*

【UHD BDレビュー】第34回『ワンダーウーマン』 米国盤 【Dolby Atmos】




画質:7
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム・3.4K/6.5K撮影など色々・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:小


○画質
 全体的に軟調で4Kらしい切れ上がる解像感はさして得られず。
 光量に乏しいシーンが多く、比例してHDRが活きるシーンはあまり多くはない。見目麗しく光に満ちたシーンといえば冒頭のパラダイス島くらいなもので、後は陰鬱なロンドンとか泥にまみれた前線に場面が移行するため、仕方がないといえば仕方がない。最後の辺りでようやくHDRが効果を発揮するといった感じ。
 こんな具合で4K/HDRの醍醐味がさして得られないことは残念なのだが、一方で現時点のUHD BDにありがちな画質の乱高下がほとんどなく、終始安定した画質が保たれていることは大きな美点。

○見どころ
 ガル・ガドットのファッションショー


○音質
 冒頭からいきなり例の曲のフレーズが流れてきて期待値を極限まで高めた本作の音は、「バットマンvsスーパーマンだと思ったらワンダーウーマンだった前作」に比べると幾分小粒にまとまった、音楽主体のものだった。
 音楽の存在感は素晴らしく、麗しく華々しく鳴る。しかし効果音はそれなりの威力はあるしマルチチャンネル・サラウンドもしっかりしているものの、いまいち熱気を醸成しきれていない感がある。トップスピーカーも鳴ってほしいところでほとんど鳴らず、包囲感の強化に貢献しているとは言い難い。
 『マン・オブ・スティール』『ジャスティスの誕生』もぶっ飛んだ音を聴かせてくれただけに、パワーダウンは否めない。物凄く高いレベルでの話ではあるけれども、そういう次元の音を期待していたのである。

○聴きどころ
例の曲(のアレンジ)


○総評
 アクションが総じて劣化キャプテン・アメリカなのが気になった以外は終始面白かった。むしろ一番面白かったシーンはガル・ガドットのファッションショーだったかもしれない。眼鏡が素晴らしすぎて……
 UHD BDとしてのクオリティはもう少し画質面で頑張ってほしかったが手堅くまとまっている。今後もDCEUに付き合う気のある人は『ジャスティス・リーグ』に向けて見るなり買うなりしよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

【祝?】『ダンケルク』がUHD BD化

Dunkirk 4K Blu-ray - Blu-ray.com will be availa

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。 ホームシアターでゲームをしよ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    今までわりと参考にしてましたけど
    今回のレビューの見る目のなさはちょっとひどいですね
    HDRってキラキラ光るだけが取り柄ではないですし
    実写映像の質の高さはひと目見ればわかる類でしたが

    あとキャプテンアメリカというかMCUのアクションって
    雑でかなりひどいですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑