*

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/08/17 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・追記】



uhd-bdsicario-%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

画質:8 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:15)
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 『ノーカントリー』を現代的かつ極めて高品質にした印象の画。一昔前からすれば想像もできないような恐るべき高画質である。
 強い日差しが照り付け、充実した光量の得られるシーンの解像感は10点越えの超高画質タイトルの中にあってなお隔絶し、映し出される人物の立体感、実在感は計り知れない。陰鬱かつ光量に乏しいシーン(本作ではこちらが支配的)においても、夜闇の中にあっても、完璧な解像感が安定して維持される。おどろおどろしく、不健康で、血生臭く、克明。それでいて粒状感は極小に抑えられており、毒々しさよりもむしろ見通しの良さが勝る。
 背景や小道具のディテール描写も極めて稠密。陽を透かしたカーテンが織り成す陰影などは迫真の表現を見せる。

【4K/HDR環境での追記】
 やはり良い。
 UHD BDとして突き抜けたレベルではないものの、解像感・情報量が全編通じて高度に安定しており、HDRらしい階調の豊かさも感じられる。
 全体的にピーキーになりがちなUHD BDにあって、画質の諸要素が高次元でバランスした素晴らしいタイトル。

○見どころ
 人物描写


○音質
 これまた『ノーカントリー』を連想させる、静寂から一気に空間を切り裂く瞬発力に満ちている。本作はドンパチ映画ではないので銃撃の頻度・規模ともにそれほどでもないが、放たれる銃声はどれもこれも存在感抜群。物量には頼らずとも、聴いていて汗をかく類の音響である。
 音楽は朗々と鳴って場を盛り上げるようなものではなく、密やかに、低音域を中心に脈打つ鼓動の如き旋律が緊迫感の醸成に大きな仕事をしている。小音量かつ輪郭明瞭な低音再生が求められる、なかなか難易度の高いサウンド・トラックと思われた。
 オブジェクトオーディオについては、飛び去るヘリ、頭上への着弾と舞い散る砂礫、機会は少ないながらも非常に明瞭かつ的確な音がトップスピーカーから飛んでくる。環境音と音楽もトップスピーカーに振られている。
 とはいえ、本作は基本的に静寂が支配する作品であり、要所要所でトップスピーカーの的確な活躍はあれど、全体として映像体験を激変させるものではない。

○聴きどころ
 冒頭
 高速道路での一幕


○総評
 内容、画、音、いずれも非常にハイレベル。あまり一般受けする作品とは思えないものの、私にとっては充実した映画体験だった。
 それはそうと、『ALL YOU NEED IS KILL』といい、本作といい、エミリー・ブラントってなんかマッチョな役が妙に多くなった気が……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【BDレビュー】 第228回『パンズ・ラビリンス』

前々から見たかった作品、ようやく国内でBDが出たので初視聴。 「ファンタジー」という言葉の意味を、

記事を読む

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す

 今までドルビーは「さらに後ろにスピーカーを置くといいぞ!」とか「フロントの横にスピーカーを置くとい

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 甲府@中山 より:

    こんばんは、最近よく拝見しています。
    こちらの北米版UHDBDですが、日本語字幕
    は入っていたでしょうか?

  2. 甲府@中山 より:

    回答ありがとうございました。
    凄い評価だったので、つい書き込んでしまい、
    すいませんでした。
    「X-men apocalypse」
    「Tarzan」
    「The shallows」
    「Pacific rim」
    など、日本語字幕吹き替えとも入っている上、
    HDRの仕上がりも極上のソフトがあるので
    確認したくなりました。それでは失礼します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑