*

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選

 未だBD化されていない作品も多いというのに……


 今後の新作は、ある程度金のかかったタイトルであればほっといてもUHD BDで出るだろうから(それこそ『フォースの覚醒』とか)、基本的に望むのは旧作のUHD BD化ということになる。


 必ずしもマスターの解像度が最終的な画質に直結しないとはいえ、昨今の新作でさえ2Kマスターの作品が多いという状況では、UHD BDの「4K/HDR」という売り文句は片手落ちと言わざるを得ない。ゆえに、『スター・ウォーズ』のep2・ep3など、そもそも撮影の段階から2K/1080Pでマスターを作ってしまっている作品だと、別にUHD BDにしたところで……というのが正直なところだ。UHD BDには解像度以外の大きな要素として「HDR」と「色域の拡大」があるのだが、それに対応し得る状態でマスターが作られているのかわからない。
 そんなこんなで「一昔前のデジタル撮影の映画」は辛いのである。

 一方、フィルム撮影&マスターの映画であれば、リマスターによってその時々に合わせた高解像度かつ高スペックのマスターが得られる。実際、『許されざる者』『スターシップ・トゥルーパーズ』など、UHD BD化によって見事な高画質化を果たした(わりと昔の)フィルム撮影作品が存在している。

 アニメ作品に関しては、フィルム/デジタル制作を問わず、極々一部の例外(恐ろしくハイディテール志向とか、それこそネイティブ4Kで制作してるとか)を除いて、もうUHD BDになったところでBDから大きな飛躍は得られないのではという気がしている。そりゃ、UHD BD化の恩恵も何かしらあるだろう。例えばジブリのレガシーな作品を本気で4K/HDR化したら凄いんじゃないかと思う。しかし、DVDからBDへの飛躍が実に大きかったので、もうBDでじゅうぶんなんじゃないか、とも思う。そういう意味で、コレは凄く気になる。


 というわけで、UHD BD化の恩恵を最も受けられるのは、最初から高いスペックで製作された昨今の映画を除けば、おそらく「90年代半ば~2000年代前半のフィルム撮影の作品」ではないだろうか。それ以前の作品になると、そもそものフィルムの状態等で、画質的に厳しいものがあると思われる。BDでさえかなり厳しかったのだから、UHD BDになればなおさらだ。一応、『ブレードランナー』のような例外もあるにはあるのだが。

 以上のことを踏まえて、2017年末版の「UHD BD化を待ち望む作品」を10タイトル選んでみた。
 まぁ、つまり、「出れば間違いなく買うぞ」というタイトルである。
 ついでにDolby Atmos/DTS:Xに音響もパワーアップさせてほしい。



『AKIRA』(88年・フィルム)
ただしディズニーあるいはクライテリオンレベルのリマスターをすることが前提
本作に関して言えば192kHz/24bit/5.1chのままでいい


『ブレイブハート』(95年・35mmフィルム撮影)


『セブン』(95年・35mmフィルム撮影)


『プライベート・ライアン』(98年・35mmフィルム撮影)


『ダークシティ』(98年・35mmフィルム撮影)


『マトリックス』トリロジー(99~2003年・35mmフィルム撮影)


『グラディエーター』(2000年・35mmフィルム撮影)


・『ブラックホーク・ダウン』(2001年・35mmフィルム撮影)


・『ロード・オブ・ザ・リング』トリロジー(2001~2003年・35mmフィルム撮影)
IMDbによれば2KDIマスターを作ってしまっているようだがそこはリマスターでなんとか


『キングダム・オブ・ヘブン』(2005年・35mmフィルム撮影)
IMDbによれば2KDIマスターを作ってしまっているようだがそこはリマスターでなんとか



 ここに挙げたタイトルは、BDの時点で基本的に画質に優れたものばかりである。
 逆に言えば、「BDの時点で画質的にたいしたことのない作品が、UHD BDの器を得たところでいったいどうするというのか」ということでもある。
 もちろん、『AKIRA』のように不本意な例や、『ブラックホークダウン』『キングダム・オブ・ヘブン』のように最初期にBD化された結果、以降の高画質化の恩恵を受けられていないというタイトルもある。実際に後者の作品で、見違えるような向上を果たしたのが『スターシップ・トゥルーパーズ』と言える。

 この10本(シリーズも入ってるけど)がUHD BD化されないまま、「もうUHD BDは終わりました」なんて展開にならないことを祈るばかりだ。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて - SFORZATO

記事を読む

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 音質編

外観・運用編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 『Linn Kazoo』

 急に登場したLINNの新作アプリ。  例によってメディアではべた褒めされているが、はたして実態や

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

LUMIN App Version 3.0

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑