*

【UHD BDレビュー】第35回『スターシップ・トゥルーパーズ』 米国盤 【Dolby Atmos】



【BDレビュー】第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』


画質:8
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4Kリマスターだと信じたい
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 9をあげようかとも思った。
 見違えるような進歩である。4Kらしいキレと、画面をのっぺりさせないだけの豊かな情報量が両立している。
 シーンによってはかなり粒状感が強くなるものの、これもフィルムに収められた情報量を払底するまで引き出した結果と見るべきだろう。実際、素の情報量に優れるために粒状感はあれどもノイジーという印象は受けない。光量の多いシーンになると情報量も解像感もさらに磨きがかかり、画の路線こそ違うものの昨今の作品にもまったく見劣りしないレベルとなる。
 そしてCG。本作は20年前のCGが本格的かつ全面的に使われ始めた時代の作品ということで、4KではCGのディテール不足が露呈するのではなかろうかとも思ったが、それはまったくの杞憂だった。よくもまあ20年も前にこれだけのディテールで作り込んだものだ。地平線の彼方から押し寄せ視界を埋め尽くすバグの大群、キレキレの解像感にくわえてHDRによってさらなる力強さを獲得した宇宙艦隊の雄姿など、ディテール不足どころか、4K/HDRの器をもってなお新たに表出する映像美を存分に味わえる。

○見どころ
 バグ
 宇宙艦隊


○音質
 今思えばBD黎明期に登場したBD版から全体の威力が激増し、元から優れていたマルチチャンネル・サラウンド構成もあいまって、銃声もバグの鳴き声も以前とは比べ物にならない迫力となっている。音楽も実に朗々と鳴る。
 威力の強化にくわえて本作の音にさらなる魅力を与えているのがトップスピーカーの徹底的な活用。天高く撃ち放たれるバグのプラズマ砲撃、頭上を吹き抜ける爆風、上空から飛来するバグの一撃など、おおよそ上方向の活用が考えられるありとあらゆるシーンでトップスピーカーが威力もたっぷりに躍動する。宇宙船やバグプラズマキャノンが尾を引いて空間を飛び交う様などは、オブジェクト化の恩恵を受けてBD以上に明瞭な軌跡を描いている。
 あらゆる点で理想的な進化である。素晴らしい。

○聴きどころ
 惑星クレンダス降下作戦
 重量級だ! →虫でお悩み?


○総評
 (UHD BD購入を)ビビるな、命をくれてやれ!



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Roon Does

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑