*

【UHD BDレビュー】第39回『猿の惑星:新世紀』 米国盤






【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』


画質:7
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2Kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch 24bit


○画質
 目を見張るようなキレや光彩……と言うには穏やかすぎる画が続くが、一貫して画質は安定している。前作に比べれば全体的な画質の向上は明らか。薄暗く湿った森の情景も、濁らず、汚れず、しっかりと細部まで情報量と色彩が維持されている。
 猿のディテールもだいぶ増している。濡れた体毛の表現などはさすがに素晴らしい。が、4Kの土俵で燦然と存在感を主張するには、あと一歩ディテールが足りていないという印象も受ける。
 ちょいと気になったのが暗部への引き込みの早さ。最暗部までなだらかに階調が続かず、ある程度輝度が低くなると一気に情報が消失する。夜の森や暗い室内などのシーンでは情報量的にちょっと寂しいことになっている。
 結局のところ、UHD BDならではの「BDとは一線を画した凄味」を感じることはさしてなかった。言の葉の穴の【UHD BDレビュー】における7点と8点の差は大きい。

○見どころ
 冒頭の狩り


○音質

 なぜDolby Atmosで収録しなかったんだ、と思ったが、まあどうせそのうちDTS:Xバージョンが出るだろう。気長に待つべし。
 本作はTOHOシネマズ日本橋でアトモス上映を見て、その音の素晴らしさに驚愕した作品であるので、Dolby Atmos収録ではないとはいえ、BDの音にも激しく期待していた。
(中略)
 劇場でのアトモス体験と比較しなければ、特に問題なく高品質な音であることは間違いない。猿の数も鉄火の数も増え、劇伴もより勇壮かつ荒々しくなった。アクション映画としてまったく不足のない音響である。
 しかし、本作の音の真価はまだまだこんなものではないはずだ。

  【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』より

 出ませんでした……

○聴きどころ
 音声がDolby Atmos/DTS:Xで収録されなかったことを嘆く私の嗚咽


○総評
 作品自体は文句なしに面白いのである。
 しかし、それはそれ、これはこれ。
 BDからUHD BDへの伸びしろは期待していたほど大きくなかった。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える

 最近のオーディオ雑誌等を読んでいると、“USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポート”

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

Xbox One SはUHD BD普及の起爆剤となるか?

Xbox Oneの小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定! - Game Spark

記事を読む

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K UHD BDが12月20日に

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。 ネットワークオーディオの魔境を

記事を読む

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグランプリ2017」/再生保証!

記事を読む

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑