*

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/08/17 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・追記】



uhd-bdsicario-%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

画質:8 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:15)
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 『ノーカントリー』を現代的かつ極めて高品質にした印象の画。一昔前からすれば想像もできないような恐るべき高画質である。
 強い日差しが照り付け、充実した光量の得られるシーンの解像感は10点越えの超高画質タイトルの中にあってなお隔絶し、映し出される人物の立体感、実在感は計り知れない。陰鬱かつ光量に乏しいシーン(本作ではこちらが支配的)においても、夜闇の中にあっても、完璧な解像感が安定して維持される。おどろおどろしく、不健康で、血生臭く、克明。それでいて粒状感は極小に抑えられており、毒々しさよりもむしろ見通しの良さが勝る。
 背景や小道具のディテール描写も極めて稠密。陽を透かしたカーテンが織り成す陰影などは迫真の表現を見せる。

【4K/HDR環境での追記】
 やはり良い。
 UHD BDとして突き抜けたレベルではないものの、解像感・情報量が全編通じて高度に安定しており、HDRらしい階調の豊かさも感じられる。
 全体的にピーキーになりがちなUHD BDにあって、画質の諸要素が高次元でバランスした素晴らしいタイトル。

○見どころ
 人物描写


○音質
 これまた『ノーカントリー』を連想させる、静寂から一気に空間を切り裂く瞬発力に満ちている。本作はドンパチ映画ではないので銃撃の頻度・規模ともにそれほどでもないが、放たれる銃声はどれもこれも存在感抜群。物量には頼らずとも、聴いていて汗をかく類の音響である。
 音楽は朗々と鳴って場を盛り上げるようなものではなく、密やかに、低音域を中心に脈打つ鼓動の如き旋律が緊迫感の醸成に大きな仕事をしている。小音量かつ輪郭明瞭な低音再生が求められる、なかなか難易度の高いサウンド・トラックと思われた。
 オブジェクトオーディオについては、飛び去るヘリ、頭上への着弾と舞い散る砂礫、機会は少ないながらも非常に明瞭かつ的確な音がトップスピーカーから飛んでくる。環境音と音楽もトップスピーカーに振られている。
 とはいえ、本作は基本的に静寂が支配する作品であり、要所要所でトップスピーカーの的確な活躍はあれど、全体として映像体験を激変させるものではない。

○聴きどころ
 冒頭
 高速道路での一幕


○総評
 内容、画、音、いずれも非常にハイレベル。あまり一般受けする作品とは思えないものの、私にとっては充実した映画体験だった。
 それはそうと、『ALL YOU NEED IS KILL』といい、本作といい、エミリー・ブラントってなんかマッチョな役が妙に多くなった気が……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

LUMIN A1を試す・動作編

導入編  今回試用したLUMIN A1は御厚意により手配していただいた試聴機であり、また試

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので、さっそくその2。  決戦編

記事を読む

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 甲府@中山 より:

    こんばんは、最近よく拝見しています。
    こちらの北米版UHDBDですが、日本語字幕
    は入っていたでしょうか?

  2. 甲府@中山 より:

    回答ありがとうございました。
    凄い評価だったので、つい書き込んでしまい、
    すいませんでした。
    「X-men apocalypse」
    「Tarzan」
    「The shallows」
    「Pacific rim」
    など、日本語字幕吹き替えとも入っている上、
    HDRの仕上がりも極上のソフトがあるので
    確認したくなりました。それでは失礼します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑