*

【UHD BDレビュー】第24回『マグニフィセント・セブン』 【Dolby Atmos】




画質:8
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 熱い!
 光量の多いシーンでの切れ味鋭い解像感、クローズアップで匂い立つような銃や衣服のディテールなど、フィルム撮影&2Kマスターという仕様ながら、昨今のデジタル撮影作品と比べてもまったく見劣りしない画質の基礎体力がある。汗の滲む顔に陽を浴びた男どもの暑苦しい煌めきよ!
 昨今の作品では珍しくしっかりと粒状感を乗せているが、その粒は非常に細かく、BD時代によく目にしたゴリゴリした質感とはまた異なる、ある種の格調高さを感じるものとなっている。
 濃厚な色彩とハイコントラストを基調とし、しかもフィルム撮影ということでいかにも白飛びと黒潰れを起こしそうな画なのだが、上にも下にも階調と情報がしっかりと息づく。強烈に明るくかつ雲の立体感が消し飛んでいない空と、黒ずくめの主人公の衣服の「黒の中の黒の中の黒」が一画面の中に両立する。これぞHDRである。強い日差しの降り注ぐ屋外の光景を映したシーンでは目を見張るような画が拝める一方、暗いシーンになると急激に甘くなる振れ幅の広さも、またHDRらしいといえばらしい。

○見どころ
 男くさい顔面
 屋外をロングショットで撮ったシーン


○音質
 音のしょぼいドンパチ映画など炭酸の抜けたコーラに等しい。そして本作は開栓したてのコーラである。
 繊細さよりも豪快さを基調とする音ながら、弾数の多さに比例して音数は大量であり、現代的に緻密な音響構築に手抜かりはない。ダイアローグも音楽も力強く響く。特に音楽はサブウーファーもモリモリ駆使して充実感たっぷりである。
 トップスピーカーには音楽・環境音・銃声にくわえ、時としてなぜか馬の嘶きまでしっかりと振られており、情報量の増大に一役買っている。とはいうものの本作のハイライトである銃撃戦において、銃声と着弾はあくまで一瞬で通り過ぎる「点と線」の音響であり、オブジェクトだからどうこうという感覚はない。
 完成された音響と言えるが、膨大な音数や緻密なサラウンド感に比べて銃声一発一発の威力は少々控えめ。ドンパチ映画に突き抜けた魅力を与える無遠慮な荒々しさや恐怖を呼び起こす威力まではなく、唯一そこだけが残念ではある。

○聴きどころ
 ガトリング
 エンディングテーマ


○総評
 『荒野の七人』に比べてこちらは随分と物語のテンポが速い。存在や動機に疑問の残るキャラもいる。
 が、きっと本作はそういう細かいことを抜きにして楽しむべきなのだろう。
 UHD BDはじゅうぶんに高品質である。『荒野の七人』も含めて本作のファンならば買って損はない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選

 毒にも薬にもならないようなランキングを見たところで面白くない。  というわけで私もやる。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑