*

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/06/02 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般


 まごうことなき大傑作。
 みんな映画館に行こう!



画質:IX
音質:XIII
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 撮影解像度情報なし(Arri Alexa XTの撮影解像度は3.4K)・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 4K/HDR環境化でUHD BDの画質評価を書くのはこれが初めてなので少々緊張している。
 さて……

 フェニックスフォースもオプティックブラストも登場しない本作の映像はむしろドラマ基調であり、西部劇的な感触に満ちている。
 漲る、迸る、焼け付く、血と汗と情念が滲み出す様が、暗いシーンで甘くなるという点を除けば、全編通じて拝める。で、この「暗いシーンで甘くなる」というのが厄介で、UHD BDでは画質の上限が大きく伸びた結果だろうか、画質の振れ幅も非常に大きくなった感がある。
 良い(光量の豊富な)シーン、例えば強烈な日差しの照り付ける荒野の景観や木漏れ日の差し込む森の情景などはまさに「4K/HDRの精華ここにあり!」と快哉を叫びたくなるような画である。クローズアップが見せる登場人物の迫真の表情――チャールズやローガンの年輪! や衣装のディテールなど、高解像度化による情報量の増大は随所で恩恵をもたらしている。
 一方で、暗いシーンになると、もちろんノイズが出ているとか階調がばっさり抜け落ちているといった露骨な問題はなく、普通に見られる画ではあるにせよ、良いシーンに比べると解像感も情報量も著しく減退する。
 もっとも、UHD BDにおけるこの「落差」は本作に限らず、程度の差はあれ今まで見てきたすべてのUHD BDタイトルに存在しているので、やはりUHD BDになって画質の上限が大きく伸びた結果、BD以上に画質差が目に見えるようになったのだろう。BDでは器の限界から表出し得なかった画質差がUHD BDでは浮き彫りになったのだと考えれば、それはそれで興味深い。
 いずれにせよ、明らかにBDとは隔絶した画を見せてくれる、高い金を出すに値するUHD BDタイトルである。

○見どころ
 ジェームズ・ハウレット
 ウルヴァリン
 ローガン


○音質
 Dolby Atmos収録。
 じいさんが暴走した時の全方位ぐわんぐわん、妙に存在感のある鉄骨の軋み音、たまに頭上を掠めていく銃声など、それなりにトップスピーカーの活用はされている。しかし、基本的に本作の映像は縦の空間性や緻密な移動感が意識・要請されるようなものではなく、別にオブジェクトだからどうこうという印象はない。
 本作はある意味X-MENフランチャイズ史上最も重火器が活躍する(というより強い)作品であり、音響もそれに恥じない重厚さと強靭さを兼ね備えたものとなっている。オブジェクト感はなくとも、点と線から成る全方位のマルチチャンネル・サラウンドは素晴らしい興奮を提供する。
 神経質さと荒々しさと哀切が同居する劇伴は時に猛々しく鳴り渡る。その中でも登場人物の声は埋もれることなく、微細なニュアンスまで漏らすことなく聴かせる。
 そして何より、爪。鋭さ、重さ、痛さ、すべてにおいて過去最高である。本作の音響の主役は間違いなく爪。本作のアダマンチウムは、ヌルい音響システムで聴くにはあまりにももったいない。

○聴きどころ
 ウェポンX
 X-23
 X-24


○総評
 BDの初期、『X-MEN 3』がそれなりに高画質なタイトルとして扱われていたことを思い出す。それからもう10年も経ったのか。ローガンも老けたが私も老けた。
 17年間フランチャイズと付き合ってきたのなら、最高の環境を用意してクライマックスを迎えるべし。
 ずっと待ち望んでいた、ウルヴァリンの真の姿を目の当たりにする。
 Farewell, Logan.



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 葉見旺杜 より:

    この度従来のプロジェクター(DLA-X700R)が壊れたのを機に4Kデビュー、Atmosデビューを果たしました。 Atmos導入のキーワードでグーグルしたところ、貴サイトにたどり着いた次第です。それにしても良くまとめられた、的確で分かりやすくかつ熱意に溢れた表現で大変楽しく拝読しました。刺激され、今まで特に注目していなかったAKIRA, ガールズ&パンツアーをアマゾンでポチッとしてしまいました。今後とも楽しい記事を御願いします。

    • sakakihajime より:

      葉見旺杜さん

      画質音質にこだわることで、愛してやまない作品がもっと面白くなる……
      この趣味で得られる最大の喜びです。

      バックナンバーでも巡りつつ、今後も言の葉の穴でお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑