*

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。


Roon Does…Hardware – AudioStream


 Roonを手掛けるRoon Labs自身から単体Roon Serverが登場。

 今年のミュンヘン・ハイエンドにおける最大のニュースかもしれない。

 その名も「Nucleus」。
 意味は「核」。まぁRoon Serverだし、Coreが動いてるしね。
 あと、ひょっとして「NUC」にもかけているのか?

 ハードウェア的にはCPUが強力であることを除けば、ファンレスである等の点も含めてFidelizerが出しているNimitra Computer Audio Serverに似ている。
 なお、ソフトウェアには1.3で登場した例のRoon OS(※)を搭載しており、そういう意味でも動作や音質面で期待できる。

(※)
Roon OSは現在「ROCK」=Roon Optimized Core Kitの名称で呼ばれている。
要はNUCを買ってきてROCKをぶち込めばあっという間に純粋な単体Roon Serverが出来上がるという代物である。


 価格は第7世代Core i3/4GB RAMの無印モデルが1200ドル、Core i7/8GB RAMの「Nucleus+」が2000ドル。価格にRoonのライセンスが含まれているかどうかは不明含まれていない模様。とりあえず、他メーカーのPCベースのミュージックサーバーや単体Roon Serverと比べて高くも安くもない、という印象。

 それにしてもRoon Labs、あくまでもソフトメーカーとしての立ち位置を貫くかと思っていたが、ハードウェアにも進出するとは。
 もちろん純粋なソフトメーカーとしても、様々な場でソフトの良さをきちんと示すために然るべき品質でソフトが動くハードを用意する必要はあるわけで、この手の製品の登場はむしろ必然だったのかもしれない。


 Roonの核、Nucleus。
 全世界で8月登場とのこと。ところで日本は……?
 はたしてどのように受け入れられるのだろうか。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4月10日(月)です。 当初は

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドシティ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  7月4日と

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑