*

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 LUMIN, PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote


 LUMINはCESの時点でプレーヤーのRoon Ready対応を表明しているが、実装がいつになるかはまだわからない。

 ただし、Roonは非Roon Readyのネットワークオーディオプレーヤーに対してはAirPlayでデータを送ることができる。

 そしてAirPlayを使うことで、AirPlayだけに音質は担保されないにしても、USB DACと同一のユーザビリティが得られる

 すなわち現状でも、少なくともユーザビリティの点において、後のRoon Readyと同等の体験ができるのである。

 いずれLUMIN A1はRoon Readyになるわけだし、雰囲気を先取りしてみたい。



 さて、Roonは何も設定せずとも、どんな音源でも再生できてとりあえず音が出る。

 それこそPCの何もしていない音声出力からでも、352.8kHz/24bitやDSD256が鳴る。
20160207roonlumin10
20160207roonlumin09

 Roon Remote(PC)の何もいじっていない音声出力からでも。
20160207roonlumin11


 「どんな音源でも再生できて音が出る」というこの安心感はAirPlayでも同様。

 ネットワークオーディオプレーヤーでAirPlayを使うためには「Setting」の「Audio」から。
 機器本体のスピーカーや直接繋がったUSB DACなどは「Connected」、ネットワークで繋がったプレーヤーは「Networked」という区分がなされているが、ユーザーがすることは変わらず、ただ「Enabele」を選択するだけ。個々の機器でPCMの上限はどうだとかDSDをどうするとかを設定する必要はあるが、それはまた別の話。
20160207roonlumin07

 すると、AirPlayが出力先=Zoneとして使えるようになる。
 見てのとおり、AirPlayもZoneの一つとして振る舞い、音楽を聴く際に違う操作が求められることはない。
 しかもAirPlayはPrivate Zoneの扱いではないため、Roon Remoteからも自由にコントロールでき、使用するプロトコルと音質以外の操作感はますますRoon Readyに等しい。
20160207roonlumin06

 ちなみに設定から「Add Network Device」を選ぶと、Roonと併用可能なHQPlayerが姿を現す。選択するとホストネームかIPアドレスの入力が求められる。
20160207roonlumin08

「BETA」とあるが、Roon Readyプレーヤーの追加もこんな感じで行うのだろうか。Roonが存在を認識した時点で勝手に表示されてくれれば面倒がなくていいのだが。
 →その線で間違いないようだ。参考:Computer Audiophile フォーラムの投稿


 そして、AirPlayで再生する。

 AirPlayであっても、DXDだろうがDSDだろうがことごとく再生できる。音が出る。
 怒涛のシグナルチェイン。Low Qualityでもいいんだよ別に。だってAirPlayなんだから。
20160207roonlumin02
20160207roonlumin01
20160207roonlumin03
20160207roonlumin04


 「細かいことは抜きにしてとにかく音が出る」というのはRoonの大きな美点である。Roon Readyプレーヤーに対してもこの美点は発揮されるはず。むしろそうでなかったらがっかりである。

 ちなみにLUMIN A1はDSD64までにしか対応しない。中身のWM8741の仕様的な問題から、これ以上の対応は無理だろう。
 ま、それはいい。DSDにどこまで対応するかなんてのは、ネットワークオーディオプレーヤーの本懐ではないからだ。
 ただ、DSD128やらDSD256やらが再生できないというのは単純に不便なことも確かだ。前述のRoonの美点はこういう点で嬉しい。
 もちろんこれはプレーヤーが対応しない音源の場合で、それ以外の音源は一切の変換がかからない環境で聴くだけだ。

 ネットワークオーディオプレーヤーをAirPlayで使うか、Roon Readyで使うかの違いは、それこそベースとなるプロトコルの違い――要は音質が担保されるかどうか、くらいのものだ。
 今回はRoon Readyの「雰囲気」を味わうべくAirPlayを使ったが、実際のRoon Readyとて「やること」は変わらない。
 Roonにおいては、USB DACでもAirPlayでもRoon Readyプレーヤーでも、音楽再生のユーザビリティは完全に同一なのである。


 Roon ReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 ユーザビリティそのものは既に出来上がっているものであり、ネットワークが絡むとはいえ、Roon ReadyはあくまでRoonの全体像の中で語られるべきものだ。

 Roonの本質にして本懐はあくまで強力無比なライブラリ機能と、それによって生まれる「音楽の海」という体験にある。
 この体験は本当に楽しい。面白い。多くの人に味わってもらいたいと願っている。
 そしてそのために、使えるプレーヤーは多いに越したことはない。

 いやはや、LUMINがRoon Readyに成る日が待ち遠しい。


→LUMINがRoon Readyになったような



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第231回『紅の豚』

画質:9 AVC ラピュタ以降、耳をすませばで、ジブリにおけるフィルム作品のBD化は完成された

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑