*

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ」表記を推奨。今後の普及拡大にも自信 – Phile-web


 とりあえずUHD BDの推奨表記だの何だのはどうでもよくて、もっともっと、もっともっともっともっと気になったのはコレ。

また、日本のセル/レンタルを含めたCDの売上は世界1位だが、DVD/BDに関しては2位となっている現状にも触れ、今後はワールドカップやオリンピックなど映像に関連するイベント特需により、「2019年にはDVD/BDのレンタルが、2020年にはセルが、それぞれ世界1位となるだろう」という見通しを語った。


 Oh…

 これって決して日本が伸びているわけではなく、「日本以外が沈んでいる」結果なのだと思うが、アメリカですらこういう状況なのか。
 Netflixをはじめとする映像配信サービスの興隆は、諸外国におけるパッケージメディアの存在感をここまで低下させたのか。
 音楽に引き続き、映像でもやっぱりこうなるのか。


 まぁ、音楽に関してはファイル再生とネットワークオーディオなんてものを実践している手前、私自身、正直なところパッケージメディア……というよりディスクそれ自体に思い入れはさしてなくなっている。
 もし、UHD BDの中身そのまんまの映像がデータで販売され、それを再生できる映像プレーヤーが存在するのなら、私はディスクではなくそっちを買うだろう。
 しかし、現にそんな状況にはなっていない(今後もならないだろう)ので、「現状入手し得る最も高品質なコンテンツの形態」ということで、UHD BDを買い続けているのである。実際にUHD BDは(当たりはずれもあるけど)最高なのでみんな買おう。

 今後、映像配信サービスがますます浸透し、パッケージメディアを追いやっていく傾向は変わらないだろう。配信にはいろんなメリットがあるし、それはそれでいい。
 そもそもUHD BDは「最後の映像ディスクメディア」と言われているので、冷静に考えればもはや「生き残るか」ではなく、「いつまで続くか」を考えなければならない時期と言えるのかもしれない。そりゃ私だってUHD BD(あるいは映像パッケージメディア)は長く続いてほしいと思うが、現実が現実である。それでも、たとえUHD BDが終わりを迎えたとしても、蓄積したライブラリが長きに渡って価値を保つことに疑いはない。

 ただ、オーディオ・ビジュアルを趣味とする者の一人として私が恐れてやまないのは、「映像配信サービスのクオリティが十全な向上を遂げないうちに、BD/UHD BDが死滅する」という未来である。

 画質に関して言えば、もちろん現状ではUHD BDに遠く及ばないにせよ、4K/HDRといった最新の潮流を取り入れており、未来は明るいと感じる。
 音質に関して言えば、現状では不安しかない。音楽ではTIDALやQobuzなどがロスレス品質での配信を行っている一方で、映像でロスレス音声を配信するなどという話はまるで聞こえてこない。
 それもそのはず、BD/UHD BDに収録されている24bitのDolby AtmosやDTS:Xといった音声は4~6Mbpsにもなる。5.1ch/24bit リニアPCMなら6.9Mbpsだ。AKIRAのBDなんてもっと大変だぞ。なんとかして映像を上手に綺麗に圧縮して帯域を節約しようと頑張っている側からすれば、こんなデータ量は到底許容できるものではないだろう。
 だから配信サービスでやってくる映像の音声はロッシーのままだし、だから私は映像配信サービスに本気になれない。こういうことを言う層は極々少数であることは百も承知だが、オーディオ・ビジュアルを趣味とする者として、「ロッシー」と「ロスレス」の差は決して受け入れられるものではない。だからTIDALはいいのだ。ロスレスだから。

 というわけで、上で「映像配信サービスのクオリティが十全な向上を遂げないうちに、BD/UHD BDが死滅する」状況を恐れると書いたが、厳密には、「映像配信サービスが音声のロスレス化を果たさないまま、BD/UHD BDが死滅する」、つまり「ロスレス音声で新たな映像作品を楽しむ手段が失われる」ことが恐ろしいのである。

 音楽で言うなら、「CD・SACD・レコード・ダウンロード販売(ハイレゾ音源含む)の形態で一切新作が販売されなくなり、ロッシーの音楽配信サービスだけが残る」という状況である。悪夢だ。幸いにしてそんな状況にはならずに済んだが。


 映像配信サービスにおいて、クオリティの向上を最終的に阻害する回線や帯域といった現実的な問題は、いつかは技術発展が解決してくれるものと信じている。お願いだから画質だけじゃなくて音質にも目を向けてほしいのである。いまさらDVD時代のロッシー音声に戻るのは嫌だ。

 そしていつかは訪れるであろう、UHD BDに別れを告げるその日には、映像配信サービスでUHD BDと遜色ない画質・音質が得られることを願ってやまない。本当にそうなるなら、出すものは出す。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of the Galaxy Vol. 2

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となる音源(CDやダウンロードしたファイル)からの情

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。  Linux

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑