*

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。


Cocktail Audio CA-X50 – 言の葉の穴

<HIGH END>リンデマンやCocktail Audioなど、RoonReady機が多数/constellation audioも一体型オーディオ – Phile-web


 いつぞや紹介したCA-X50は結構前からRoon Readyになっていた

 残念ながら、

CPU: Dual Core ARM Cortex A9 running at 1.0GHz
Main Memory: DDR-1066 1GByte

 このレベルのスペックでは、Roon Serverとして動くのは到底無理なのだろう。

 あくまでCA-X50はストレージを内蔵可能な、CDのリッピングまで含めて音源を一手に管理可能な「ミュージックサーバー」である。
 それが処理能力の関係でRoon Serverになることができず、Roon Readyプレーヤー――実質的にRoonのシステムにおける単なるネットワーク接続のDACの立場に甘んじるというのは、製品の立ち位置を考えればなかなか複雑なところではある。
 もちろん、対応しないよりは対応してくれる方がよっぽどいいのだが……

 ミュージックサーバーにもプレーヤーにも、Roonの浸透と拡大は続く。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第216回『パルプ・フィクション』

なんだこのクソくだらない映画は……たまげたなぁ……(褒め言葉 画質:9 音質:9

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【BDレビュー】第285回『ベイマックス』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

 KinskyはLINN純正のコントロールアプリである。  それでいて、なぜかDSのコントロールア

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑