*

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/06/02 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般


 まごうことなき大傑作。
 みんな映画館に行こう!



画質:IX
音質:XIII
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 撮影解像度情報なし(Arri Alexa XTの撮影解像度は3.4K)・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:小


○画質
 4K/HDR環境化でUHD BDの画質評価を書くのはこれが初めてなので少々緊張している。
 さて……

 フェニックスフォースもオプティックブラストも登場しない本作の映像はむしろドラマ基調であり、西部劇的な感触に満ちている。
 漲る、迸る、焼け付く、血と汗と情念が滲み出す様が、暗いシーンで甘くなるという点を除けば、全編通じて拝める。で、この「暗いシーンで甘くなる」というのが厄介で、UHD BDでは画質の上限が大きく伸びた結果だろうか、画質の振れ幅も非常に大きくなった感がある。
 良い(光量の豊富な)シーン、例えば強烈な日差しの照り付ける荒野の景観や木漏れ日の差し込む森の情景などはまさに「4K/HDRの精華ここにあり!」と快哉を叫びたくなるような画である。クローズアップが見せる登場人物の迫真の表情――チャールズやローガンの年輪! や衣装のディテールなど、高解像度化による情報量の増大は随所で恩恵をもたらしている。
 一方で、暗いシーンになると、もちろんノイズが出ているとか階調がばっさり抜け落ちているといった露骨な問題はなく、普通に見られる画ではあるにせよ、良いシーンに比べると解像感も情報量も著しく減退する。
 もっとも、UHD BDにおけるこの「落差」は本作に限らず、程度の差はあれ今まで見てきたすべてのUHD BDタイトルに存在しているので、やはりUHD BDになって画質の上限が大きく伸びた結果、BD以上に画質差が目に見えるようになったのだろう。BDでは器の限界から表出し得なかった画質差がUHD BDでは浮き彫りになったのだと考えれば、それはそれで興味深い。
 いずれにせよ、明らかにBDとは隔絶した画を見せてくれる、高い金を出すに値するUHD BDタイトルである。

○見どころ
 ジェームズ・ハウレット
 ウルヴァリン
 ローガン


○音質
 Dolby Atmos収録。
 じいさんが暴走した時の全方位ぐわんぐわん、妙に存在感のある鉄骨の軋み音、たまに頭上を掠めていく銃声など、それなりにトップスピーカーの活用はされている。しかし、基本的に本作の映像は縦の空間性や緻密な移動感が意識・要請されるようなものではなく、別にオブジェクトだからどうこうという印象はない。
 本作はある意味X-MENフランチャイズ史上最も重火器が活躍する(というより強い)作品であり、音響もそれに恥じない重厚さと強靭さを兼ね備えたものとなっている。オブジェクト感はなくとも、点と線から成る全方位のマルチチャンネル・サラウンドは素晴らしい興奮を提供する。
 神経質さと荒々しさと哀切が同居する劇伴は時に猛々しく鳴り渡る。その中でも登場人物の声は埋もれることなく、微細なニュアンスまで漏らすことなく聴かせる。
 そして何より、爪。鋭さ、重さ、痛さ、すべてにおいて過去最高である。本作の音響の主役は間違いなく爪。本作のアダマンチウムは、ヌルい音響システムで聴くにはあまりにももったいない。

○聴きどころ
 ウェポンX
 X-23
 X-24


○総評
 BDの初期、『X-MEN 3』がそれなりに高画質なタイトルとして扱われていたことを思い出す。それからもう10年も経ったのか。ローガンも老けたが私も老けた。
 17年間フランチャイズと付き合ってきたのなら、最高の環境を用意してクライマックスを迎えるべし。
 ずっと待ち望んでいた、ウルヴァリンの真の姿を目の当たりにする。
 Farewell, Logan.



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

TEAC NT-505(OpenHome/Roon Ready)

ティアック、MQAやRoon対応のデュアルモノラル構造ネットワークプレーヤー「NT-505」 - P

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・追記】

記事を読む

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を観直そう/ヘッドホンアンプ+D

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian Lage / Arclight

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 葉見旺杜 より:

    この度従来のプロジェクター(DLA-X700R)が壊れたのを機に4Kデビュー、Atmosデビューを果たしました。 Atmos導入のキーワードでグーグルしたところ、貴サイトにたどり着いた次第です。それにしても良くまとめられた、的確で分かりやすくかつ熱意に溢れた表現で大変楽しく拝読しました。刺激され、今まで特に注目していなかったAKIRA, ガールズ&パンツアーをアマゾンでポチッとしてしまいました。今後とも楽しい記事を御願いします。

    • sakakihajime より:

      葉見旺杜さん

      画質音質にこだわることで、愛してやまない作品がもっと面白くなる……
      この趣味で得られる最大の喜びです。

      バックナンバーでも巡りつつ、今後も言の葉の穴でお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑