*

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫んでいる。わからないわけではない。私自身HDプロジェクターでUHD BDを何枚か見て、そのことは理解しているつもりだ。
 しかし、2Kマスターの作品をアプコンした映像が「4K UHD」として売られるのは、消費者からすれば決して気持ちのいいものではない。端的に言ってしまえば、「がっかり」である。しかも、現在売られているUHD BDの大半は2Kマスターというありさま。マスターの解像度どころか、撮影したカメラや解像度さえ、調べればすぐにわかってしまう。愛してやまない、もしくはBDでは素晴らしく高画質だった作品が2Kマスターだと知った時の……悲しみ!
 もっとも、「そもそもの解像度が足りていない」という問題はBDの時代から、特にアニメにおいて散々目にしてきたし、今に始まったことではないのだが……

 音声仕様についてはBDと同じなので特に言うことはない。ただし、これはBDでも同じことが言えるが、“劇場公開時に使われている”にも関わらずオブジェクトオーディオを収録しないというのは納得できない。「最後の映像ディスクメディア」としての誇りをしっかり持って、中途半端な仕様にはしないでもらいたい。
 後からオブジェクトオーディオ収録バージョンを出してさらに儲けようという姿勢は極めてクソッたれである。どのみちUHD BDなんて大量に売れるわけがないんだから下手な欲は出すだけ無駄。それどころか、買う可能性のあるマニア層を落胆させるだけで、全方位的に破滅的な結末を迎える。

 というわけで、現時点ではおぞましい値付けがされていることもあり、UHD BDの購入は様々な点で慎重にならざるを得ない。
 とりあえず、

・BDを持っていないこと
・映像のマスターが4K以上であること
・オブジェクトオーディオを収録していること
・強烈な作品愛があること

 これらの内二つ以上に当て嵌まらないと、UHD BDへの投資は正直辛い。
 例えば『マッドマックス 怒りのデスロード』は既にBDを持っているし、2Kマスターだし、BDにもDolby Atmosが収録されているので、手が出辛い。


 手持ちのUHD BDを見てみると、
20160826UHD BDキャンペーン02

『デッドプール』
4Kマスター(3.4K撮影、一部フィルム)
Dolby Atmos収録

『キング・オブ・エジプト』
2Kマスター(6K撮影) ←Oh…
DTS:X収録

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
4Kマスター(フィルム色々、一部3.4K撮影)
Dolby Atmos収録

『チャッピー』
4Kマスター(5K/HD撮影)
Dolby Atmos収録

『インデペンデンス・デイ』
フィルムからのリマスターによる4Kマスター……と信じたい
DTS:X収録

『クリード チャンプを継ぐ男』
2Kマスター(2.8K撮影)
DTS-HD Master Audio 7.1ch


 こんな具合である。なるべくUHD BDのフルスペックを活かせるようなタイトルを選んではいるが、なかなか難しい。
 映像的にも音声的にも、うちでは当面バットマンとチャッピーがひとつの基準になると思われる。

 4Kディスプレイもオブジェクトオーディオ環境もないくせにこんなことを考えてどうすると思わなくもないが、それはそれ。
 将来への展望はいつだって大切である。



続編:HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第216回『パルプ・フィクション』

なんだこのクソくだらない映画は……たまげたなぁ……(褒め言葉 画質:9 音質:9

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第37回『アポロ13』 米国盤 【DTS:X】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑