*

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・追記】



 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。

UHD BDデップー

画質:7 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:11)
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K/5K/6K/35mmフィルム撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos


○画質
 なんともムラのある画。
 全体的に解像感志向というよりはむしろしっとり路線で、強調感のない滑らかな画が得られている。情報量がばっちり乗ったシーンでは精細感としとやかさが両立した実に見事な画が見られるものの、残念ながらそういったシーンはあまり多くない。シーンによっては明らかに甘く、情報量が足りず、ノイジーになることもある。
 ディテール表現で最も印象に残ったのはなぜかデッドプールのスーツ、特にケツの素材感。しょっちゅうクローズアップされていたせいだろうか。ケツが異様な存在感で迫りく来る。
 ダイナミックレンジは輝度・色ともに非常に広い。暗がりのシーンでは粘りに粘って立体的な闇を映し出し、燃え盛る炎のシーンでは色が飽和して白一色になるようなこともなく『007 慰めの報酬』で見られたような美しさが実現されている。その美しさの中で何をやっているかといえば素っ裸で殴り合っているのだが。
 本作は3.4K撮影の4Kマスターとのことだが、ことHD環境で見ている限り、これより高画質な作品/BDは数多くある。ただ、BDよりもUHD BDの方がHD環境においても圧倒的に高画質である。画面全体の立体感やコロッサスの鈍い輝きの表現などで、ダイナミックレンジの差が顕著に出る。また、BDは明らかに粒状感が強く、UHD BDのような清廉さは影を潜める。

【4K/HDR環境での追記】
 現時点ではまだまだ貴重な4Kマスターの作品ながら、解像感の向上も含め、期待していたほどの伸びしろはなかった。
 空に浮かぶ雲の立体感なんかはそれなりにHDRの恩恵を感じる。

○見どころ
 ケツ


○音質
 うちのシステムはオブジェクトオーディオ非対応なのでコンパチのドルビーTRUEHD 7.1chで視聴。
 BDのDTS-HD Master Audio 7.1chに比べて威力・空間表現ともに一段上であり、Dolby Atmos用の音声マスターを別個に作ったものと思われる。
 あまり創意工夫を感じる類の音響ではないものの、普通にアクション映画として十分すぎるほどのケレン味と盛り上がりが詰め込まれている。銃撃&剣撃の鋭さと重低音の威力が両立し、マルチチャンネル・サラウンドの活用による移動感・包囲感の表現も申し分ない。既存楽曲の劇伴使用もただ垂れ流すだけでなく、映画音響として実に聴き応えのあるミックスが施されている。
 ただ、とにかくしゃべりまくる映画の割には声の質感が大味で、もう少し繊細さがほしかった。

【Dolby Atmos環境での追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 スーパーヒーロー・ランディング
 コロッサスとエンジェル・ダストの殴り合い 


○総評
 HD環境で見ても、BDとUHD BDの差は歴然としている。
 さらに本作のように、BDとUHD BDで音声仕様にまで明らかな差が付けられるようでは、ますますBDを買うのが辛くなってしまう。
 なんだかんだ言って先にUHD BDの再生環境を作るという選択をしてよかった、と思える一本である。
 UHD BDのクオリティとしては……まぁ…………



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実

記事を読む

【UHD BDレビュー】第36回『スターシップ・トゥルーパーズ:火星の反逆者』 米国盤 【Dolby Atmos】

原題は『Starship Troopers: Traitor of Mars』 画

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑