*

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】






画質:10
音質:12
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6.5K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:大


○画質
 全編に渡ってケチの付け所が見当たらない超高画質。この画を見てしまうと、もうマスターが2Kだなんだという話は彼方に吹っ飛ぶ。
 前々作は言うまでもなく、前作と比べても完全に異次元の向上である。この三年でいったい何が起こったというのか。
 冒頭の森を行く兵士たちのシーンからしてBDとは異次元の画である。切れ上がる解像感、エイプたちのもはや触れそうなレベルのディテール、粒状感ゼロの極めて透明な空気感は終始維持される。
 HDRの恩恵も随所に満ちる。太陽、空、ライト、炎は常に余裕のある光量と豊かな色彩を両立し、強い光が当たる部分も白飛びせず、むしろさらなるディテールを曝け出す。高輝度と隣り合う影や暗部は決して単純な闇に沈まずしっかりとした情報量を湛える。まばゆい雪原の白の中の白、その中をゆくエイプたちの毛並みの黒の中の黒が同時に、滑らかなグラデーションでもって克明に描写される。濡れて黒々とした体毛がライトに当たり、毛先に浮かぶ微小な水滴が極小の輝きを照り返す。ひたすら自然環境での撮影にこだわった『レヴェナント』に対して本作の映像はエイプをはじめとしてCGまみれなのだが、それでも最終的に映像から受ける印象は同じく「自然」というもの。掛け値なしに、「肉眼で見る世界」に近い感触がある。10点満点!

○見どころ
 シリーズを重ねるに連れて目つきが悪くなるシーザー(主人公のチンパンジー)
 いぶし銀の活躍で魅せるロケット(毛の薄いチンパンジー)
 ぶれない参謀役のモーリス(オランウータン)
 やたらとイケメンなルカ(ゴリラ)
 めんこいノバ(人間)


○音質
 とうとう猿の惑星シリーズもオブジェクトオーディオ化。冒頭の森のシーンからし濃密な空間を味わえる。猿の動作音や鳴き声の配置や移動感は精密そのもので、「鳴るべきものが鳴るべき所で鳴る」というオブジェクトオーディオの理想を体現する。
 全編通じてダイナミックレンジの広い音作り。常に大音量で攻め立てるものではなく、静かなシーンは繊細に囁くように、暴力的なシーンでは迫真の威力を提供する。クライマックスの戦闘シーンにおける爆発力も素晴らしい。
 強いて言えば、トップスピーカーをもっとけたたましく活用してほしかったということくらいか。

○聴きどころ
 アルファオメガ部隊の基地


○総評
 シリーズものなので前々作・前作、さらに言えばオリジナルシリーズを見ていることが前提ではあるものの、作品として超面白く、画質音質ともに超高品質。
 全方位的に最高である。必見。
 でも、シリーズでUHD BDを買うのは本作だけでいいかもしれない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

exaSound PlayPointがRoonReady & Roon Serverで国内一番乗りになったぞ

 一番乗りおめでとう。 exaSoundからネットワークトランスポート「PlayPoint」。

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑