*

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。


 あらためて画質音質の評点を確認してみると、

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 画質:14 音質:14
『デッドプール』 画質:11 音質:11
『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 画質:11 音質:13
『パシフィック・リム』 画質:13 音質:15
『X-MEN: アポカリプス』 画質:14 音質:14
『クリード チャンプを継ぐ男』 画質:10 音質:10
『アメイジング・スパイダーマン2』 画質:11 音質:15
『インデペンデンス・デイ』 画質:9 音質:13
『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 画質:9 音質:8
『マン・オブ・スティール』 画質:14 音質:14
『エクソダス:神と王』 画質:12 音質:12
『チャッピー』 画質:12 音質:14
『ローン・サバイバー』 画質:11 音質:11 
『Sicario / ボーダーライン』 画質:15 音質:13
『レヴェナント: 蘇えりし者』 画質:15☆ 音質:10

 ……点数を付けている私が言うのもアレだが、基本10点満点の評価でこの有様なので、完全なインフレを起こしている。
 そもそも2007年に発売された『007 カジノ・ロワイアル』のBDが画質・音質ともに10点満点の基準なのだから、特に画質はインフレを起こしても仕方がない気もするが。


 画質については、4K/HDRディスプレイが無くとも=既存のフルHDディスプレイであっても、既発あるいは同梱のBDと比べて向上が感じられるものがほとんどである。「ほとんど」と書いたのは、『パシフィック・リム』や『ローン・サバイバー』のように、完璧だったBD版と比べてフルHD環境化では明らかな劣化が見られるものもあるからだ。
 HDRが対応するディスプレイで見た際にどのような効果を発揮するかは今のところ想像するしかないが、非対応の……フルHD/SDRディスプレイで見ても、BDと比べてUHD BDは暗部/明部階調の粘りや高輝度領域での色彩の豊かさなど、一般に「HDRの効果」とされている恩恵を受けられることは興味深い。

 『バットマンvsスーパーマン』や『X-MEN: アポカリプス』など、最初からUHD BDでリリースされるタイトルはフルHD環境下においても非常に素晴らしい画を見せる。しかし、『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』のように、新作であっても期待外れなタイトルも存在するため、やはり『UHD BDならば確実に超高画質』ということにはならない。

 現時点で私が目にした「最も高画質なUHD BD」は『レヴェナント: 蘇えりし者』であり、4K/HDRディスプレイを導入して【UHD BDレビュー】の評価基準を4K仕様に刷新する際には、レヴェナントを画質評価10点満点の基準にしようと思っている。


 音質については、そもそもBDの時点で音声仕様が完成されているため特に言うことはない。
 ただ、「Dolby Atmos/DTS:XはUHD BDにしか収録しない」ということがソフトメーカーの間で現に行われている以上、事実上UHD BDは音質においてもBDに対して有利性があると言わざるを得ない状況にある。でもって、『マン・オブ・スティール』や『チャッピー』など、チャンネルベース音声からオブジェクトベース音声になったことで音質を向上させたタイトルも現に存在する。


 画質面ではフルHD/SDRディスプレイでも、ほとんどの場合でBDに比べて画質の向上が得られる。

 音質面ではBDに比べて音声仕様の面で有利なことが多い。


 よって、「4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?」という問いに対する私の答えは、画質と音質の両面で「受けられる」である。


 特に売り方で色々と納得できない点はあるにせよ、私の場合はそもそも「高画質と高音質は大好きな作品の鑑賞をもっと面白くする」ということでオーディオ・ビジュアルの趣味をやっているのだから、状況(もとい懐具合)が許すなら、UHD BDを買わない理由もない。
 今後は『グラディエーター』や『キングダム・オブ・ヘブン』といった、フィルム撮影のタイトルの4KリマスターによるUHD BD化にも期待したいところだ。

 ただただ、ソフトメーカーにはユーザーの期待を裏切ることなく、「決め打ちとなる最後の映像メディア」としての誇りをもってUHD BDをリリースしてほしいと願うばかりである。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1Z/N1Aの新モデル

DELA「N1Z/N1A」、ハードウェアを刷新した新モデル - 電源強化やUSB-DAC端子追加など

記事を読む

【祝】ChorusDS復活!!!

 王者の帰還。  相変わらずLINN DSでしか使

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第153回『THIS IS IT』

画質:無評価 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【インプレッション】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. […] 4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか? | 言の葉の穴 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑