*

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

Roon Labs

 Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられているので、ここであらためて紹介する。


Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

 上の記事とかなりの部分で重複するが、上の記事はRoon Ready……ネットワークオーディオ方面の拡張性に焦点を当てたもの、この記事はよりRoonそのものの仕組みに焦点を当てたものとなる。


 まずは公式HPからこちらを参照。わかりやすい図解もある。

How Roon works

 Roon ServerだのRoon CoreだのRoon RemoteだのRoon Bridgeだの、今までRoonなんたらと言っていた諸々の要素は、「Core」・「Control」・「Output」の呼称でまとめられたようだ。詳しく見ていけばまたぼろぼろと出てくるが……

 というわけで、ひとつずつ見ていく。



・Core

 文字通り、Roonの「核」
 「音楽の海」をもたらすライブラリ機能と、音源の再生機能と、「Output」への音声データ出力を担う。

 ひとつのRoonシステムにつきひとつの「Core」。
 「Core」が機能するPCのRoon(※1)や単体Roon Server(※2)はいわば「母艦」となる。

 HPの刷新によりRoonは「Core」を中心としたソフト・システムであることが明確にされ、メンバーシップの購入ページでも、「Coreひとつにつきこの金額!」と明記された。

(※1)いわゆる全部入りのRoonで、設定で「このPCを音源の管理に使う=Coreを有効化する」・「このPCをリモートコントロールに使う」を選択する
参考:Roon 導入編

(※2)すなわちRoon Serverとして機能するオーディオ機器を指す
参考:Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの



・Control

 文字通り、Roonの「コントロール」
 「コントロールするためのインターフェース」と捉えればわかりやすいか。
 ここで表示される諸々の情報は「Core」から送られるため、使用する端末によらず共通のユーザー・エクスペリエンスが得られる。

 コントロール機能を担う母艦以外のPC(のRoon)や、スマホ/タブレット用アプリは「Roon Remote」と呼ばれる。

 なお、システムの中で「Core」がひとつなのに対し、「Control」を担うデバイスに数の制限はない。



・Output

 Roonで一番理解がめんどくさい部分。

 Roonでは「音を出すデバイス」と表現している。
 「再生」という言葉は使いどころが難しく少々アレだが、一般には「再生デバイス」と言ったほうがわかりやすいと思う。

 「Core」が音源の再生(データ処理)を行い、そのうえで「Output」に音声データを出力する。「Core」からのデータを受けて、「Output」が「音を出す」
 物凄く単純に言ってしまえば、「Output」はDAC / DDCに相当する。
 字面的にちょっとややこしいが、「Output」とは「Coreから見た出力先」でもある。

 「Core」と「Control」が「機能」または「役割」であるのに対し、「Output」はどちらかと言えば「機器」の性格が強い。
 一方で、例えばHQ Playerなど、ソフトウェアベースのOutputもある。この場合でも、インターフェースはRoon、再生エンジンはOutputになるソフトのものを使うことで、両者の強みが活かされる。

 ちなみに、Roonでは複数のデバイスに対して同時かつ個別に音楽再生が可能。
 使う機器次第では同期再生もできる。

 Roonのバージョン1.2でRoon Bridgeが実装され、Roon Bridge(Output単体)とRoon Remote(Control + Output)が実質的にRoon Readyプレーヤーとして機能するようになった。Roon BridgeはOutput単体のソフトウェア・パッケージであると同時に、それが機能している機器も意味する。
Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 「Roon Readyに対応するOutput」という文脈ではRoon Readyプレーヤーと呼び、システムにおける「ネットワークに繋がっているOutput」という文脈ではRoon Bridgeと呼ぶ。
 微妙にニュアンスが違ってえらいややこしいが、両者に機能的な違いはない。

 あくまで「機器」として見た際の一応の使い分けとしては、

・Roon Readyプレーヤー
最初からオーディオ機器としてパッケージングされたRoon Ready対応機器。
UPnP/DLNAに対応している場合も多く、その意味でも「プレーヤー」である。
ちなみに「プレーヤー」と呼んではいるが、Roonのシステムで再生機能を持っているのはCoreなので、あくまでも「再生機能を持たないRoonのOutput」であることを示そうと思えば、「Roon Readyデバイス」とでも呼ぶのか相応しいか。

・Roon Bridge
ユーザーサイドでRoon Bridge(この場合はソフトウェア・パッケージ)をインストールし、RoonのOutputとして機能するようになった機器。
もしくは、UPnP/DLNAなどに対応しない=「プレーヤー」としての機能を持たない、RoonのOutputであることに特化したオーディオ製品。「DAC一体型のRoon Bridge」とは、つまるところ「ネットワークDAC」のことである。

 ……という認識でいいと思われる。
 Roon ReadyだろうがRoon BridgeだろうがRoonのOutputであることに変わりはなく、いずれにせよ意味は通じる。


 各要素のさらに詳細な内容はコチラを参照。



 で、これらの要素は組み合わせによって以下のソフトウェア・パッケージになっている。

Roon (Core + Control + Output) つまり全部盛り
Roon Remote (Control + Output)
Roon Server (Core + Output)
Roon Bridge (Output)



 さらに、「実際に担う機器」ベースで考えると、こうなる。
 


・全部入りRoonをインストールしたPC(母艦)
=Core + Control + Output


 ライブラリ機能と再生機能とデータ出力を担い(Core)、それ自体でコントロールでき(Control)、PC本体=内臓のサウンドカードから音が出る(Output)。



・単体Roon Server(母艦)
=Core + Output


 ライブラリ機能と再生機能とデータ出力を担う(Core)。
 UIを持たない(Controlがない)ため、操作はRoon Remoteから行う。
 一応Outputを内蔵し、本体から音を出すこともできることになっているが、製品の性格上、独立したOutputの使用を前提とする機器がほとんどのようだ。

 また、Roon ServerはOutputを持っているため、ネットワーク内の他の機器でCoreが動いていれば、その時はRoon Readyプレーヤー/Roon Bridgeとして機能する。
 Roon Serverについての諸々はこの記事も参照。



・RoonをインストールしたPC(母艦以外・※1)
・Roon Remote(アプリ)をインストールしたスマホ/タブレット(※2)
=Control + Output


 Roon(Core)のコントロールを行う(Control)。
 端末それ自体からも音が出せる(Output)。

(※1)出力先のPCにUSB DAC等が接続されている場合、そこからさらに再生デバイスを選択可能
参考:4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

(※2)iPadは現状出力先として使えない
そしてスマホ版Roon Remoteアプリはただいま開発中



・PC内臓のサウンドカード
・USB DAC / DDC
・AirPlay対応デバイス
・Roon Readyプレーヤー/Roon Bridge(DAC内蔵またはトランスポート)
・その他の対応製品(SqueezeboxとかHQPlayerとか)
=Output


 Coreからデータを受け、実際に音を出す(Output)。
 つまり再生デバイス。DACかDDCかは問わない。
 なお、RoonではOutputとの接続がUSBかLANかは実使用上さして重要ではなく、Roon Readyの単体ネットワークオーディオプレーヤーであっても、あくまでひとつの出力先として扱われる。



 これらを組み合わせると、こうなる。


・RoonをインストールしたPC + Roon Remote端末
=[Core + output] + Control

・RoonをインストールしたPC + Roon Remote端末 + USB DAC
=Core + Control + Output

・RoonをインストールしたPC + Roon Remote端末 + Roon Readyプレーヤー
=Core + Control + Output

・単体Roon Server + Roon Remote端末 + Roon Readyプレーヤー
=Core + Control + Output



 Core(再生機能)とControlを独立させることで、Roonは他の再生ソフトがそうであるように、PCとUSB DACのシステムをいともたやすくネットワークオーディオに発展させることができる。
 またRoon Readyのおかげで、Roonの未曽有のユーザー・エクスペリエンスを、音質劣化なしで、単体ネットワークオーディオプレーヤーでも楽しめる。

参考:
ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』
全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生


 Roonでネットワークオーディオを実践するだけなら、必ずしもRoon Readyプレーヤーが必要というわけではない。

 ただしRoon Labsとしては、UPnP/DLNAベースのしょぼくれたユーザー・エクスペリエンスや、便利だが音質の劣化が避けられないAirPlayを引き合いに出し、それらを乗り越えたものとしてRoon Readyの価値を訴求している。ユーザーに対してはもちろん、製品を作る側に対しても、「うちの仕組み採用すれば楽だしいいこと尽くめだよ」という風に。
 また、Roon(Core)のスムーズな動作のためには母艦に比較的強力なCPUが必要であり、CPUの与える悪影響から再生デバイス(Output)を遠ざけるという点でも、Roon Readyの仕組みは有効だとしているようだ。音質議論ほど恐ろしいものはないので、その辺はお手柔らかにお願いしたいものだが。
 
 

 色々と書いてきたが、とにかくRoonは使ってナンボである。
 音源をインポートすれば全自動で魔法がかかるので試すのに手間もいらない。

 是非ともRoonならではの「音楽の海に漕ぎ出す」という体験をしてもらいたいと思う。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

リッピングソフトで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  いよいよ魔境

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑