*

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫んでいる。わからないわけではない。私自身HDプロジェクターでUHD BDを何枚か見て、そのことは理解しているつもりだ。
 しかし、2Kマスターの作品をアプコンした映像が「4K UHD」として売られるのは、消費者からすれば決して気持ちのいいものではない。端的に言ってしまえば、「がっかり」である。しかも、現在売られているUHD BDの大半は2Kマスターというありさま。マスターの解像度どころか、撮影したカメラや解像度さえ、調べればすぐにわかってしまう。愛してやまない、もしくはBDでは素晴らしく高画質だった作品が2Kマスターだと知った時の……悲しみ!
 もっとも、「そもそもの解像度が足りていない」という問題はBDの時代から、特にアニメにおいて散々目にしてきたし、今に始まったことではないのだが……

 音声仕様についてはBDと同じなので特に言うことはない。ただし、これはBDでも同じことが言えるが、“劇場公開時に使われている”にも関わらずオブジェクトオーディオを収録しないというのは納得できない。「最後の映像ディスクメディア」としての誇りをしっかり持って、中途半端な仕様にはしないでもらいたい。
 後からオブジェクトオーディオ収録バージョンを出してさらに儲けようという姿勢は極めてクソッたれである。どのみちUHD BDなんて大量に売れるわけがないんだから下手な欲は出すだけ無駄。それどころか、買う可能性のあるマニア層を落胆させるだけで、全方位的に破滅的な結末を迎える。

 というわけで、現時点ではおぞましい値付けがされていることもあり、UHD BDの購入は様々な点で慎重にならざるを得ない。
 とりあえず、

・BDを持っていないこと
・映像のマスターが4K以上であること
・オブジェクトオーディオを収録していること
・強烈な作品愛があること

 これらの内二つ以上に当て嵌まらないと、UHD BDへの投資は正直辛い。
 例えば『マッドマックス 怒りのデスロード』は既にBDを持っているし、2Kマスターだし、BDにもDolby Atmosが収録されているので、手が出辛い。


 手持ちのUHD BDを見てみると、
20160826UHD BDキャンペーン02

『デッドプール』
4Kマスター(3.4K撮影、一部フィルム)
Dolby Atmos収録

『キング・オブ・エジプト』
2Kマスター(6K撮影) ←Oh…
DTS:X収録

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
4Kマスター(フィルム色々、一部3.4K撮影)
Dolby Atmos収録

『チャッピー』
4Kマスター(5K/HD撮影)
Dolby Atmos収録

『インデペンデンス・デイ』
フィルムからのリマスターによる4Kマスター……と信じたい
DTS:X収録

『クリード チャンプを継ぐ男』
2Kマスター(2.8K撮影)
DTS-HD Master Audio 7.1ch


 こんな具合である。なるべくUHD BDのフルスペックを活かせるようなタイトルを選んではいるが、なかなか難しい。
 映像的にも音声的にも、うちでは当面バットマンとチャッピーがひとつの基準になると思われる。

 4Kディスプレイもオブジェクトオーディオ環境もないくせにこんなことを考えてどうすると思わなくもないが、それはそれ。
 将来への展望はいつだって大切である。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー・暫定版】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

【祝】ChorusDS復活!!!

 王者の帰還。  相変わらずLINN DSでしか使

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑