*

【UHD BDレビュー】第25回『バトルシップ』 米国盤 【DTS:X】




画質:8
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム撮影・2Kマスター
音声:DTS:X トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:大


○画質
 UHD BDにおけるHDR表現の見本と言っていいような、鋭く伸びた輝きと、高輝度にあっても失われない色彩とディテール。本作にせよ『パシフィック・リム』にせよ、CGまみれのギラついた映像は自然/風景の描写と同じくらい、HDRの恩恵を受ける。特に後者は閃光やメカのハイライトが白飛びせずにしっかりと色が残るため、画面から受ける印象がBDに比べてずいぶんと色彩豊かなものとなっている。
 ダイナミックレンジの余裕は主として強烈な光の表現に振られ、金属のハイライト強化が現実感の向上に少なからず寄与している。一方、ビカビカと光らないシーンでは、晴天下であることを思えばむしろ暗いと感じることもある。
 解像感や情報量の向上はあるにはあるが、HDRに比べると画質への寄与は少ない。登場人物のクローズアップ時のディテールもいまひとつ振るわない。
 それほど出しゃばるものではないが粒状感がしっかりと付加されており、硬質な画の醸成に一役買っている。

○見どころ
 CG全開の光と金属のハイライト


○音質
 喝采。
 猛烈な水しぶきを撒き散らせながら激突する巨大な金属塊が吐き散らす爆音、轟音。CGの光彩にまみれたハイテンションの映像さえ呑み込んで見るものを揺さぶる、映画音響かくあるべしという出来映えである。
 BDの時点で素晴らしかった重厚さ・威力にくわえて、UHD BDではDTS:X収録によってより精緻な移動感を獲得している。「空飛ぶノコギリボール」のように、「それ自体が音を出しながら空間を飛び回る」オブジェクトは、文字通りオブジェクトオーディオの真価を聴かせてくれる。
 音楽がサブウーファー込みで朗々と鳴り、ダイアローグは劇伴と火砲の爆音の渦中にあっても明快に耳に届く。
 瞬間的な威力よりも空間を満たす量感を重視したとおぼしき艦砲よりも、ギチギチギチギチ鋭利な金属音を叫びながら大暴れするノコギリボールの方が、聴いていて面白いと感じた。
 ちなみにBDはDTS-HD Master Audio 5.1ch収録であり、評点を付けるなら13点。UHD BDではディスクリートのチャンネル数が増えたぶん音圧的にもさらなる迫力が得られている。

○聴きどころ
 砲
 空飛ぶノコギリボール


○総評
 ホームシアターがあって、画は上々、音は最高ときたら、あとはもう見るしかあるまい。
 話? こまけえことはいいんだよ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質:8 音質:10 (評価の

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第86回『ゴッドファーザー』

画質:3、条件付6 音質:7 映像はAVC、ビットレートはわりと高めに推移。 音声はドル

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑