*

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 前回の続き。
 Roon Remoteだけでなく、やっぱり完全なRoonもきちんと検証すべきだろうと。

 ノートPCの具体的なスペックや、Roon Remoteとして使うとどうなのかは前回の記事を参照。



 それでは、ここでめげずに「Unauthorize」を選択。

20160207roonノート10

 すると現状の母艦PCの認証が解かれ、別のPCを母艦として使えるようになる。

 そしてノートPCを母艦PCに。
 本体だけでは容量が足りないので、音源のストレージにUSB3.0で接続したLUMIN L1を使った。L1の中身はSSDで、Inspiron 13zの内蔵SSDと同等以上の速度は出ている……はず。
20160207続Roonノート02

 音源のインポートが行われ、特に問題なく完了。
 いつもの画面。
20160207続Roonノート03

 アルバム一覧をがーっとスクロールする。
20160207続Roonノート04

 Roon Remoteとして使う際よりももう一段滑らかさに欠け(要するにフレームレートが低い)、アルバムアートの表示もわずかに遅れる印象だが、スクロールの速度自体に差はない。
 ガタガタというわけではなく、特に不満は感じない。


 TIDALの表示も何ら問題なし。
 やはりデスクトップPCに比べてスクロールの滑らかさに差はあるが、諸々のデータをネットから持ってきている関係上、ローカルの音源よりもその差は小さい。
20160207続Roonノート05


 再生を行う。
 ノートPCの本体スピーカーで44.1kHz/16bit、繋いだiFI nano iDSDでDSD128、ネットワーク上のLUMIN A1にAirPlayで44.1kHz/16bit、Nexus9のRoon RemoteでTIDAL、これらを同時に再生する。
 ここまでやっても、レスポンスの低下や不安定感はなし。
20160207続Roonノート01


 結論。

 推奨環境を満たさない4年以上前のノートPCでも、じゅうぶんRoonは使える


 ちなみに、Roon的にはアルバムが3000~5000枚で「中規模なライブラリ」と見なされ、推奨環境は概ねこの辺を意図しているようだ。
 そして4Kモニターを使いつつアルバム2万枚のライブラリともなれば、そりゃ強力なi7に加えて大量のRAM、SSD、さらにディスクリートのグラボがいるよね、とのこと。

 とりあえず、アルバムが1000枚そこそこの規模のライブラリであれば、あまりPCのスペックを気にする必要はなさそうだ。



 ノートPCでの検証を終えてデスクトップPCを認証し直し、さーてまたライブラリのインポートか……と思っていたら、即座に環境が復元された。
20160207続Roonノート06

 ライブラリの状態は言うに及ばず、出力先の設定、再生中だった曲の再生位置に到るまでそっくりそのまま。認証解除前の状態を完璧に保存していたのだなあと感心しきり。

 このユーザビリティとホスピタリティ。

 うーむ、流石。



【レビュー】Roon

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

良くある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑