*

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/06/02 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般


 まごうことなき大傑作。
 みんな映画館に行こう!



画質:IX
音質:XIII
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 撮影解像度情報なし(Arri Alexa XTの撮影解像度は3.4K)・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 4K/HDR環境化でUHD BDの画質評価を書くのはこれが初めてなので少々緊張している。
 さて……

 フェニックスフォースもオプティックブラストも登場しない本作の映像はむしろドラマ基調であり、西部劇的な感触に満ちている。
 漲る、迸る、焼け付く、血と汗と情念が滲み出す様が、暗いシーンで甘くなるという点を除けば、全編通じて拝める。で、この「暗いシーンで甘くなる」というのが厄介で、UHD BDでは画質の上限が大きく伸びた結果だろうか、画質の振れ幅も非常に大きくなった感がある。
 良い(光量の豊富な)シーン、例えば強烈な日差しの照り付ける荒野の景観や木漏れ日の差し込む森の情景などはまさに「4K/HDRの精華ここにあり!」と快哉を叫びたくなるような画である。クローズアップが見せる登場人物の迫真の表情――チャールズやローガンの年輪! や衣装のディテールなど、高解像度化による情報量の増大は随所で恩恵をもたらしている。
 一方で、暗いシーンになると、もちろんノイズが出ているとか階調がばっさり抜け落ちているといった露骨な問題はなく、普通に見られる画ではあるにせよ、良いシーンに比べると解像感も情報量も著しく減退する。
 もっとも、UHD BDにおけるこの「落差」は本作に限らず、程度の差はあれ今まで見てきたすべてのUHD BDタイトルに存在しているので、やはりUHD BDになって画質の上限が大きく伸びた結果、BD以上に画質差が目に見えるようになったのだろう。BDでは器の限界から表出し得なかった画質差がUHD BDでは浮き彫りになったのだと考えれば、それはそれで興味深い。
 いずれにせよ、明らかにBDとは隔絶した画を見せてくれる、高い金を出すに値するUHD BDタイトルである。

○見どころ
 ジェームズ・ハウレット
 ウルヴァリン
 ローガン


○音質
 Dolby Atmos収録。
 じいさんが暴走した時の全方位ぐわんぐわん、妙に存在感のある鉄骨の軋み音、たまに頭上を掠めていく銃声など、それなりにトップスピーカーの活用はされている。しかし、基本的に本作の映像は縦の空間性や緻密な移動感が意識・要請されるようなものではなく、別にオブジェクトだからどうこうという印象はない。
 本作はある意味X-MENフランチャイズ史上最も重火器が活躍する(というより強い)作品であり、音響もそれに恥じない重厚さと強靭さを兼ね備えたものとなっている。オブジェクト感はなくとも、点と線から成る全方位のマルチチャンネル・サラウンドは素晴らしい興奮を提供する。
 神経質さと荒々しさと哀切が同居する劇伴は時に猛々しく鳴り渡る。その中でも登場人物の声は埋もれることなく、微細なニュアンスまで漏らすことなく聴かせる。
 そして何より、爪。鋭さ、重さ、痛さ、すべてにおいて過去最高である。本作の音響の主役は間違いなく爪。本作のアダマンチウムは、ヌルい音響システムで聴くにはあまりにももったいない。

○聴きどころ
 ウェポンX
 X-23
 X-24


○総評
 BDの初期、『X-MEN 3』がそれなりに高画質なタイトルとして扱われていたことを思い出す。それからもう10年も経ったのか。ローガンも老けたが私も老けた。
 17年間フランチャイズと付き合ってきたのなら、最高の環境を用意してクライマックスを迎えるべし。
 ずっと待ち望んでいた、ウルヴァリンの真の姿を目の当たりにする。
 Farewell, Logan.



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった

 何気なく2014/07/07の検索単語を見ていたら背筋が凍った。 2014-07-07

記事を読む

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

【BDレビュー】第305回『キングスマン』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ②

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 葉見旺杜 より:

    この度従来のプロジェクター(DLA-X700R)が壊れたのを機に4Kデビュー、Atmosデビューを果たしました。 Atmos導入のキーワードでグーグルしたところ、貴サイトにたどり着いた次第です。それにしても良くまとめられた、的確で分かりやすくかつ熱意に溢れた表現で大変楽しく拝読しました。刺激され、今まで特に注目していなかったAKIRA, ガールズ&パンツアーをアマゾンでポチッとしてしまいました。今後とも楽しい記事を御願いします。

    • sakakihajime より:

      葉見旺杜さん

      画質音質にこだわることで、愛してやまない作品がもっと面白くなる……
      この趣味で得られる最大の喜びです。

      バックナンバーでも巡りつつ、今後も言の葉の穴でお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑