*

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】



uhd-bd%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤


画質:7 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:12)
音質:14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 5K/HD撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:中


○画質
 BDと変わらず超高品質である一方、BDからの向上があまり感じられない。
 そもそもBDの時点で、良好なシーンの解像感については極まった印象があったので、もはやフルHDプロジェクターではこれ以上の向上を映し出すのは不可能なのだろう。この辺はリアル4Kディスプレイを入れてからでないと評価のしようがない。
 解像感以外の点では高輝度部分で白飛びに至るまでの階調がほんのりと粘るようになっており、質感表現でわずかながら向上が見られる。

【4K/HDR環境での追記】
 やはりBDが良すぎたせいもあって、さしたる向上が感じられない。HDRの恩恵があまり感じられないのも痛い。
 画質の絶対値が優れていることは間違いないにしても、「BDとは次元の違うUHD BD」としては……どうなんだろう。SPEは本作でBDとUHD BDの違いを紹介しているけれど……

○見どころ
 チャッピー


○音質
 オブジェクト効果云々以前に、DTS-HD Master Audio 7.1ch収録のBD(音質評価:13)に比べて明らかに威力/音圧が増している。チャンネルベースの時点で傑出した完成度だったために、音質評価のプラスは主にこの部分である。いいぞもっとやれ。
 空高く上昇した後拡散投下されるクラスター爆弾やムース飛翔など、上方向が意識される部分で的確にトップスピーカーが活用されている。ダイ・アントワードの音楽も要所要所で積極的に、面白おかしく割り振られている。
 とはいえトップスピーカーが放つ威力はそれほどでもないため、グラウンドレベルの音に埋もれてしまいがち。

○聴きどころ
 ムース


○総評
 ギャングスタ・ロボット・ナンバーワンだと思って笑ながら見ていたらあっという間に攻殻機動隊の地平を走り抜けていった、個人的には『第9地区』と並ぶ大傑作。
 この監督はやはり撮りたいものを撮りたいように撮ってナンボのようである。『エリジウム』は忘れよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド  価値あるソフ

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化 JPLAYを用いたPCのネットワー

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑