*

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫んでいる。わからないわけではない。私自身HDプロジェクターでUHD BDを何枚か見て、そのことは理解しているつもりだ。
 しかし、2Kマスターの作品をアプコンした映像が「4K UHD」として売られるのは、消費者からすれば決して気持ちのいいものではない。端的に言ってしまえば、「がっかり」である。しかも、現在売られているUHD BDの大半は2Kマスターというありさま。マスターの解像度どころか、撮影したカメラや解像度さえ、調べればすぐにわかってしまう。愛してやまない、もしくはBDでは素晴らしく高画質だった作品が2Kマスターだと知った時の……悲しみ!
 もっとも、「そもそもの解像度が足りていない」という問題はBDの時代から、特にアニメにおいて散々目にしてきたし、今に始まったことではないのだが……

 音声仕様についてはBDと同じなので特に言うことはない。ただし、これはBDでも同じことが言えるが、“劇場公開時に使われている”にも関わらずオブジェクトオーディオを収録しないというのは納得できない。「最後の映像ディスクメディア」としての誇りをしっかり持って、中途半端な仕様にはしないでもらいたい。
 後からオブジェクトオーディオ収録バージョンを出してさらに儲けようという姿勢は極めてクソッたれである。どのみちUHD BDなんて大量に売れるわけがないんだから下手な欲は出すだけ無駄。それどころか、買う可能性のあるマニア層を落胆させるだけで、全方位的に破滅的な結末を迎える。

 というわけで、現時点ではおぞましい値付けがされていることもあり、UHD BDの購入は様々な点で慎重にならざるを得ない。
 とりあえず、

・BDを持っていないこと
・映像のマスターが4K以上であること
・オブジェクトオーディオを収録していること
・強烈な作品愛があること

 これらの内二つ以上に当て嵌まらないと、UHD BDへの投資は正直辛い。
 例えば『マッドマックス 怒りのデスロード』は既にBDを持っているし、2Kマスターだし、BDにもDolby Atmosが収録されているので、手が出辛い。


 手持ちのUHD BDを見てみると、
20160826UHD BDキャンペーン02

『デッドプール』
4Kマスター(3.4K撮影、一部フィルム)
Dolby Atmos収録

『キング・オブ・エジプト』
2Kマスター(6K撮影) ←Oh…
DTS:X収録

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
4Kマスター(フィルム色々、一部3.4K撮影)
Dolby Atmos収録

『チャッピー』
4Kマスター(5K/HD撮影)
Dolby Atmos収録

『インデペンデンス・デイ』
フィルムからのリマスターによる4Kマスター……と信じたい
DTS:X収録

『クリード チャンプを継ぐ男』
2Kマスター(2.8K撮影)
DTS-HD Master Audio 7.1ch


 こんな具合である。なるべくUHD BDのフルスペックを活かせるようなタイトルを選んではいるが、なかなか難しい。
 映像的にも音声的にも、うちでは当面バットマンとチャッピーがひとつの基準になると思われる。

 4Kディスプレイもオブジェクトオーディオ環境もないくせにこんなことを考えてどうすると思わなくもないが、それはそれ。
 将来への展望はいつだって大切である。



続編:HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】TOTALDAC d1 music server

 段々と高価格帯の製品にまでRoonReadyの実装が進んできた感。 TOTALDAC d

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`) 画質:14 音質:13 映像:AVC 音声:

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑