*

【BDレビュー】第28回『ジョン・ウィック:チャプター2』 米国盤 【Dolby Atmos】




【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』


画質:9
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 2.8K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:小


○画質
 BDとしては最上級の画を見せてくれた前作と同じ路線の、切れ味鋭く光と闇が美しい画。器が大きくなったぶんばらつきも目立つようになったが、ピークとなるシーンでは「これが4Kか!」と唸るに足る鮮鋭な画を見せる。2.8K撮影の2Kマスターにもかかわらず、である。実際、制作時のスペックが画質に影を落としているようにはまったく見えない。
 HDRの効果も著しい。夜の古城で行われるレイブではライトの演出が実に印象的で、ダイナミックレンジの拡大の恩恵を露骨かつ如実に感じるシーンと言える。ラスト近辺、鏡と光と映像から成る現代アート空間を舞台とするシーンでは、まばゆい光の乱舞と高輝度領域でも失われない豊かなグラデーションによって、極めて現実的かつ異次元めいた画となっている。

○見どころ
 古城でのレイブ
 美術館


○音質
 前作からあらゆる点で大きなレベルアップを果たし、シューテムアップ映画(個人技)に望み得る最上級の音となった。
 のっけから始まるカーチェイスの時点でのけぞるほどの威力があり、自ずと銃撃戦への期待度も上がった。そして期待は裏切られなかった。
 劇中で発砲されるすべての銃弾は鋭く重く力強く、トップスピーカーを含めた全チャンネルから炸裂する。ジョン・ウィックの戦闘スタイル的にあくまで拳銃が主体ながら、とにかく撃つ量が半端ではないため、銃撃戦では『リベリオン』並の充実感が味わえる。銃声の威力や音のテンションの高さは『男たちの挽歌 II』のレベルにまで達している。
 古城の地下で繰り広げられる銃撃戦で顕著なように、銃声の反響や弾丸を受けて舞い散る壁や天井の音などで、トップスピーカーの活用もおおいに充実している。とはいうものの基本的に銃撃戦――点と線の音響であることにはかわりなく、オブジェクト効果でどうこうなるものではない。
 サブウーファーをがんがん使ったBGMがどこすか鳴り響く中、それを貫いて鼓膜を激しく震わせる鋭利で下品な銃撃戦。これぞシューテムアップ映画である。素晴らしい興奮を提供する本作の音には最大級の賛辞を送りたい。

○聴きどころ
 銃が火を噴くすべてのシーン


○総評
 いいぞもっとやれ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

【BDレビュー】第319回『オデッセイ』

 UHD BDも購入予定。  しかもエクステンデッド版はDolby Atmos収録である。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

【BDレビュー】第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑