*

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】




【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』


画質:9
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:小


○画質
 BDとしては最上級の画を見せてくれた前作と同じ路線の、切れ味鋭く光と闇が美しい画。器が大きくなったぶんばらつきも目立つようになったが、ピークとなるシーンでは「これが4Kか!」と唸るに足る鮮鋭な画を見せる。2.8K撮影の2Kマスターにもかかわらず、である。実際、制作時のスペックが画質に影を落としているようにはまったく見えない。
 HDRの効果も著しい。夜の古城で行われるレイブではライトの演出が実に印象的で、ダイナミックレンジの拡大の恩恵を露骨かつ如実に感じるシーンと言える。ラスト近辺、鏡と光と映像から成る現代アート空間を舞台とするシーンでは、まばゆい光の乱舞と高輝度領域でも失われない豊かなグラデーションによって、極めて現実的かつ異次元めいた画となっている。

○見どころ
 古城でのレイブ
 美術館


○音質
 前作からあらゆる点で大きなレベルアップを果たし、シューテムアップ映画(個人技)に望み得る最上級の音となった。
 のっけから始まるカーチェイスの時点でのけぞるほどの威力があり、自ずと銃撃戦への期待度も上がった。そして期待は裏切られなかった。
 劇中で発砲されるすべての銃弾は鋭く重く力強く、トップスピーカーを含めた全チャンネルから炸裂する。ジョン・ウィックの戦闘スタイル的にあくまで拳銃が主体ながら、とにかく撃つ量が半端ではないため、銃撃戦では『リベリオン』並の充実感が味わえる。銃声の威力や音のテンションの高さは『男たちの挽歌 II』のレベルにまで達している。
 古城の地下で繰り広げられる銃撃戦で顕著なように、銃声の反響や弾丸を受けて舞い散る壁や天井の音などで、トップスピーカーの活用もおおいに充実している。とはいうものの基本的に銃撃戦――点と線の音響であることにはかわりなく、オブジェクト効果でどうこうなるものではない。
 サブウーファーをがんがん使ったBGMがどこすか鳴り響く中、それを貫いて鼓膜を激しく震わせる鋭利で下品な銃撃戦。これぞシューテムアップ映画である。素晴らしい興奮を提供する本作の音には最大級の賛辞を送りたい。

○聴きどころ
 銃が火を噴くすべてのシーン


○総評
 いいぞもっとやれ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUHD BDは本当に4Kマスターな

記事を読む

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。  中身

記事を読む

【Roon】関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・追記】 【考察】

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑