*

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤 【Dolby Atmos】

uhd-bdsicario-%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

画質:15 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 『ノーカントリー』を現代的かつ極めて高品質にした印象の画。一昔前からすれば想像もできないような恐るべき高画質である。
 強い日差しが照り付け、充実した光量の得られるシーンの解像感は10点越えの超高画質タイトルの中にあってなお隔絶し、映し出される人物の立体感、実在感は計り知れない。陰鬱かつ光量に乏しいシーン(本作ではこちらが支配的)においても、夜闇の中にあっても、完璧な解像感が安定して維持される。おどろおどろしく、不健康で、血生臭く、克明。それでいて粒状感は極小に抑えられており、毒々しさよりもむしろ見通しの良さが勝る。
 背景や小道具のディテール描写も極めて稠密。陽を透かしたカーテンが織り成す陰影などは迫真の表現を見せる。

○見どころ
 人物描写


○音質
 これまた『ノーカントリー』を連想させる、静寂から一気に空間を切り裂く瞬発力に満ちている。本作はドンパチ映画ではないので銃撃の頻度・規模ともにそれほどでもないが、放たれる銃声はどれもこれも存在感抜群。物量には頼らずとも、聴いていて汗をかく類の音響である。
 音楽は朗々と鳴って場を盛り上げるようなものではなく、密やかに、低音域を中心に脈打つ鼓動の如き旋律が緊迫感の醸成に大きな仕事をしている。小音量かつ輪郭明瞭な低音再生が求められる、なかなか難易度の高いサウンド・トラックと思われた。
 オブジェクトオーディオについては、飛び去るヘリ、頭上への着弾と舞い散る砂礫、機会は少ないながらも非常に明瞭かつ的確な音がトップスピーカーから飛んでくる。環境音と音楽もトップスピーカーに振られている。
 とはいえ、本作は基本的に静寂が支配する作品であり、要所要所でトップスピーカーの的確な活躍はあれど、全体として映像体験を激変させるものではない。

○聴きどころ
 冒頭
 高速道路での一幕


○総評
 内容、画、音、いずれも非常にハイレベル。あまり一般受けする作品とは思えないものの、私にとっては充実した映画体験だった。
 それはそうと、『ALL YOU NEED IS KILL』といい、本作といい、エミリー・ブラントってなんかマッチョな役が妙に多くなった気が……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 甲府@中山 より:

    こんばんは、最近よく拝見しています。
    こちらの北米版UHDBDですが、日本語字幕
    は入っていたでしょうか?

  2. 甲府@中山 より:

    回答ありがとうございました。
    凄い評価だったので、つい書き込んでしまい、
    すいませんでした。
    「X-men apocalypse」
    「Tarzan」
    「The shallows」
    「Pacific rim」
    など、日本語字幕吹き替えとも入っている上、
    HDRの仕上がりも極上のソフトがあるので
    確認したくなりました。それでは失礼します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑