*

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】



ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ。



画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6.5K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 IMDbを信用するならば、全編『レヴェナント: 蘇えりし者』にも使われたArri Alexa 65, Hasselblad Prime 65 Lensesでの6.5K撮影からの4Kマスターという、現状望み得る最上級の映像仕様。正直なところ、4K解像度未満での撮影も混じる『レヴェナント』を越える超絶的な画質を期待していた。
 が、冒頭でいきなりずっこけた。夢見の後、早朝のランニングを行うサリーを映した数カットが、脈絡もなく(私にはそうとしか見えなかった)ノイジーにすっ転ぶ。以降はそんなことはないのでこれは何かの間違いだったとしても、『レヴェナント』で見た息詰まるような解像感とは程遠い画が続く。と、ここで『レヴェナント』との比較は忘れることにした。
 というわけで、カリカリの解像感とは異なるしっとりとした画である。とはいえ画質の基礎体力は凄まじく、膨大な情報量が全編みなぎり、画が甘くなるようなことは皆無。登場人物の異様な立体感は4K時代ならでは。表情のクローズアップはまさに迫真。さらに、透明感や切れ味は後半に進むにつれて強まっていく印象を受ける。
 ただし、サリーの家のシーンは背景・人物ともに他のシーンに比べて振るわなかった。何故だろう。撮影条件的なアレだろうか。
 どちらかと言えば地味な絵面が続く作品ながら、冬の晴天がもたらす激烈な光彩を表現しようと思えば、きっとHDRが大きな効果を発揮するのだろう。

○見どころ
 冬の晴天
 サリーの表情


○音質
 こちらも映像同様地味、と言うよりは過剰な演出を廃した音作りとなっている。
 ハドソン川への着水に到る一連のシーンでも、どっかんばっきんと爆炎が吹き上がるようなことはなく、機体が震え軋む音がトップスピーカーを含む全方位から淡々と、重々しく響いてくる。極めて真面目かつ冷徹な音響であり、ケレン味はないが、映像演出との合わせ技でまさに致命的な状況に陥った機内にいるのだという強烈な臨場感を味わえる。息をするのを忘れるほどに。
 Dolby Atmos収録作品として、別にオブジェクト効果がなくなったところで音響に本質的な変化があるとも思えないが、トップスピーカーの活用はなかなか凝っている。右エンジンが吹っ飛ぶ際はトップ・ライトがガガガと唸り、左エンジンが停止する際はトップ・レフトがギギギと軋む。監督の前作『アメリカン・スナイパー』とは打って変わった芸達者ぶりである。
 飛行機と並ぶ音の主役はやっぱりダイアローグ。これまた役者の唇や喉の動きまでしっかりと伝える明瞭にして豊潤なもので、会話劇を聴く深い喜びが味わえる。
 派手さはなくとも、完璧の上にさらなる魅力を頂く素晴らしい音である。

○聴きどころ
 ダイアローグ
 208秒


○総評
 監督には長生きしてずっと映画を撮り続けてほしい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UPnP 導入・設定・運用編

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

PS4 Proが来た!

 PS4 Proの発表のタイミングで初期型を手放した結果、2ヶ月もPS4で遊べないというのは想像以上

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑