*

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Windows Edition」 – Phile-web


 RoonReady立ち上げの最初期から、「オーディオ機器としての単体Roon Server」としてAntipodes DX Music Serverと共に名を連ねていたSOtM sMS-1000SQ Windows Edition。名前のとおり、Windows(Windows Server 2012もしくは8.1)がOSのPCベースのミュージックサーバー。
 つまるところ、かっこよくパッケージングされたオーディオ用PCである。ソフトウェア的な最適化のためにAudiophileOptimizerを採用しているのも特徴と言えるか。
 ちなみに、Windows Editionではない無印のsMS-1000SQはLinux(Vortexbox)ベースのミュージックサーバーである。

 パッと製品ページを見てもCPUやらメモリやらの記載はないが、Roon Serverを謳うからにはそれなりのスペックを持つのだろう。さすがにここまでする必要はないと思うが、常識的な範疇での推奨環境くらいはあるはず。
 ところでSOtMといえば、canarino filsUSB出力でもお世話になった。

 お値段はストレージの構成によりけりとは思うがとりあえず本体が3500ドル、外部電源ユニットのsPS-1000が1000ドル。
 canarino filsによりオーディオ機器的な化粧を施せばこんな感じになるんだろうな、と。


Roon Serverの重要性――RoonReadyを本当に活かすために必要なもの

 私はこの記事で、

「サーバー(ライブラリ機能)」と「プレーヤー(再生機能)」を兼ねるRoon Serverは、Coreのスムーズな動作のために、必然的にPCか、限りなくPCに近いハードウェアを使わざるを得ない。(中略)例えばネットワークオーディオ用のNASとして確固たる地位を築いているQNAPでも、スペックの問題からよほどの上位モデルでない限りそもそもCoreが動くまい。あるいはどうにか動いたとしても、ガタガタの挙動では、高度なユーザー・エクスペリエンスが本懐であるRoonの真価を味わえるとはとても言い難い。 


 と言ったが、SOtMのボスも、

SOtMのプレジデントであるil won Lee氏は「Roonは優れたアプリケーションですが、使用環境を選ぶ側面があるのも事実でした。sMS-1000SQ Windows Editionは、そうしたRoonならではの問題点を解決して、より快適にRoonの素晴らしさを体験していただける仕組みになっています」と語る。


 と言っている。
 うむ。なにせ推奨はi5(Ivy Bridge以降)、オーディオ機器としては大変である。

 RoonReadyで騒ぐのもいいが、Roon Serverの必要性を忘れてはならないのである。


 そしてRoonReadyプレーヤーのsMS-200も登場。
 exaSound PlayPointSonore Sonicorbiter SEと同じく、RoonReady以外にもDLNAやらMPDやらHQPlayer NAAやら、ありったけの機能を突っ込んだネットワークオーディオトランスポートである。

 個人的には別にそんなに……と思わなくもないが、マシンスペックやソフト的に実現できる機能であるならば全部盛り込んでしまえ、というのが最近の「プレーヤー」ジャンルの流れなのかもしれない。実際に使うかどうかは別として、選択肢が多いに越したことはないのも事実だもんな。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第208回『ノエイン』

画質:5 音質:8 映像はAVC、音声はリニアPCMの16bitステレオ 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑