*

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛
画質を取るか、迫力を取るか
画質が迫力を凌駕する瞬間



 学生時代。

 HDMI入力が欲しくて28インチのワイドブラウン管から32インチの液晶ディスプレイ(チューナー無し)に換えた時の、あの、あの途方もない絶望感。


 なんだ……この……灰色に濁った闇は…………


 それから既に10年以上。

 今までKDL-46X2500を買って多少マシになった黒にほっとしたり、「黒ならプラズマ」というイメージに乗せられてTH-P42V1を買った挙句無様な黒浮きを目にして絶望したり、DLA-HD350を買って大画面に喜んだのも束の間ワンルームマンションでプロジェクターは無理があると思い手放したり、KDL-46HX900を買ってLEDのエリア駆動に感動したり、DLA-X30を買ってもうでかいしじゅうぶん高画質だしこれでいいやという思考になったり、色々あったが、やはりブラウン管の呪縛は消えようもなかった。

 月日は流れ、気付けば4KとかHDRとかUHD BDとか、ポストHDの諸々が登場する時代となった。

 そろそろ、ここらで、ハイビジョンブラウン管の画に後ろ髪を引かれるのも終わりにしたかったのだ。


 LG OLED55B6P。
 夢にまで見た有機ELテレビが手に入る時代である。




 眼前に広がる懐かしい闇。

 4Kも、HDRも、いったん脇に下がるがいい。


 黒が黒い

 ブラウン管の呪縛から解放されるには、これだけで、たったこれだけでよかったのだ。


 そりゃ有機ELテレビという枠内ではさらに画質の良し悪しもあるのだろうが、それを承知のうえでなお、ついに黒が黒いディスプレイを取り戻したことを喜びたいのである。

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

【レビュー】JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 大津豊 より:

    46HX900というワードに反応せざるをえない
    ウチではまだまだ46HX900が現役です
    重量30キロオーバーのガラス製なおかげか、現行の液晶テレビと比較しても、圧倒的にブラウン管っぽい画の見栄えがたまりません
    いい加減4kHDR時代に適応したいところですが、Z9Dのような超分割エリア駆動か、はたまた有機ELか、非常に悩ましいところです

    • sakakihajime より:

      大津豊さん

      46HX900は我が家でも居間にて現役です。
      そしてHDテレビとしては今でも一線級の画質であると思います。
      有機ELか細密部分駆動かは、「ディスプレイに求めるものは何か」というところに行き着くのではないでしょうか。
      色彩、輝度、色々とあるのでしょうが、私の場合は、ただただ「黒」が欲しかったのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑