*

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9

 何から何までマクロスじゃねーか。


画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4K/6K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:小


○画質
 すっかり珍しくなった、ポストエフェクトでグレインを加えた画。しかもかなり露骨に効かせている。
 一方で粒状感を溶かし込んでなお自然さを保てるだけの情報量があるかというとそんなことはなく、解像感も昨今の画質インフレタイトルには程遠い。
 総じてBD黎明期に盛んにBD化された2000年代前半~中盤のタイトルを強く意識させる画になっている。ある意味では20年前の前作から続けて見ても雰囲気の差をそれほど抱かずに済むのだが、4K/6K撮影の4Kマスターというスペックに期待される画質ではなかった。

○見どころ
 タッチダウン


○音質
 駄目だこりゃ。
 端的に言えば、「低音がボボボと鳴るだけでまったく刺激に欠けた音」である。なぜこうなってしまったのか理解に苦しむね。
 戦闘機の飛行音にまるで鋭さがないのは百歩譲って許そう。ジェットエンジンではなく反重力エンジン的なアレを使っているのだからきっと静かに飛ぶのだろう。
 敵味方の戦闘機の火砲にまるで鋭さがないのは一万歩譲って許そう。実弾兵器ではなくプラズマ砲的なアレだからきっと炸裂音もないのだろう。それはそうとこの作品世界ではなぜ誘導兵器がまったく出てこないんだ。
 しかし、ありとあらゆる爆発音にすらまったく鋭さがないのは百万歩譲っても許せない。なんだこの低音ばっかりで刺激や恐怖の欠片もない腑抜けた爆発音は。あのインデペンデンス・デイの続編だと言うのになんてザマだ。
 そりゃ確かに、無駄にでかい宇宙船が大西洋全域にタッチダウンする際の最高度に強烈な低音はそうあって然るべき見事なものだし、前作に比べて敵味方の戦闘機が飛び交う様はマルチチャンネル・サラウンドの20年分の進歩を感じる。とはいえトップスピーカーは気の抜けたBGMが鳴るくらいでてんで活用されておらず、オブジェクトオーディオの精華たる緻密な空間性があるわけでもない。
 本当は0点を付けてやりたいところだが、インデペンデンス・デイのレベルを望みさえしなければ、それなりのレベルではある。

○聴きどころ
 なし


○総評
 20年待ってコレか。
 期待が大きすぎたのもあろうが、正直言って肩透かしもいいところだ。特に音はがっかりの一言である。
 話や世界観がマクロスに似るだけならまだしも、BDの質の低さまで似なくていいから。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較  LUMINのネットワークオーディ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【BDレビュー】第26回『インデペンデンス・デイ』 画質:9 (画質はHD環境・B

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第123回『ピノキオ』

画質:15 音質:8 映像はAVCでビットレートは20Mbps前後で推移。 音声は日本語英語

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑