*

【UHD BDレビュー】第35回『スターシップ・トゥルーパーズ』 米国盤 【Dolby Atmos】



【BDレビュー】第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』


画質:8
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4Kリマスターだと信じたい
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 9をあげようかとも思った。
 見違えるような進歩である。4Kらしいキレと、画面をのっぺりさせないだけの豊かな情報量が両立している。
 シーンによってはかなり粒状感が強くなるものの、これもフィルムに収められた情報量を払底するまで引き出した結果と見るべきだろう。実際、素の情報量に優れるために粒状感はあれどもノイジーという印象は受けない。光量の多いシーンになると情報量も解像感もさらに磨きがかかり、画の路線こそ違うものの昨今の作品にもまったく見劣りしないレベルとなる。
 そしてCG。本作は20年前のCGが本格的かつ全面的に使われ始めた時代の作品ということで、4KではCGのディテール不足が露呈するのではなかろうかとも思ったが、それはまったくの杞憂だった。よくもまあ20年も前にこれだけのディテールで作り込んだものだ。地平線の彼方から押し寄せ視界を埋め尽くすバグの大群、キレキレの解像感にくわえてHDRによってさらなる力強さを獲得した宇宙艦隊の雄姿など、ディテール不足どころか、4K/HDRの器をもってなお新たに表出する映像美を存分に味わえる。

○見どころ
 バグ
 宇宙艦隊


○音質
 今思えばBD黎明期に登場したBD版から全体の威力が激増し、元から優れていたマルチチャンネル・サラウンド構成もあいまって、銃声もバグの鳴き声も以前とは比べ物にならない迫力となっている。音楽も実に朗々と鳴る。
 威力の強化にくわえて本作の音にさらなる魅力を与えているのがトップスピーカーの徹底的な活用。天高く撃ち放たれるバグのプラズマ砲撃、頭上を吹き抜ける爆風、上空から飛来するバグの一撃など、おおよそ上方向の活用が考えられるありとあらゆるシーンでトップスピーカーが威力もたっぷりに躍動する。宇宙船やバグプラズマキャノンが尾を引いて空間を飛び交う様などは、オブジェクト化の恩恵を受けてBD以上に明瞭な軌跡を描いている。
 あらゆる点で理想的な進化である。素晴らしい。

○聴きどころ
 惑星クレンダス降下作戦
 重量級だ! →虫でお悩み?


○総評
 (UHD BD購入を)ビビるな、命をくれてやれ!



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグランプリ2017」/再生保証!

記事を読む

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。  商売云々を度外視した理想論であることは承知している。  あく

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】「On-Device Playlist」(オンデバイス・プレイリスト)について

ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割  On-Device Playlist。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Sarah McLachlan / Shine On (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sarah McLachlan / Shine On (De

記事を読む

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】toe / HEAR YOU

・アーティスト / アルバムタイトル toe / HEAR YOU ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑