*

日本のアニメのUHD BDはどうなる?

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 そもそも、4K解像度/HDR/BT.2020のフルスペックで製作された日本のアニメ作品は存在するのだろうか?
 あるのなら、是非それを明言したうえで、UHD BD化してほしい。


ガンダム初の4K UHD BD「機動戦士ガンダム サンダーボルト」がHDR対応で12月発売 – AV watch

 日本アニメ初? のUHD BDは、あのバンダイビジュアルから。
 見る所を見れば撮影機材からマスター解像度までわかる映画とは違い、日本アニメはどのような環境・マスターで作られているかを知る術がほとんどない。
 今回UHD BD化が発表されたサンダーボルトもその通りで、記事にも、バンダイビジュアルの商品ページにも、マスターの詳細を知るための情報は存在しない。ただ「4KですよHDRですよ凄いですよ」と言うのみである。一応wikiによれば、本作は「ガンダムシリーズのアニメとしては初めて4K画質で制作されている」とのことだが。

 わからない。

→【追記参照】



「アクセル・ワールド -インフィニット・バースト-」UHD BD化。HDR対応も – AV watch

 サンダーボルトに比べれば、むしろこちらの方が買う側にとってはありがたい。
 なぜならば、

UHD BD版に収録する映像は、HDマスターを、エンコード結果に最適化するよう設定して4Kにアップコンバートしたものを使用。HDR対応は、「オリジナル画質を忠実に再現した上でHDR領域を拡張した」という。


 このように明記されているからだ。
 これなら、買う人も買わない人も、明確な情報に基づいた判断を下すことができる。

 とはいえ、昨今のプレーヤーやディスプレイは機器の側で4KアプコンやHDR化する機能を備えている。はたしてソフトの時点でアプコンとHDR化を行うのがいいのか、ハードの側で行うのがいいのか、難しいところである。
 もちろんUHD BDを売る側としては「ソフトの時点でアプコン/HDR化したほうがいいに決まってんだろ!」と言うのだろう。しかし、そんなもん実際に見てみなけりゃわからん。


 日本のアニメで真にUHD BDの恩恵に浴する可能性があるとすれば、フィルム製作の作品の徹底的なリマスターが考えられるが、その「徹底的なリマスター」を行えるソフトメーカーは実質ジブリくらいのものだろう。傷まみれ額縁仕様を4Kで出されたところでまったくの無意味である。

 例えばAKIRAのマスターフィルム(あるいはそれに準じるもの)をクライテリオンに引き渡して、クライテリオンの手で徹底的にリマスターした結果のUHD BDなら、たとえ数万円しても手を出すんだがなあ……



【2016/12/15追記】

4K/HDRはアニメにも効果大! ガンダム初UHD BD「ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」を体験 – AV Watch

制作レンダリングにかかる時間なども考慮すると4Kでアニメを作る事は難しく、それでも通常のアニメよりは高解像度で、なおかつ4Kにもアップコンバートもしやすい解像度として1,440×810ドットで作られた。
そこに、パナソニックが4K/HDR映像化の話をもちかけ、実現したのが今回のUHD BD版となる。



“がっかり”BD10選

⑨高解像度で作られていなかったアニメ作品

今でも3DCGの解像度が足りていなかったり、作画素材の解像度が足りていなかったりということが散見されるが、4K時代のアニメはいったいどうなるのだろう


 BDが出た時と状況は全く変わっていないようだ。

 まぁそれはそれとして、サンダーボルトに関してはきちんと情報を出してくれて本当に良かった


 大元のマスターが4K未満だったとしても、高精度なアプコン、潤沢なビットレート、色域の拡大、HDRといった要素により、BDに比べてUHD BD版の方がきっと高画質になるのだろう。実際の画質は見てみないことには何とも言えないにせよ、理屈で考えるなら、その点に異論はない。画質は解像度だけで決まるのではないし、現状では、ハリウッドの大作映画ですら2Kマスターのタイトルが多いくらいだ。

 ただ、UHD BDというかつてない大きさの器を使い、「4K画質」を謳ってBD以上の価格を設定するのなら、せめて「どのように作られたのか」を明示してほしいのである。何も情報がないまま「UHD BDなのだからきっと高画質のはず」という希望だけに基づいて買うのと、色々と納得したうえで買うのとでは、買う側の意識に雲泥の差がある。どうせ買うのなら、納得したうえで買いたいのである。

 たとえマスターに関する情報が何もなくとも、私は「UHD BDなのだからきっと高画質のはず」という希望だけに基づいて買ってしまう種類の人間である。「画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな作品がもっと面白くなり、愛してやまない作品からより深い感動を引き出せる」と信じており、そしてUHD BDはBD以上の画質と音質(※)を実現し得るものだからだ。

 UHD BDを出すなら出すで、映像仕様に関する情報をきちんと明示したうえで胸を張って出してほしいと、オーディオ・ビジュアルを趣味にする者として切に願っている。

※UHD BDにしかオブジェクトベース音声を収録しないなんてことがあるからね……



そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第196回『デスペラード』

画質:7 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった

 何気なく2014/07/07の検索単語を見ていたら背筋が凍った。 2014-07-07

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

【2017/11/15追記】  Twonky Serverはバージョン8.5からWAVのタグが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. smith より:

    『サンダーボルト』のメイキング映像を見る限りでは本作は一般的なTVアニメと同じ大きさの作画用紙で製作されているようです。おそらくB4かと。

    なので手書き部分に関してはスキャンの関係上フルHD程度の解像度しかありません。寧ろ観た感じフルHDで制作されてる他のアニメ作品よりも少し解像感は落ちます。

    https://www.bandaivisual.co.jp/cont/item/BCQA-0001/
    こちらに記されている様に「本商品と同じ技術を用いてテスト的に4KHDR化した」とあるので『サンダーボルト』のマスターは4K以下なのか、あるいはCG等のポストプロセスのみを4Kで行なったのを「4K制作」と言っているのかもしれません。

    • sakakihajime より:

      smithさん

      >手書き部分に関してはスキャンの関係上フルHD程度の解像度しかありません。寧ろ観た感じフルHDで制作されてる他のアニメ作品よりも少し解像感は落ちます。

      普通に考えればそんなこったろうと思います。

      製品ページにある他作品の4K/HDR化に関しては、デジタル製作のORIGIN・UCとフィルム時代のW・0083を一緒くたに扱っている時点で、Wと0083はマスターフィルムのレベルにまで戻って新たに4K/HDRマスターを作るのではなく、BD化の際に作成したデジタルマスターにポストプロセスを施すという方向が見え隠れしています。
      というわけで、smithさんのおっしゃる通りサンダーボルトもマスターレベルで4Kなのではなく、なんらかのポストプロセスで4K/HDR化を行っているのだと思っています。

      UHD BDは過去最高に器の大きな映像メディアです。
      だからこそ、どのような映像マスターを使い、どのようなプロセスを経て作られたUHD BDなのか、売る側が明言してほしいところです。

      【2016/12/15追記】
      後発の記事によれば、フィルム作品についてはフィルムのレベルからリマスターをしているようですね。
      http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1034441.html
      初出の記事中の「同じ技術」とは、つまりHEVCエンコードやオーサリングの行程を指していたということのようで。

  2. 00Q より:

    バンダイビジュアルに問い合わせたところ、サンダーボルトのUHD BDは2Kサイズを4Kサイズにアップコンバートしたものをマスターにしてるそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑