*

【UHD BDレビュー】第23回『エイリアン:コヴェナント』 米国盤 【Dolby Atmos】




 40年近くの時を経てついにリドリー・スコットがゼノモーフを撮る。
 もうそれだけで面白い。


画質:8
音質:14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K撮影(ARRI ALEXA XT)・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 順当な画質。
 全体的には前作の『プロメテウス』と似たり寄ったりの画と言えるが、ノイズで荒れる場面がなくなり、人工物と自然物の双方で情報量が増すなど、全体的な底上げが見られる。
 全編通じて情報量はじゅうぶん。登場人物がクローズアップされる時のディテールの出方もじゅうぶん。暗いシーンは甘くなるが、それでも黒への階調は滑らかだし自然な画なので不満が生じるようなものではない。
 本作では深い闇と強烈な光が同居するシーンが多いため、HDRの恩恵が存分に活きて、強い現実感が得られる。やたらと血が綺麗である。そして薄暗い空間を薄暗いまま、ディテールは出してもノイズを出さず、透明な闇とともに描き切ったのは見事。
 最も凄絶にして美しいシーンは、やはりゼノモーフが生まれるシーンだろう。

○見どころ
 ゼノモーフ
 格納庫


○音質
 エイリアン史上最高音質。
 『プロメテウス』でも聴ける緻密闊達なマルチチャンネル・サラウンドに、背筋を凍らせる威力が加わり、「汗をかく」音響へと結実した。
 「1」から継承されたひどく懐かしい数々の劇伴はさして出しゃばらずとも常に存在感を示し、精緻に構築された環境音とともに濃密極まる雰囲気を醸成する。
 ダイアローグの質感は清廉にして明瞭。時として会話劇の様相を呈する本作において、情念をしっかりと湛えた声は大きな魅力となっている。
 トップスピーカーは徹底的かつ効果的に活用されている。オブジェクトオーディオという観点では移動感と包囲感の猛烈さ、非常に細かい音が膨大に降り注ぐといったハイライトが多数ある。
 完璧に調律された美しい戦慄。

○聴きどころ
 壺の中身をぶちまける
 ゼノモーフ


○総評
 単体ではなんとも消化不良に終わってしまった『プロメテウス』だが、本作の「序章」として見れば実に面白く、むしろ本作は完全にプロメテウスを見ていることが前提の作りとなっている。というわけで『プロメテウス』と本作は、「二つ合わせて一つの作品」として見るべきである。そして展開の素早さはさすがに現代的だが、初代を彷彿とさせるような美しい戦慄を随所に感じることができた。個人的には傑作。
 UHD BDは画も音もいいぞ。買おう。その前に映画館に見に行こう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑