*

【UHD BDレビュー】第26回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 米国盤 【Dolby Atmos】



 ディズニーは日本でUHD BDを売るつもりはないのか……?


画質:8(HDR10での評価)
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC・Dolby Vision 8K撮影・2Kマスター ←Oh……
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:小 オブジェクト効果:極小


○画質
 8K撮影なのに2Kマスターという……悲しみ! ディズニーの資金力をもってすら4Kマスターでの製作は困難なのか、それともまた別の理由があるのか。まあいいや。
 全体的にしっとり穏やかな画であり、強烈な解像感が意識されるようなシーンはほとんどない。とはいうものの情報量は細部にまでしっかりと行き渡っており、解像感とは別の路線で力のある画だと言える。常に半裸のドラックスの上半身の模様などは妙に迫真の立体感を表出する。もっとも、そんなもんが見えて何が嬉しいのかわからんが。
 夢幻めいた極彩色の光景が広がるエゴの星が本作の画質的なハイライト。鮮やかかつ多様な色彩が乱れ飛びながら色の飽和や階調の破綻が一切見られず、UHD BDで拡大した色域の恩恵を見せつけられた感がある。エゴの宮殿の床や壁に施された複雑な模様も微妙な色の違いの中でしっかりと描き出されており、情報量の増大に大きく寄与している。
 MCU作品のなかでも群を抜いてCGまみれの本作がUHD BDでどう表現されるのかと興味津々だったが、肝心のCGの描写に関して、色彩と高輝度での表現力に少なからず効果を発揮したと言えそうだ。

○見どころ
 エゴの星


○音質
 うーむ、しょぼい。
 音数はそれなりにあるし、しっかりサラウンドしているので一応8点を付けているが、映像のスケールに比べて音に力がなさすぎる。
 宇宙空間で雲霞のごとく襲い掛かる戦闘機との戦いも、森を飛び跳ねるアライグマも、口笛を吹く顔の青い親父の活躍も、岩巨人とパックマンの激突も、とにかく絶望的に威力が足りない。まるで『アイアンマン』の悪夢再びである。MCU作品はDCEU作品に比べて常に音に力がなさすぎるのはいい加減なんとかならないものか。
 唯一の救いは劇中を彩る数々の曲(歌)の音が良いこと。それにしたって盛り上がりが足りないことも確かだが。つまるところ本作の音はアクション映画のそれではなく、あくまでも音楽ドラマ的なノリで作られたということなのだろうか?
 トップスピーカーの活用も謎。360度あらゆる方向に飛び交う宇宙での戦闘ではまったく鳴らさないくせに、平時のシーンにおける環境音/暗騒音はわりと常に鳴っていたりする。チャンネルベースを凌駕する移動感・定位感・包囲感が得られたかと言われれば、そんな感じもない。

○聴きどころ
 歌


○総評
 ディズニーの初UHD BDとしては……悪くはないけど……うーむ…………
 MCU作品はいい加減音をなんとかしてくれ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑