*

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』




【BDレビュー】第102回『ダークナイト』

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄


画質:9
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム/IMAX撮影・4Kリマスター
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch/24bit


○画質
 4K/HDRで見るIMAXすげえ……
 「強調感皆無」なのに究極的な解像感と情報量が両立するIMAXの画はUHD BDにおいても健在。
 BDの時点で凄すぎたのである意味それほどの感動がないというのも事実なのだが、それでも向上は確実に感じられる。銀行に差し込む陽光のリアリティが大いに増している。強盗一派が被るマスクの、BDでは日を浴びて白く飛んでいた部分がUHD BDでは色とディテールが残る。色彩もBD以上に微妙な描き分けがなされ、自然かつ豊潤になった。
 HDRは明部の伸びだけでなく、暗部に到る情報量の増大に大きな効果を発揮している。特に本作ではその傾向が強い。デントの護送車列とジョーカー一味が激突するシーン、その冒頭、地上のマジックアワーの光景は恐ろしいほどの透明感と情報量が満ちている。逆に、地下に下りてからのシーンでは、車内を映したカットで黒レベルが持ち上がりすぎているのがちょっと気になったりもした。
 とにかくIMAXシーンの画質は近作を含めても群を抜いており、もし全編IMAXが続くのなら文句なしの10点である。やはり、「元が良いからこそ、器の大きさが活きる」。
 通常の35mmフィルム撮影の画質も前作からそれなりに進化しており、とにかく画質の底上げが著しい。ちなみにジョーカーを尋問するシーンでは、ダイナミックレンジが広がって階調が緻密になったせいか、BDに比べるとかえって電気を消した状態の闇と点けた時の明るさの差が小さくなったような気もする。このシーンに関して言えば、見た目のインパクトではBD、リアルさではUHD BDといったところか。

○見どころ
 IMAXシーンすべて


○音質
 音声仕様がドルビーTRUEHD 5.1ch/24bitからDTS-HD Master Audio 5.1ch/24bitに変わった。が、BDの時点でもう良すぎるくらい良かったので、評点に変更はない。15と15☆の差は物凄く大きいのである。
 基本的な部分はBDと同じ。
 ノーラン作品は最新作の『ダンケルク』も含めてUHD BD化に際してオブジェクトオーディオを採用せず、そのことに対する不満もあろうが、チャンネルベースの時点で最高レベルにあるのだから、それはそれで別に構うまい。

○聴きどころ
 全部


○総評
 やはりIMAXは凄かった。
 BDが出た時は猫も杓子もダークナイトをデモに使いまくったもんだが、さすがに今では他にも山ほど凄いソフトがあるので、かつてほど本作のUHD BDがデモに使われることはないだろう。それでもなお、画質音質にくわえて作品内容のトータルで本作の次元にあるタイトルもそうそうあるまい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
SOULNOTE A-2(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

【音源管理の精髄】 よくある質問と検索ワードへの回答 【ネットワークオーディオTips】

 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。 とりあえずい

記事を読む

Roon 1.2

“総合音楽鑑賞ソフト”「Roon」のバージョン1.2が公開 - 機能を大幅に強化。iPhone用Ap

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨日発売。  まだ本が手元に来

記事を読む

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑