスペックによっては相当厳しいことになるのではないだろうか。


 純粋な再生ソフトとしても、Roonの機能拡張は続いている。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 音質編

 みんな大好き音質編。  今回は魔境マシマシ。  「サーバーで音は変わる」ということだけでなく、

記事を読む

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベロではない。 星座名の

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio A

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Powell / ヒックとドラゴン

・アーティスト / アルバムタイトル John Powell / ヒックとドラゴン

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑