*

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

公開日: : 最終更新日:2018/02/08 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般




【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』


画質:8
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4Kリマスター
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch/24bit


○画質
 これは凄い!
 冒頭の未来での戦闘シーンからしてBDとは別物である。薄汚れていた暗部はノイズが一掃されてにわかに透明感と闇の深さを増し、終末を迎えた世界が素晴らしい見通しの良さで露わになる。あらゆるシーンで解像感も情報量も見違えるほど向上を見せている。初期のCGも、古さこそ感じても情報量不足が画質に悪さをしていない。
 HDRも実に効果的。筋トレに励むサラの肌に浮かぶ汗が窓から差し込む光を鋭く照り返す様をはじめとして、豊かな光量と輝度ピークの伸びは映像にさらなる力強さを与えている。作中のいたるところで起こる爆発を見ても、色も明度も減退していたBDに対し、輝度ピークが大いに伸びたうえにBDでは白く吹っ飛んでいた炎のディテールが克明に見えるようになった。まさにHDRの理想を体現するような仕上がりと言える。金属光沢の鋭い輝きも随所で冴え渡る。オープニングにて、劫火の向こうから灼熱の視線を投げかけるターミネーターの凄み!
 色彩も大幅な向上がある。サイバーダイン社でターミネーターの残骸を保管しているスペースは、BDでは青一色といった色合いだが、UHD BDで見るとうっすらと紫の光が空間に満ちているのがわかる。橙から赤に到る炎の鮮やかさもBDとは段違い。
 「古い作品だから画質がしょぼくても仕方がない」だなんて、とんでもない! 『スターシップ・トゥルーパーズ』『許されざる者』に並ぶ、90年代作品の偉大なリマスターである。海外での画質に対する低評価がちょっと信じられん。

○見どころ
 全部


○音質
 日本盤BDとは別物レベルで音が良い。音楽の存在感も銃撃の威力も爆発の圧も申し分なく、サラウンド感もおおいに楽しめる。さすがに近作と比べると精緻なマルチチャンネルの活用という点では敵わないにしても、BDで感じていた音のしょぼさは完全に払拭されている。同じ5.1ch/24bitでこうも違うのか。
 当初音声仕様はDTS:Xになっていたような気がしたが、気のせいだったのだろうか。とにかく、BDから比べると大幅な向上である。素晴らしい。

○聴きどころ
 全部


○総評
 日本盤↓BDのTHX認証とは何だったのか。


 なお、今回のUHD BDは「劇場公開版」であって「特別篇」ではなく、音声もオブジェクトオーディオ仕様ではないなど、中途半端な印象は否めない。
 本作のような歴史的タイトルのUHD BD化がこれで終わるはずがない(と、私は信じている)ので、特別篇とオブジェクトオーディオを収録した完全なるターミネーター2のUHD BDを待ち望む。画質的にも音質的にも買うだけの価値があることは証明された。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
SOULNOTE A-2(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 SF

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Springsteen / Born

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. Y.G.G.F.K より:

    海外での低評価レビューをざっと読んで総括すると「ノイズリダクションと色調補正を効かせすぎていて、フィルムの良さが無い」というのが最大の批判点のようです。
    私個人としては元フィルムの個性を尊重したリマスターも、最近のデジタル映画と遜色ないまでに徹底したリマスタリングを施したリマスターも
    どちらにもそれぞれ良さがある、というのが持論です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑