*

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9

 何から何までマクロスじゃねーか。


画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 4K/6K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:小


○画質
 すっかり珍しくなった、ポストエフェクトでグレインを加えた画。しかもかなり露骨に効かせている。
 一方で粒状感を溶かし込んでなお自然さを保てるだけの情報量があるかというとそんなことはなく、解像感も昨今の画質インフレタイトルには程遠い。
 総じてBD黎明期に盛んにBD化された2000年代前半~中盤のタイトルを強く意識させる画になっている。ある意味では20年前の前作から続けて見ても雰囲気の差をそれほど抱かずに済むのだが、4K/6K撮影の4Kマスターというスペックに期待される画質ではなかった。

○見どころ
 タッチダウン


○音質
 駄目だこりゃ。
 端的に言えば、「低音がボボボと鳴るだけでまったく刺激に欠けた音」である。なぜこうなってしまったのか理解に苦しむね。
 戦闘機の飛行音にまるで鋭さがないのは百歩譲って許そう。ジェットエンジンではなく反重力エンジン的なアレを使っているのだからきっと静かに飛ぶのだろう。
 敵味方の戦闘機の火砲にまるで鋭さがないのは一万歩譲って許そう。実弾兵器ではなくプラズマ砲的なアレだからきっと炸裂音もないのだろう。それはそうとこの作品世界ではなぜ誘導兵器がまったく出てこないんだ。
 しかし、ありとあらゆる爆発音にすらまったく鋭さがないのは百万歩譲っても許せない。なんだこの低音ばっかりで刺激や恐怖の欠片もない腑抜けた爆発音は。あのインデペンデンス・デイの続編だと言うのになんてザマだ。
 そりゃ確かに、無駄にでかい宇宙船が大西洋全域にタッチダウンする際の最高度に強烈な低音はそうあって然るべき見事なものだし、前作に比べて敵味方の戦闘機が飛び交う様はマルチチャンネル・サラウンドの20年分の進歩を感じる。とはいえトップスピーカーは気の抜けたBGMが鳴るくらいでてんで活用されておらず、オブジェクトオーディオの精華たる緻密な空間性があるわけでもない。
 本当は0点を付けてやりたいところだが、インデペンデンス・デイのレベルを望みさえしなければ、それなりのレベルではある。

○聴きどころ
 なし


○総評
 20年待ってコレか。
 期待が大きすぎたのもあろうが、正直言って肩透かしもいいところだ。特に音はがっかりの一言である。
 話や世界観がマクロスに似るだけならまだしも、BDの質の低さまで似なくていいから。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディ

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑