*

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛
画質を取るか、迫力を取るか
画質が迫力を凌駕する瞬間



 学生時代。

 HDMI入力が欲しくて28インチのワイドブラウン管から32インチの液晶ディスプレイ(チューナー無し)に換えた時の、あの、あの途方もない絶望感。


 なんだ……この……灰色に濁った闇は…………


 それから既に10年以上。

 今までKDL-46X2500を買って多少マシになった黒にほっとしたり、「黒ならプラズマ」というイメージに乗せられてTH-P42V1を買った挙句無様な黒浮きを目にして絶望したり、DLA-HD350を買って大画面に喜んだのも束の間ワンルームマンションでプロジェクターは無理があると思い手放したり、KDL-46HX900を買ってLEDのエリア駆動に感動したり、DLA-X30を買ってもうでかいしじゅうぶん高画質だしこれでいいやという思考になったり、色々あったが、やはりブラウン管の呪縛は消えようもなかった。

 月日は流れ、気付けば4KとかHDRとかUHD BDとか、ポストHDの諸々が登場する時代となった。

 そろそろ、ここらで、ハイビジョンブラウン管の画に後ろ髪を引かれるのも終わりにしたかったのだ。


 LG OLED55B6P。
 夢にまで見た有機ELテレビが手に入る時代である。




 眼前に広がる懐かしい闇。

 4Kも、HDRも、いったん脇に下がるがいい。


 黒が黒い

 ブラウン管の呪縛から解放されるには、これだけで、たったこれだけでよかったのだ。


 そりゃ有機ELテレビという枠内ではさらに画質の良し悪しもあるのだろうが、それを承知のうえでなお、ついに黒が黒いディスプレイを取り戻したことを喜びたいのである。

スポンサーリンク


関連記事

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハイレゾサンプラー音源DVD/巻

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravins

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 大津豊 より:

    46HX900というワードに反応せざるをえない
    ウチではまだまだ46HX900が現役です
    重量30キロオーバーのガラス製なおかげか、現行の液晶テレビと比較しても、圧倒的にブラウン管っぽい画の見栄えがたまりません
    いい加減4kHDR時代に適応したいところですが、Z9Dのような超分割エリア駆動か、はたまた有機ELか、非常に悩ましいところです

    • sakakihajime より:

      大津豊さん

      46HX900は我が家でも居間にて現役です。
      そしてHDテレビとしては今でも一線級の画質であると思います。
      有機ELか細密部分駆動かは、「ディスプレイに求めるものは何か」というところに行き着くのではないでしょうか。
      色彩、輝度、色々とあるのでしょうが、私の場合は、ただただ「黒」が欲しかったのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑