*

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】






画質:10
音質:12
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6.5K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:大


○画質
 全編に渡ってケチの付け所が見当たらない超高画質。この画を見てしまうと、もうマスターが2Kだなんだという話は彼方に吹っ飛ぶ。
 前々作は言うまでもなく、前作と比べても完全に異次元の向上である。この三年でいったい何が起こったというのか。
 冒頭の森を行く兵士たちのシーンからしてBDとは異次元の画である。切れ上がる解像感、エイプたちのもはや触れそうなレベルのディテール、粒状感ゼロの極めて透明な空気感は終始維持される。
 HDRの恩恵も随所に満ちる。太陽、空、ライト、炎は常に余裕のある光量と豊かな色彩を両立し、強い光が当たる部分も白飛びせず、むしろさらなるディテールを曝け出す。高輝度と隣り合う影や暗部は決して単純な闇に沈まずしっかりとした情報量を湛える。まばゆい雪原の白の中の白、その中をゆくエイプたちの毛並みの黒の中の黒が同時に、滑らかなグラデーションでもって克明に描写される。濡れて黒々とした体毛がライトに当たり、毛先に浮かぶ微小な水滴が極小の輝きを照り返す。ひたすら自然環境での撮影にこだわった『レヴェナント』に対して本作の映像はエイプをはじめとしてCGまみれなのだが、それでも最終的に映像から受ける印象は同じく「自然」というもの。掛け値なしに、「肉眼で見る世界」に近い感触がある。10点満点!

○見どころ
 シリーズを重ねるに連れて目つきが悪くなるシーザー(主人公のチンパンジー)
 いぶし銀の活躍で魅せるロケット(毛の薄いチンパンジー)
 ぶれない参謀役のモーリス(オランウータン)
 やたらとイケメンなルカ(ゴリラ)
 めんこいノバ(人間)


○音質
 とうとう猿の惑星シリーズもオブジェクトオーディオ化。冒頭の森のシーンからし濃密な空間を味わえる。猿の動作音や鳴き声の配置や移動感は精密そのもので、「鳴るべきものが鳴るべき所で鳴る」というオブジェクトオーディオの理想を体現する。
 全編通じてダイナミックレンジの広い音作り。常に大音量で攻め立てるものではなく、静かなシーンは繊細に囁くように、暴力的なシーンでは迫真の威力を提供する。クライマックスの戦闘シーンにおける爆発力も素晴らしい。
 強いて言えば、トップスピーカーをもっとけたたましく活用してほしかったということくらいか。

○聴きどころ
 アルファオメガ部隊の基地


○総評
 シリーズものなので前々作・前作、さらに言えばオリジナルシリーズを見ていることが前提ではあるものの、作品として超面白く、画質音質ともに超高品質。
 全方位的に最高である。必見。
 でも、シリーズでUHD BDを買うのは本作だけでいいかもしれない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシステムに比べて音質的にどうなんだ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑