*

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/08/18 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】





ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ。



画質:8 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:13)
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6.5K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 IMDbを信用するならば、全編『レヴェナント: 蘇えりし者』にも使われたArri Alexa 65, Hasselblad Prime 65 Lensesでの6.5K撮影からの4Kマスターという、現状望み得る最上級の映像仕様。正直なところ、4K解像度未満での撮影も混じる『レヴェナント』を越える超絶的な画質を期待していた。
 が、冒頭でいきなりずっこけた。夢見の後、早朝のランニングを行うサリーを映した数カットが、脈絡もなく(私にはそうとしか見えなかった)ノイジーにすっ転ぶ。以降はそんなことはないのでこれは何かの間違いだったとしても、『レヴェナント』で見た息詰まるような解像感とは程遠い画が続く。と、ここで『レヴェナント』との比較は忘れることにした。
 というわけで、カリカリの解像感とは異なるしっとりとした画である。とはいえ画質の基礎体力は凄まじく、膨大な情報量が全編みなぎり、画が甘くなるようなことは皆無。登場人物の異様な立体感は4K時代ならでは。表情のクローズアップはまさに迫真。さらに、透明感や切れ味は後半に進むにつれて強まっていく印象を受ける。
 ただし、サリーの家のシーンは背景・人物ともに他のシーンに比べて振るわなかった。何故だろう。撮影条件的なアレだろうか。
 どちらかと言えば地味な絵面が続く作品ながら、冬の晴天がもたらす激烈な光彩を表現しようと思えば、きっとHDRが大きな効果を発揮するのだろう。

【4K/HDR環境での追記】
 んーそれなり。
 撮影機材の良さからか、時としてとんでもなく冴え渡った画が飛び出すこともあるのだが(最後の公聴会とか)、全体的にはこれ見よがしに解像感を押し出すこともなく、豊富な情報量をベースにした穏やかな画が続く。
 HDRはやはり冬空の表情の豊かさに繋がっているものの、それほど露骨な効かせ方ではなかった。

○見どころ
 冬の晴天
 サリーの表情


○音質
 こちらも映像同様地味、と言うよりは過剰な演出を廃した音作りとなっている。
 ハドソン川への着水に到る一連のシーンでも、どっかんばっきんと爆炎が吹き上がるようなことはなく、機体が震え軋む音がトップスピーカーを含む全方位から淡々と、重々しく響いてくる。極めて真面目かつ冷徹な音響であり、ケレン味はないが、映像演出との合わせ技でまさに致命的な状況に陥った機内にいるのだという強烈な臨場感を味わえる。息をするのを忘れるほどに。
 Dolby Atmos収録作品として、別にオブジェクト効果がなくなったところで音響に本質的な変化があるとも思えないが、トップスピーカーの活用はなかなか凝っている。右エンジンが吹っ飛ぶ際はトップ・ライトがガガガと唸り、左エンジンが停止する際はトップ・レフトがギギギと軋む。監督の前作『アメリカン・スナイパー』とは打って変わった芸達者ぶりである。
 飛行機と並ぶ音の主役はやっぱりダイアローグ。これまた役者の唇や喉の動きまでしっかりと伝える明瞭にして豊潤なもので、会話劇を聴く深い喜びが味わえる。
 派手さはなくとも、完璧の上にさらなる魅力を頂く素晴らしい音である。

○聴きどころ
 ダイアローグ
 208秒


○総評
 監督には長生きしてずっと映画を撮り続けてほしい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。専用アプリも - Phile-

記事を読む

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

【音源管理の精髄】 複数のディスクから成るアルバムをどう扱うべきか 【ネットワークオーディオTips】

 参考になるかもしれない備忘録。  私は基本的にCDをリッピングする際、「ディスク1枚

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」 - 140万円 - Phil

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑