*

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

公開日: : 最終更新日:2017/08/13 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・追記】



uhd-bd%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89

画質:7 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:10)
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 4Kの面影を湛えた超高画質とは言えないにしても(そもそも撮影解像度が足りていない)、HDの土俵においては完璧な画と言える。というよりむしろ、BDとあまり差が無い。
 解像感も情報量もばっちり、無闇な粒状感の負荷はなく、圧縮に伴うノイズもない。老いたロッキーと溌剌たるクリードの様を徹底的に映し出すレベルの画質は終始維持されている。
 ボクシングのシーンは強烈なライトのおかげで一層画がクリアになる。本作に置いてHDRが活かされるシーンと言えば、拳打の応酬で飛び散る血と汗となみだが鮮烈に照らし出される様だろう。

【4K/HDR環境での追記】
 HDRの恩恵はたいして感じられず、解像感の向上もそれほどでもない。
 とはいえ全編通じて安定した、上質な画であることは間違いない。

○見どころ
 ライトに照らし出される血と汗となみだ


○音質
 UHD BDなのにオブジェクトベースオーディオ収録じゃないのか……となるかもしれないが、ボクシング映画でオブジェクトオーディオなんて使ってどうすんだ、という気がしないでもない。
 ボクシングシーンの打撃音は現実的な範疇ながら鋭く重く、見るものに血と汗となみだを流させるにはじゅうぶんすぎる出来映えである。
 また、7.1chを存分に生かした音楽の鳴りは品位・盛り上がりともに素晴らしく、最終戦の最終ラウンドの展開は泣ける。
 明朗快活なダイアローグも好い印象を残した。

○聴きどころ
 ロッキーのテーマ→クリードのテーマへの見事すぎる遷移


○総評
 DMP-UB90のプレゼントキャンペーンの片割れ。
 決して品質が悪いわけではないのだが、正直言って作品の映像・音響的にBDでじゅうぶんな気もする。
 結局は「UHD BDで持っておきたい」と思えるほど作品が好きかどうか、である。
 ちなみにクリード役の俳優は『クロニクル』にも出ていたことを後から知った。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第38回『猿の惑星:創世記』 米国盤

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 画質:6

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。  foobar200

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑