*

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

uhd-bd%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89

画質:10 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 4Kの面影を湛えた超高画質とは言えないにしても(そもそも撮影解像度が足りていない)、HDの土俵においては完璧な画と言える。というよりむしろ、BDとあまり差が無い。
 解像感も情報量もばっちり、無闇な粒状感の負荷はなく、圧縮に伴うノイズもない。老いたロッキーと溌剌たるクリードの様を徹底的に映し出すレベルの画質は終始維持されている。
 ボクシングのシーンは強烈なライトのおかげで一層画がクリアになる。本作に置いてHDRが活かされるシーンと言えば、拳打の応酬で飛び散る血と汗となみだが鮮烈に照らし出される様だろう。

○見どころ
 ライトに照らし出される血と汗となみだ


○音質
 UHD BDなのにオブジェクトベースオーディオ収録じゃないのか……となるかもしれないが、ボクシング映画でオブジェクトオーディオなんて使ってどうすんだ、という気がしないでもない。
 ボクシングシーンの打撃音は現実的な範疇ながら鋭く重く、見るものに血と汗となみだを流させるにはじゅうぶんすぎる出来映えである。
 また、7.1chを存分に生かした音楽の鳴りは品位・盛り上がりともに素晴らしく、最終戦の最終ラウンドの展開は泣ける。
 明朗快活なダイアローグも好い印象を残した。

○聴きどころ
 ロッキーのテーマ→クリードのテーマへの見事すぎる遷移


○総評
 DMP-UB90のプレゼントキャンペーンの片割れ。
 決して品質が悪いわけではないのだが、正直言って作品の映像・音響的にBDでじゅうぶんな気もする。
 結局は「UHD BDで持っておきたい」と思えるほど作品が好きかどうか、である。
 ちなみにクリード役の俳優は『クロニクル』にも出ていたことを後から知った。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第71回『バットマン ゴッサムナイト』

画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは10台から30台まで落ち着かない。 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑