*

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2016/09/25 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。

UHD BDデップー

画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:11
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC
音声:Dolby Atmos


○画質
 なんともムラのある画。
 全体的に解像感志向というよりはむしろしっとり路線で、強調感のない滑らかな画が得られている。情報量がばっちり乗ったシーンでは精細感としとやかさが両立した実に見事な画が見られるものの、残念ながらそういったシーンはあまり多くない。シーンによっては明らかに甘く、情報量が足りず、ノイジーになることもある。
 ディテール表現で最も印象に残ったのはなぜかデッドプールのスーツ、特にケツの素材感。しょっちゅうクローズアップされていたせいだろうか。ケツが異様な存在感で迫りく来る。
 ダイナミックレンジは輝度・色ともに非常に広い。暗がりのシーンでは粘りに粘って立体的な闇を映し出し、燃え盛る炎のシーンでは色が飽和して白一色になるようなこともなく『007 慰めの報酬』で見られたような美しさが実現されている。その美しさの中で何をやっているかといえば素っ裸で殴り合っているのだが。
 本作は3.4K撮影の4Kマスターとのことだが、ことHD環境で見ている限り、これより高画質な作品/BDは数多くある。ただ、BDよりもUHD BDの方がHD環境においても圧倒的に高画質である。画面全体の立体感やコロッサスの鈍い輝きの表現などで、ダイナミックレンジの差が顕著に出る。また、BDは明らかに粒状感が強く、UHD BDのような清廉さは影を潜める。

○見どころ
 ケツ


○音質
 うちのシステムはオブジェクトオーディオ非対応なのでコンパチのドルビーTRUEHD 7.1chで視聴。
 BDのDTS-HD Master Audio 7.1chに比べて威力・空間表現ともに一段上であり、Dolby Atmos用の音声マスターを別個に作ったものと思われる。
 あまり創意工夫を感じる類の音響ではないものの、普通にアクション映画として十分すぎるほどのケレン味と盛り上がりが詰め込まれている。銃撃&剣撃の鋭さと重低音の威力が両立し、マルチチャンネル・サラウンドの活用による移動感・包囲感の表現も申し分ない。既存楽曲の劇伴使用もただ垂れ流すだけでなく、映画音響として実に聴き応えのあるミックスが施されている。
 ただ、とにかくしゃべりまくる映画の割には声の質感が大味で、もう少し繊細さがほしかった。

【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

○聴きどころ
 スーパーヒーロー・ランディング
 コロッサスとエンジェル・ダストの殴り合い 


○総評
 HD環境で見ても、BDとUHD BDの差は歴然としている。
 さらに本作のように、BDとUHD BDで音声仕様にまで明らかな差が付けられるようでは、ますますBDを買うのが辛くなってしまう。
 なんだかんだ言って先にUHD BDの再生環境を作るという選択をしてよかった、と思える一本である。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第147回『コンタクト』

言葉では……とても表現できない! 詩人を……詩人を乗せるべきだった!! 大好きなSF映画である。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】いつの間にかTwonkyが8になっていた+α

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑