*

【UHD BDレビュー】第27回『マリアンヌ / Allied』 英国盤




画質:10
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 6K/8K撮影・4Kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 エクストリーム高画質。
 現時点(2017/09/06)で、『レヴェナント』と並び最もUHD BDの真価――4K/HDRの威力を見せつけるタイトルと言っていいのではなかろうか。
 この記事の中で、

 当然UHD BDにも、かつてBDで味わったような、従来のメディアとは次元の違う解像感や情報量を求めていた。
 しかし、パッと見の解像感や情報量に関して言えば、4Kディスプレイで見た場合であっても、期待していたほどの向上は感じられなかった。もっとも、この辺はディスプレイのサイズや視聴距離も密接に関わってくるのだろうが。
 『レヴェナント:蘇りし者』のように、こりゃすげえと思うタイトルも確かにある。間違いなく良くはなっているのである。それでもなお、感覚的な向上幅はDVDからBDの時に比べれば遥かに小さい。

 と書いたわけだが、本作は間違いなくレヴェナント同様、解像感や情報量においてもBDとは異次元の画を見せる。クローズアップ時の人物の表情はもちろんのこと、特に衣服のディテールや質感表現は未だかつて見たことのないレベルで麗しい。
 そこにHDRが合わさり最強に見える。あらゆるディテール、衣服の細かな刺繍でさえ鋭く陽光や照明の輝きを照り返し、強い存在感を放つ。画面全体にパワーがみなぎる。
 画質のピークはレヴェナントを完全に凌駕していると言ってよく(全体的には同レベル)、BD初期に『スパイダーマン3』を見た時の感慨を思い出しさえした。
 最大の見どころは、「窓から陽の差し込む室内」という、様々な場所で「HDRの効果」を説明する際に登場するまさにそのもののシーン。窓の外ではまばゆい朝の陽射しが降り注ぎながら、立ち並ぶ家屋や空の表情が克明に維持される。はたして窓の外の光景は実写なのかという疑問も残るが、いずれにせよ広大な輝度レンジを生かしてBDでは見たこともないような「自然」かつ「現実的」な画を実現したことには違いない。「HDRの理想」を体現するかのような画である。
 このほか、とにかく光量の多いシーン、日中の屋外などでは圧巻の画が続く。ちょい暗めの迎賓館(?)に輝くシャンデリアの光とディテールの豊かさよ! あまり動き回るカメラワークではないことも、映像の細部が際立ち高画質という印象に繋がっている。
 暗いシーンは「きちんと暗く」、かえってリアル。ノイズの類も見られない。これもまたHDRの精華である。
 現時点における最高峰。10点満点。

○見どころ
 陽の差し込む室内
 高輝度のシーン全般

○音質
 ダイアローグと音楽が主体のドラマ的な音作り。ダイアローグは多言語の発音をしっかりと描き分ける明瞭さがある。
 収録がオブジェクト音声ではなく、さらに7.1chではなく5.1chというあたりからも、本作の音はあまりアクション映画然とした闊達さを意識しておらず、実際マルチチャンネルが轟然と咆え猛るようなシーンはほとんどない。ただし要所要所で放たれる銃声はじゅうぶんな威力があり、爆撃(現場ではないけど)シーンでは大いに戦争の緊迫感を醸成する。あるべきところできちんと鳴る音響に手抜かり感はない。
 効果音に埋もれずしっかりと耳に残る音楽の使い方とあわせて、派手さはないが満足できる音となっている。

○聴きどころ
 ダイアローグ


○総評
 8K撮影作品のUHD BDということでAV的な興味が先行するかもしれないが(現に私もそのクチ)、内容的にも佳作。
 特に画質面では現時点で『レヴェナント』と双璧を成すと言ってよく、自然を自然に活写したレヴェナントに対し、こちらは文明的な営みを活写することで4K/HDRの威力を存分に見せ付けてくれる。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細) fidata HFAS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

【おしらせ】『季刊NetAudio vol.17』に記事を書きました

1月19日発売! 『ネットオーディオvol.17』はハイレゾ時代に必須の情報満載!  特集

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

オーディオ用PC「canarino Fils」を導入して一年が経った

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  基本的

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑