*

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

uhd-bd%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89

画質:10 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 4Kの面影を湛えた超高画質とは言えないにしても(そもそも撮影解像度が足りていない)、HDの土俵においては完璧な画と言える。というよりむしろ、BDとあまり差が無い。
 解像感も情報量もばっちり、無闇な粒状感の負荷はなく、圧縮に伴うノイズもない。老いたロッキーと溌剌たるクリードの様を徹底的に映し出すレベルの画質は終始維持されている。
 ボクシングのシーンは強烈なライトのおかげで一層画がクリアになる。本作に置いてHDRが活かされるシーンと言えば、拳打の応酬で飛び散る血と汗となみだが鮮烈に照らし出される様だろう。

○見どころ
 ライトに照らし出される血と汗となみだ


○音質
 UHD BDなのにオブジェクトベースオーディオ収録じゃないのか……となるかもしれないが、ボクシング映画でオブジェクトオーディオなんて使ってどうすんだ、という気がしないでもない。
 ボクシングシーンの打撃音は現実的な範疇ながら鋭く重く、見るものに血と汗となみだを流させるにはじゅうぶんすぎる出来映えである。
 また、7.1chを存分に生かした音楽の鳴りは品位・盛り上がりともに素晴らしく、最終戦の最終ラウンドの展開は泣ける。
 明朗快活なダイアローグも好い印象を残した。

○聴きどころ
 ロッキーのテーマ→クリードのテーマへの見事すぎる遷移


○総評
 DMP-UB90のプレゼントキャンペーンの片割れ。
 決して品質が悪いわけではないのだが、正直言って作品の映像・音響的にBDでじゅうぶんな気もする。
 結局は「UHD BDで持っておきたい」と思えるほど作品が好きかどうか、である。
 ちなみにクリード役の俳優は『クロニクル』にも出ていたことを後から知った。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 - avwatch

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / frasco ・購入元 OTO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑