*

【UHD BDレビュー】第24回『マグニフィセント・セブン』 【Dolby Atmos】




画質:8
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 熱い!
 光量の多いシーンでの切れ味鋭い解像感、クローズアップで匂い立つような銃や衣服のディテールなど、フィルム撮影&2Kマスターという仕様ながら、昨今のデジタル撮影作品と比べてもまったく見劣りしない画質の基礎体力がある。汗の滲む顔に陽を浴びた男どもの暑苦しい煌めきよ!
 昨今の作品では珍しくしっかりと粒状感を乗せているが、その粒は非常に細かく、BD時代によく目にしたゴリゴリした質感とはまた異なる、ある種の格調高さを感じるものとなっている。
 濃厚な色彩とハイコントラストを基調とし、しかもフィルム撮影ということでいかにも白飛びと黒潰れを起こしそうな画なのだが、上にも下にも階調と情報がしっかりと息づく。強烈に明るくかつ雲の立体感が消し飛んでいない空と、黒ずくめの主人公の衣服の「黒の中の黒の中の黒」が一画面の中に両立する。これぞHDRである。強い日差しの降り注ぐ屋外の光景を映したシーンでは目を見張るような画が拝める一方、暗いシーンになると急激に甘くなる振れ幅の広さも、またHDRらしいといえばらしい。

○見どころ
 男くさい顔面
 屋外をロングショットで撮ったシーン


○音質
 音のしょぼいドンパチ映画など炭酸の抜けたコーラに等しい。そして本作は開栓したてのコーラである。
 繊細さよりも豪快さを基調とする音ながら、弾数の多さに比例して音数は大量であり、現代的に緻密な音響構築に手抜かりはない。ダイアローグも音楽も力強く響く。特に音楽はサブウーファーもモリモリ駆使して充実感たっぷりである。
 トップスピーカーには音楽・環境音・銃声にくわえ、時としてなぜか馬の嘶きまでしっかりと振られており、情報量の増大に一役買っている。とはいうものの本作のハイライトである銃撃戦において、銃声と着弾はあくまで一瞬で通り過ぎる「点と線」の音響であり、オブジェクトだからどうこうという感覚はない。
 完成された音響と言えるが、膨大な音数や緻密なサラウンド感に比べて銃声一発一発の威力は少々控えめ。ドンパチ映画に突き抜けた魅力を与える無遠慮な荒々しさや恐怖を呼び起こす威力まではなく、唯一そこだけが残念ではある。

○聴きどころ
 ガトリング
 エンディングテーマ


○総評
 『荒野の七人』に比べてこちらは随分と物語のテンポが速い。存在や動機に疑問の残るキャラもいる。
 が、きっと本作はそういう細かいことを抜きにして楽しむべきなのだろう。
 UHD BDはじゅうぶんに高品質である。『荒野の七人』も含めて本作のファンならば買って損はない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UPnP 導入・設定・運用編

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」 - 140万円 - Phil

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑