*

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD




画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC
音声:リニアPCM 5.1ch 96kHz/24bit ドルビーTRUEHD 5.1ch 48kHz/24bitも収録



○画質
 Panasonic DMP-UB90とVictor DLA-X30でのダイナミックレンジ変換を経たうえで見る画は、白が飛ぶうえに色彩が抜け落ちるという、本来HDRに期待されるものとは正反対のものとなってしまった。白いドレスで舞台に立つシーンなどは特に厳しい。HDR非対応のディスプレイで見るぶんには、あくまでもSDRの領域内で稠密かつ完璧に仕上げられていたBDに比べると、明らかな劣化を感じると言わざるを得ない。
 「お前の画質設定がおかしいのだ」と言われるのかもしれないが、『X-MEN: アポカリプス』『レヴェナント』のように現状の設定で神がかった画を見せるタイトルも存在するため、それもいかがなものか。
 とはいえBDに比べて全体的にS/Nや情報量の向上も感じられ、白飛びが派手に発生する一方、高輝度方向に表現の幅が広がっていることも確かである。
 「完璧だったBDに比べて色彩の減退と白飛びが発生する」という印象は『パシフィック・リム』『ローン・サバイバー』で感じられたものと同様であり、むしろこれらのタイトルは、HDR対応ディスプレイで見ないとまったく真価を発揮できないという突き詰めた画作りがされているのかもしれない。

○見どころ
 オープニング
 マスカレード


○音質
 怒涛のリニアPCM 5.1ch 96kHz/24bit収録!
 ついでにドルビーTRUEHDも5.1ch 48kHz/24bitで収録!
(※BDはリニアPCM・ドルビーTRUEHDともに48kHz/16bit収録)
 ギャガの商品情報にはその手の記載がなく、お得意のドルビーTRUEHD 5.1ch Advanced 96K Upsampling収録もなしか、と思っていたら、なんとリニアPCMで96kHz/24bitを収録してくるとは。
 さすがギャガ。これ以上ないくらいに最高。いくら褒めても褒め足りない。
 UHD BD収録のドルビーTRUEHDの時点で、BD収録のドルビーTRUEHDから大きな改善があり、特に低域の解像感の向上が著しい。
 そしてリニアPCMになると、もはや素の状態の包囲感でさえUHD BD収録のドルビーTRUEHDにDolby Surroundを掛けた状態を凌駕する圧倒的な音が聴ける。
 リニアPCMは解像感・繊細さ・力強さのすべてを兼ね備えた、BDとは完全に別物という圧巻の仕上がり。ソロの歌唱パートなどは、音楽ものの作品として久々に鳥肌が立つほどの体験を味わった。
 そうなのである。オブジェクトオーディオがどうこう言う前に、こういうチャンネルベースでの本質的な音の良さこそ、真っ先に評価されるべきなのである。

○聴きどころ
 すべて


○総評
 「BDのクオリティ」という点で、ギャガはディズニーと並んで最も信頼に値するメーカーのひとつである。
 それはUHD BDにおいても変わらないということが、『オペラ座の怪人』によって証明された。画だけでなく、音においてすら歴然たる向上を実現したことには惜しみない称賛を送る。高いだけの価値は間違いなくある。
 画は……まぁ暫定評価だし、いずれあらためて評価せねばなるまい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

OPPO Sonica DAC

<ヘッドホン祭>OPPOのネットワークプレーヤー「Sonica DAC」/MrSpeakersの静電

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

おかえり、SongBook

2014/10/26 さらば、SongBook 2014/11/19 コントロールアプリの黄昏

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑