*

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで

「いつもRoonをサポートしてくれてありがと! こっちで協力できることがあれば何でも言ってね!」

 と言われたので、いろんな意味で

「ミュンヘンで見たRoon Readyのサインがほしいなー……」

 と言ってみたら、

「よし送るわ」

 ということで、もらった。


 これでも私もRoon Readyだ。

RoonReadyサイン01

 本国のお墨付きである。

 しかも光る。

RoonReadyサイン02


 それにしても、LUMIN A1より前に私自身がRoon Readyになるとは思わなんだ。

RoonReadyサイン03



 「音源の管理運用」という観点から、私はRoonのことをかつてない魅力を持つソフトと捉え、様々に紹介してきた。RoonはPC/ネットワークオーディオの領域において常に暗い影を落としてきた「音源管理」の問題を解決する有効な一手となり、クラウドの音源にまで拡大する「音楽の海」は紛れもなく未曾有の体験だ。
 一方で、私は既存の優れたプラットフォームの価値を最大限認めてきたし、今でもその立ち位置は変わらない。
 例えばLINNやLUMINをはじめとするOpenHome陣営は、「OpenHomeであること」と「優れたユーザビリティが実現されること」がほぼ同義になるまで成熟が進んでいる。OpenHomeはユーザー自身の意思を反映させたライブラリを活用するための極めて洗練された方法であり、Roonが登場したところでその価値は揺るがない
 
 Roonは単独で万全・完璧なソフトではないし、従来のシステムを否定・駆逐するものでもない。決して馬鹿の一つ覚えでRoonを紹介しているのではない。
 「素早く聴きたい曲に辿り着いて再生する」という純粋な音楽再生用途を考えれば、Roon色で染め上げられたライブラリの諸相はユーザーの認識と乖離してスムーズなブラウズを妨げ、インターフェースのデザインは膨大な情報の活用を意図しているせいで煩雑にしてまどろっこしい。また、当然「魔法」にだって限界はある。
 そして何より、Roonを使うからといって、ユーザーの手による音源管理とライブラリ構築の必要性が消えてなくなるわけではない。インポートした音源に自らのデータベースから情報を付加できなかった時、Roonが最終的に頼るものは、結局ユーザー自身が付加したタグなのだ。

 実際に私は自分自身でライブラリを構築し、OpenHomeのシステムで、それらがもたらす素晴らしい快適性を享受してきた。今後もそれを捨て去るつもりはない。
 他のプラットフォームの価値を認め、実感しているからこそ、今までずっと音源管理の必要性と重要性に向き合い、実践の難しさを痛感してきたからこそ、今までにないRoonの魅力も分かるのである。
 素晴らしいプラットフォームは幾つもあり、Roonとは体験の質が違うのだから、一人のユーザーとして、それぞれ否定し合うことなく、両立・共存することを切に願っている。

 私はネットワークオーディオに大きな可能性とオーディオの未来を見出し、その意義と魅力を紹介してきた
 その意味で、まさに同じ志を共有する者として、Roonとこのような繋がりが得られたことは非常な喜びである。

 Roonに限らず、何に対しても無条件かつ全面的な礼賛をするつもりは毛頭ないが、胸を張って良いものを良いと言える姿勢はこれからも貫いていきたい。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Springsteen / Born

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

【レビュー】LUMIN T1 & D1

LUMIN T1 & D1 来たる LUMIN T1 & D1 ハード編 LUMIN

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K UHD BDが12月20日に

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいことベースの横断的な再生ソフト紹介

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑