*

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bdx-men%e3%82%a2%e3%83%9d%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%97%e3%82%b9

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:14
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 端的に言って圧倒的な高画質。最大瞬間風速どころか平均風速ですら15☆を狙えるほどの凄まじい画質である。
 例によって私の視聴環境はHD/SDRなわけだが、それでも並の高画質BDが裸足で逃げ出すほどの異様な解像感が全編にみなぎっており、下手をすれば「コレもう4Kディスプレイなんて要らんかもしれんな……」とさえ思えてくる。
 画の基調はポストHD時代らしいノイズ感のない清廉なもの。画面に炸裂する光彩と色彩は濃厚かつ絢爛、それでいてのっぺりとした表情にはならず稠密なディテールをさも当然のように湛えている。
 特に素晴らしいのは俳優たちのクローズアップ。強調感やノイズ感の一切ない画調ながら、持ち前の解像感と膨大な情報量のおかげで、かつてない立体感――もはや実在感と呼んでいいほどの――が実現されている。
 こんな具合に手放しに絶賛できる画質なわけだが、一部のシーンでノイジーになったり急に甘くなったり、完璧に画質が維持されるわけではない。もしそうだったら間違いなく15☆が付いた。あとは、シーンによってはCGの出来が妙にしょぼかったりするのが気になるといえば気になる。船からコンテナが吹っ飛ぶシーンなんか特に。

○見どころ
 アポカリプスの顔


○音質
 祝・X-MENでアトモス。ところで「アトモス」ってミュータントの名前に使えそう。
 冒頭、ピラミッドが崩落する際の空間を塗り潰す巨大感と重厚感から素晴らしいテンションで鳴り響くオープニングタイトルへの見事な遷移を耳にして、コレはきっと凄いぞとの確信があった。実際、X-MENは元々BGMの朗々たる鳴りっぷりに(主に私の中で)定評のあるシリーズで、その美点をさらに磨き上げつつ本作では効果音のダイナミズムも大いに増している。
 大作映画らしい緻密なマルチチャンネル・サラウンドにじゅうぶんな威力が加わり、黙示録をまさに音でもって体感できる仕上がりになっている。
 オブジェクトオーディオの活用はクイックシルバーの活躍やマグニートーが巻き上げる瓦礫などで効果が感じられ、特にセレブロのシーンにおいてはトップスピーカーが大活躍。自信を包む球場の空間に光点が音を伴って浮かび上がる様は、X-MEN史上最高のセレブロ体験と言っていい。
 ダイアローグの質感もかつてないほど良好。アポカリプスの胡散臭い声も濁ったり窮屈さを感じたりすることなく再現できている。
 とにかく全方位的に素晴らしい映画音響である。

○聴きどころ
 音楽全般
 セレブロ


○総評
 X-MEN新三部作の最終作にして、疑いようもなくX-MENシリーズのBD(コレはUHD BDだけど)として最高品質。ちなみに『フューチャー&パスト』のUHD BDは基準に照らして買っていない。
 ある意味では『X-MEN 3』の頃からBDと共に歩んできたシリーズが、ついにUHD BDで最高の品質に達したのだと思うと、なんだか感慨深いものがある。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Natsukashii

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Natsukashii

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑