*

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。


 あらためて画質音質の評点を確認してみると、

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 画質:14 音質:14
『デッドプール』 画質:11 音質:11
『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 画質:11 音質:13
『パシフィック・リム』 画質:13 音質:15
『X-MEN: アポカリプス』 画質:14 音質:14
『クリード チャンプを継ぐ男』 画質:10 音質:10
『アメイジング・スパイダーマン2』 画質:11 音質:15
『インデペンデンス・デイ』 画質:9 音質:13
『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 画質:9 音質:8
『マン・オブ・スティール』 画質:14 音質:14
『エクソダス:神と王』 画質:12 音質:12
『チャッピー』 画質:12 音質:14
『ローン・サバイバー』 画質:11 音質:11 
『Sicario / ボーダーライン』 画質:15 音質:13
『レヴェナント: 蘇えりし者』 画質:15☆ 音質:10

 ……点数を付けている私が言うのもアレだが、基本10点満点の評価でこの有様なので、完全なインフレを起こしている。
 そもそも2007年に発売された『007 カジノ・ロワイアル』のBDが画質・音質ともに10点満点の基準なのだから、特に画質はインフレを起こしても仕方がない気もするが。


 画質については、4K/HDRディスプレイが無くとも=既存のフルHDディスプレイであっても、既発あるいは同梱のBDと比べて向上が感じられるものがほとんどである。「ほとんど」と書いたのは、『パシフィック・リム』や『ローン・サバイバー』のように、完璧だったBD版と比べてフルHD環境化では明らかな劣化が見られるものもあるからだ。
 HDRが対応するディスプレイで見た際にどのような効果を発揮するかは今のところ想像するしかないが、非対応の……フルHD/SDRディスプレイで見ても、BDと比べてUHD BDは暗部/明部階調の粘りや高輝度領域での色彩の豊かさなど、一般に「HDRの効果」とされている恩恵を受けられることは興味深い。

 『バットマンvsスーパーマン』や『X-MEN: アポカリプス』など、最初からUHD BDでリリースされるタイトルはフルHD環境下においても非常に素晴らしい画を見せる。しかし、『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』のように、新作であっても期待外れなタイトルも存在するため、やはり『UHD BDならば確実に超高画質』ということにはならない。

 現時点で私が目にした「最も高画質なUHD BD」は『レヴェナント: 蘇えりし者』であり、4K/HDRディスプレイを導入して【UHD BDレビュー】の評価基準を4K仕様に刷新する際には、レヴェナントを画質評価10点満点の基準にしようと思っている。


 音質については、そもそもBDの時点で音声仕様が完成されているため特に言うことはない。
 ただ、「Dolby Atmos/DTS:XはUHD BDにしか収録しない」ということがソフトメーカーの間で現に行われている以上、事実上UHD BDは音質においてもBDに対して有利性があると言わざるを得ない状況にある。でもって、『マン・オブ・スティール』や『チャッピー』など、チャンネルベース音声からオブジェクトベース音声になったことで音質を向上させたタイトルも現に存在する。


 画質面ではフルHD/SDRディスプレイでも、ほとんどの場合でBDに比べて画質の向上が得られる。

 音質面ではBDに比べて音声仕様の面で有利なことが多い。


 よって、「4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?」という問いに対する私の答えは、画質と音質の両面で「受けられる」である。


 特に売り方で色々と納得できない点はあるにせよ、私の場合はそもそも「高画質と高音質は大好きな作品の鑑賞をもっと面白くする」ということでオーディオ・ビジュアルの趣味をやっているのだから、状況(もとい懐具合)が許すなら、UHD BDを買わない理由もない。
 今後は『グラディエーター』や『キングダム・オブ・ヘブン』といった、フィルム撮影のタイトルの4KリマスターによるUHD BD化にも期待したいところだ。

 ただただ、ソフトメーカーにはユーザーの期待を裏切ることなく、「決め打ちとなる最後の映像メディア」としての誇りをもってUHD BDをリリースしてほしいと願うばかりである。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X!!!

 やっぱりというか案の定というか想像通りというか、CES2015においてDTSからもオブジェクトベー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

【おしらせ】『季刊NetAudio vol.17』に記事を書きました

1月19日発売! 『ネットオーディオvol.17』はハイレゾ時代に必須の情報満載!  特集

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - Phile-web  

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. […] 4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか? | 言の葉の穴 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑