*

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bdx-men%e3%82%a2%e3%83%9d%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%97%e3%82%b9

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 端的に言って圧倒的な高画質。最大瞬間風速どころか平均風速ですら15☆を狙えるほどの凄まじい画質である。
 例によって私の視聴環境はHD/SDRなわけだが、それでも並の高画質BDが裸足で逃げ出すほどの異様な解像感が全編にみなぎっており、下手をすれば「コレもう4Kディスプレイなんて要らんかもしれんな……」とさえ思えてくる。
 画の基調はポストHD時代らしいノイズ感のない清廉なもの。画面に炸裂する光彩と色彩は濃厚かつ絢爛、それでいてのっぺりとした表情にはならず稠密なディテールをさも当然のように湛えている。
 特に素晴らしいのは俳優たちのクローズアップ。強調感やノイズ感の一切ない画調ながら、持ち前の解像感と膨大な情報量のおかげで、かつてない立体感――もはや実在感と呼んでいいほどの――が実現されている。
 こんな具合に手放しに絶賛できる画質なわけだが、一部のシーンでノイジーになったり急に甘くなったり、完璧に画質が維持されるわけではない。もしそうだったら間違いなく15☆が付いた。あとは、シーンによってはCGの出来が妙にしょぼかったりするのが気になるといえば気になる。船からコンテナが吹っ飛ぶシーンなんか特に。

○見どころ
 アポカリプスの顔


○音質
 祝・X-MENでアトモス。ところで「アトモス」ってミュータントの名前に使えそう。
 冒頭、ピラミッドが崩落する際の空間を塗り潰す巨大感と重厚感から素晴らしいテンションで鳴り響くオープニングタイトルへの見事な遷移を耳にして、コレはきっと凄いぞとの確信があった。実際、X-MENは元々BGMの朗々たる鳴りっぷりに(主に私の中で)定評のあるシリーズで、その美点をさらに磨き上げつつ本作では効果音のダイナミズムも大いに増している。
 大作映画らしい緻密なマルチチャンネル・サラウンドにじゅうぶんな威力が加わり、黙示録をまさに音でもって体感できる仕上がりになっている。
 オブジェクトオーディオの活用はクイックシルバーの活躍やマグニートーが巻き上げる瓦礫などで効果が感じられ、特にセレブロのシーンにおいてはトップスピーカーが大活躍。自信を包む球場の空間に光点が音を伴って浮かび上がる様は、X-MEN史上最高のセレブロ体験と言っていい。
 ダイアローグの質感もかつてないほど良好。アポカリプスの胡散臭い声も濁ったり窮屈さを感じたりすることなく再現できている。
 とにかく全方位的に素晴らしい映画音響である。

○聴きどころ
 音楽全般
 セレブロ


○総評
 X-MEN新三部作の最終作にして、疑いようもなくX-MENシリーズのBD(コレはUHD BDだけど)として最高品質。ちなみに『フューチャー&パスト』のUHD BDは基準に照らして買っていない。
 ある意味では『X-MEN 3』の頃からBDと共に歩んできたシリーズが、ついにUHD BDで最高の品質に達したのだと思うと、なんだか感慨深いものがある。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】総まとめ

 せっかく見れるようになったからには記録を残さねば、ということでさっそくレビューを始める。  ただ

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。  商売云々を度外視した理想論であることは承知している。  あく

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第160回『アバター』

画質:15☆ Magnificent 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑