*

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD




画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC
音声:リニアPCM 5.1ch 96kHz/24bit ドルビーTRUEHD 5.1ch 48kHz/24bitも収録



○画質
 Panasonic DMP-UB90とVictor DLA-X30でのダイナミックレンジ変換を経たうえで見る画は、白が飛ぶうえに色彩が抜け落ちるという、本来HDRに期待されるものとは正反対のものとなってしまった。白いドレスで舞台に立つシーンなどは特に厳しい。HDR非対応のディスプレイで見るぶんには、あくまでもSDRの領域内で稠密かつ完璧に仕上げられていたBDに比べると、明らかな劣化を感じると言わざるを得ない。
 「お前の画質設定がおかしいのだ」と言われるのかもしれないが、『X-MEN: アポカリプス』『レヴェナント』のように現状の設定で神がかった画を見せるタイトルも存在するため、それもいかがなものか。
 とはいえBDに比べて全体的にS/Nや情報量の向上も感じられ、白飛びが派手に発生する一方、高輝度方向に表現の幅が広がっていることも確かである。
 「完璧だったBDに比べて色彩の減退と白飛びが発生する」という印象は『パシフィック・リム』『ローン・サバイバー』で感じられたものと同様であり、むしろこれらのタイトルは、HDR対応ディスプレイで見ないとまったく真価を発揮できないという突き詰めた画作りがされているのかもしれない。

○見どころ
 オープニング
 マスカレード


○音質
 怒涛のリニアPCM 5.1ch 96kHz/24bit収録!
 ついでにドルビーTRUEHDも5.1ch 48kHz/24bitで収録!
(※BDはリニアPCM・ドルビーTRUEHDともに48kHz/16bit収録)
 ギャガの商品情報にはその手の記載がなく、お得意のドルビーTRUEHD 5.1ch Advanced 96K Upsampling収録もなしか、と思っていたら、なんとリニアPCMで96kHz/24bitを収録してくるとは。
 さすがギャガ。これ以上ないくらいに最高。いくら褒めても褒め足りない。
 UHD BD収録のドルビーTRUEHDの時点で、BD収録のドルビーTRUEHDから大きな改善があり、特に低域の解像感の向上が著しい。
 そしてリニアPCMになると、もはや素の状態の包囲感でさえUHD BD収録のドルビーTRUEHDにDolby Surroundを掛けた状態を凌駕する圧倒的な音が聴ける。
 リニアPCMは解像感・繊細さ・力強さのすべてを兼ね備えた、BDとは完全に別物という圧巻の仕上がり。ソロの歌唱パートなどは、音楽ものの作品として久々に鳥肌が立つほどの体験を味わった。
 そうなのである。オブジェクトオーディオがどうこう言う前に、こういうチャンネルベースでの本質的な音の良さこそ、真っ先に評価されるべきなのである。

○聴きどころ
 すべて


○総評
 「BDのクオリティ」という点で、ギャガはディズニーと並んで最も信頼に値するメーカーのひとつである。
 それはUHD BDにおいても変わらないということが、『オペラ座の怪人』によって証明された。画だけでなく、音においてすら歴然たる向上を実現したことには惜しみない称賛を送る。高いだけの価値は間違いなくある。
 画は……まぁ暫定評価だし、いずれあらためて評価せねばなるまい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

 何から何までマクロスじゃねーか。 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での

記事を読む

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑