*

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

uhd-bd%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』


画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 5K撮影・2Kマスター
音声:DTS:X トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:極小


○画質
 フルHDプロジェクターで見る限り、明らかな劣化! 劣化の度合いはむしろ音質以上で、BDで見られた鬼気迫る克明な描写は鳴りを潜めてしまった。
 HDRのはずがダイナミックレンジはBDよりもむしろ狭く、森は全体的に薄暗くなり、稠密なBDとは打って変わって白飛びは激しくなり、闇への引き込みが強まり暗部諧調もだいぶ死んだ。
 さらに色味も薄くなり、木々の葉は生気を失い、青空は白く飛んでしまっている。何なのだこれは。きちんとHDR対応のディスプレイで見ないからこういうことになるのか。
 しかし、それでもなお、総じて高いレベルであることは相変わらず事実なのだが……

○見どころ
 森


○音質
 「サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選」で第3位に輝いた、ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsamplingのBD版に比べて、大幅劣化!
 トップスピーカーには申し訳程度に音楽が振り分けられるのみで、効果音の振り分けはほぼなし。とはいえ、そもそも上から聴こえるはずのない音をトップスピーカーに振り分ける方がある意味不自然なので、それはそれでべつにいい。一応、RPGによって舞い上がった砂礫など、意味のあるトップスピーカーへの振り分けもあるにはある。しかし、活用の機会はあまりにも少ない。そのために定位感・移動感・包囲感はBD版から何ら変わりない。
 とにかく問題なのは、銃撃の威力がBDに比べて明らかに弱体化していること。相変わずの極まった音響構築はさすがの一言だが、この程度の威力では一線を越えた「死の恐怖」が得られない。オブジェクトオーディオだ! 凄いぞ! なんて言ったって、蓋を開けてみればがっかりである。
 あるいは、advanced 96k upsamplingの効果が想像を絶していたのか。

○聴きどころ
 森


○総評
 「UHD BDは必ずしもBDよりも高品質とは限らない」という事実を、同じ作品で証明してしまうとは。それも音質ならばいざしらず、画質においても、である。
 BD発売元のポニーキャニオンの仕事があまりにも素晴らしかったということなのだろうが、こういうこともあるのだなあ……
 緻密な音響構築が為された後は、「威力」こそ聴く側の印象を決定付けるということがよくわかる。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014-2015

※評価項目を整理し直したので2014/06/30公開の記事を再掲※ 始まるのがだいぶ遅くなってしま

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑