*

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9

 何から何までマクロスじゃねーか。


画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4K/6K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:小


○画質
 すっかり珍しくなった、ポストエフェクトでグレインを加えた画。しかもかなり露骨に効かせている。
 一方で粒状感を溶かし込んでなお自然さを保てるだけの情報量があるかというとそんなことはなく、解像感も昨今の画質インフレタイトルには程遠い。
 総じてBD黎明期に盛んにBD化された2000年代前半~中盤のタイトルを強く意識させる画になっている。ある意味では20年前の前作から続けて見ても雰囲気の差をそれほど抱かずに済むのだが、4K/6K撮影の4Kマスターというスペックに期待される画質ではなかった。

○見どころ
 タッチダウン


○音質
 駄目だこりゃ。
 端的に言えば、「低音がボボボと鳴るだけでまったく刺激に欠けた音」である。なぜこうなってしまったのか理解に苦しむね。
 戦闘機の飛行音にまるで鋭さがないのは百歩譲って許そう。ジェットエンジンではなく反重力エンジン的なアレを使っているのだからきっと静かに飛ぶのだろう。
 敵味方の戦闘機の火砲にまるで鋭さがないのは一万歩譲って許そう。実弾兵器ではなくプラズマ砲的なアレだからきっと炸裂音もないのだろう。それはそうとこの作品世界ではなぜ誘導兵器がまったく出てこないんだ。
 しかし、ありとあらゆる爆発音にすらまったく鋭さがないのは百万歩譲っても許せない。なんだこの低音ばっかりで刺激や恐怖の欠片もない腑抜けた爆発音は。あのインデペンデンス・デイの続編だと言うのになんてザマだ。
 そりゃ確かに、無駄にでかい宇宙船が大西洋全域にタッチダウンする際の最高度に強烈な低音はそうあって然るべき見事なものだし、前作に比べて敵味方の戦闘機が飛び交う様はマルチチャンネル・サラウンドの20年分の進歩を感じる。とはいえトップスピーカーは気の抜けたBGMが鳴るくらいでてんで活用されておらず、オブジェクトオーディオの精華たる緻密な空間性があるわけでもない。
 本当は0点を付けてやりたいところだが、インデペンデンス・デイのレベルを望みさえしなければ、それなりのレベルではある。

○聴きどころ
 なし


○総評
 20年待ってコレか。
 期待が大きすぎたのもあろうが、正直言って肩透かしもいいところだ。特に音はがっかりの一言である。
 話や世界観がマクロスに似るだけならまだしも、BDの質の低さまで似なくていいから。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

システム全景(2016/03/25) 【オーディオ】 canarino Fils +

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`) 画質:14 音質:13 映像:AVC 音声:

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑